覚林寺(清正公)

マイルートに追加

寛永8年(1631)日延上人が開山した日蓮宗の寺。加藤清正の位牌を置き、江戸時代から「白金の清正公さま」として親しまれています。毎年5月4〜5日の清正公大祭には、葉菖蒲の入った「勝守」が頒布されます。これは武運の強かった清正公にあやかり「勝負に勝つ」と言う意味が込められており、当日は境内から天神坂上までたくさんの夜店が並び賑やかです。

アクセス情報

東京都港区白金台1-1-47
スポットを追加するルートを選んでください。
×
  • 新しいマイルートを作成