鉄道

旧新橋停車場 「鉄道開業150年記念 新橋停車場、開業!」

東京都港区東新橋1-5-3

1872(明治5)年10月14日に日本最初の鉄道が新橋-横浜間に開業してから、今年で150年を迎えます。 本展では、東京側の玄関口となった新橋停車場や明治天皇のご臨席を仰いで催された開業式典を通して、当時の様子をご紹介します。会場の「旧新橋停車場」は、鉄道開業当時の新橋停車場の外観を、当時と同位置に再現した建物です。汐留シオサイトの再開発工事に先立つ埋蔵文化財の発掘調査で、鉄道開業当時の駅舎やプラットホームなどの構内施設の礎石や遺物が発掘され、その一部を館内の常設展示室にて展示しています。本展と併せて、鉄道開業の地である汐留の歴史をふり返る一助となれば幸いです。

続きを読む

新橋SL広場

東京都港区新橋2

テレビの街頭インタビューでおなじみの新橋駅西口広場。SLが飾ってあるこの新橋駅は、鉄道創設起点。SLから地下鉄、そして新交通ゆりかもめと、今も鉄道起点として人々に親しまれています。中央区銀座から飲食店が軒を連ねるがこちらは庶民派。いつも勤め帰りの人などで賑わっています。12月から1月にかけて、SLにイルミネーションが施されます。

続きを読む

旧新橋停車場 鉄道歴史展示室

東京都港区東新橋1-5-3

明治5年に開業した新橋停車場の駅舎を、当時と同じ場所に開業当時の外観で再現しています。平成3年から行われた発掘調査により、駅舎やプラットホームなど構内の諸施設の礎石が発掘され、平成8年、一部の遺構が史跡として国の指定を受けました。この史跡を保護し、鉄道発祥の往時を偲ぶために再建したものです。内部には鉄道歴史展示室もあり、発掘調査によって出土した品も展示されています。

続きを読む

品川駅創業記念碑

東京都港区高輪3−26

明治5年9月の新橋・横浜間開通に先立つ5月、品川・横浜間が仮開業しました。当時の品川駅は、現在より少し南寄りで、駅舎は海岸にあり、岩床に打ち砕ける海水の飛沫で、客車の窓は全部閉めねばならなかったといわれています。

続きを読む