「Double Fantasy - John & Yoko」 ダブル・ファンタジー ジョンアンドヨーコ展

ジョン・レノン と オノ・ヨーコ という最もクリエイティブなカップルのストーリーを、 彼ら⾃⾝の⾔葉や作品・貴重な展⽰品で辿る画期的なエキシビション︕ ジョン・レノン⽣誕 80 年を迎える 2020 年 10 ⽉ 9 ⽇より、東京・ソニーミュージック六本⽊ミュージアムにて。 “DOUBLE FANTASY – John & Yoko” は、2018 年 5 ⽉から 2019 年 11 ⽉までジョンの故郷であるイギリス・リバプール博物館で開催された⼤規模な展覧会。”ジョンの故郷であるリバプールのために”とヨーコ⾃⾝も深く関って完成させたその圧倒的な内容で⾼い評価と反響を呼び、会期も当初の予定から 7 ヵ⽉も延⻑、異例の 70 万⼈を動員した。 話題の展覧会が、ジョン・レノン⽣誕 80 年、そしてその⽣涯を閉じてから 40 年となる 2020 年、ジョンの故郷リバプールから、ヨーコの故郷東京にやってくる︕ “DOUBLE FANTASY - John & Yoko” 〜ジョンとヨーコの⾔葉・メッセージ、作品だけで満たされる 世界初の展覧会 世界で最も有名でクリエイティブなカップル、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの物語を、⼆⼈が世界に発したメッセージや⾔葉、⾳楽&アート作品、貴重な私物を通して追体験できる世界初の展覧会。⼆⼈の公私に渡る「愛と平和」のストーリーが画期的なキュレーションで再現される。 時系列に沿って展開する展⽰は、前衛芸術界を牽引する⼀⼈の芸術家ヨーコと、世界的ロック・スタージョン、という⼆⼈の天才の誕⽣から、1966 年ロンドン・インディカ・ギャラリーでの運命的出会いを経て、その後互いに影響を与えあったアーティスト活動全般を巡り、現在まで続く “IMAGINE PEACE(イマジン・ピース)”キャンペーンを探訪する。 東京展では、本邦初公開作品を含む『東京展独⾃展⽰コーナー』を追加。ジョンが⽇本を習得するために描いたローマ字とイラストによる「⽇本語練習スケッチブック」の原画や、軽井沢での和やかな家族写真・アイテムなど、⽇本との絆を感じさせる品々が並ぶ。 ※チケット等の詳細については下記URLより公式ホームページをご確認ください。

港区立みなと科学館 2021冬の企画展「月」展

日本は2019年10月にアルテミス計画への参加を表明。2020年7月には文部科学省がNASAとの間で月探査協力に関する共同宣言に署名しました。さらにJAXAは2021年秋頃をめどに、宇宙飛行士の新規募集を実施すると発表する等、現在、「月」に注目が集まっています。 この企画展は、民間企業が、月探査に挑戦しているとりくみの最前線と、その技術をとりあげます。自動車や建築、衣服といった私たちの生活に身近な製品をつくっている企業のとりくみを通して、月探査や宇宙開発が「すぐそこにある未来」と感じてみませんか。 2022年に月に着陸予定の月着陸船の実物大模型や、JAXAとトヨタ自動車が研究中のルナクルーザーの模型(1/10スケール)などを交えて、月探査につかわれる技術をご覧いただけます。 また、プラネタリウムホールでは、企画展をより多角的な視点からご覧いただくため、当館初上映となる2本の特別番組、「イマジン・ザ・ムーン 月への想い」と、「MARS1001 火星に舞い降りる日」を上映します。 江戸時代からお月見の名所として親しまれてきた港区で、民間が挑戦している最先端技術に触れ、月探査が夢物語ではないことをご実感ください。 ※みなと科学館では現在コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご来館は事前予約制(先着)とさせていただいております。詳しくはみなと科学館公式ホームページをご覧ください。

DOMANI・明日展2021  文化庁新進芸術家海外研修制度の作家たち スペースが生まれる

例年、年の初めに国立新美術館で開催してきた「DOMANI・明日展」は、今年度で第23回目を迎えます。春先からのパンデミックと深い文化的な中断に直面して、一時は開催があやぶまれました。しかし、こうした状況だからこそ、文化庁が若手中堅作家を支援する仕組みをゆるぎなく持続する旗印として、この夏、オンライン上で初めて展開し、好評をいただいた「DOMANI・明日展 plus online 2020」に続いて、ふたたび国立新美術館でのリアルな展示にたちもどります。 今回は、過去10年間に各国で研修経験を持った7人の新進作家に、それ以前に研修を経て、現在、アートシーンの最前線で活躍する竹村京・鬼頭健吾、袴田京太朗を加え、「2020年代」を迎えた日本のアクチュアル、かつ国際的にひらかれた表現を浮かび上がらせます。サブタイトルを「スペースが生まれる」としました。東日本大震災からまる10年を目前としたいま、いまだ記憶に深い被災によって生じた空間/景観の余白と、コロナ禍のstay homeで体験した時間的余白を経て、あらためてなにがほんとうに大事なのかを考えなおし、次代への扉をひらく時期を迎えているとの願いを込めました。 国際的な移動や発表を前提に活動してきた作家たちが、長期にわたる閉塞状態のアートシーンに遭遇したなかで思考を重ねた展覧会をご期待ください。

岡本太郎記念館 企画展「対峙する眼」

岡本太郎は“洋画家”としてキャリアをスタートさせたけれど、絵の内容は普通の洋画家とは大きく異なるものでした。風景画、人物画、静物画、裸婦画……など、一般的な西洋画題をまったく描いていないからです。 ではいったい太郎はなにを描いていたのか?残念ながら、それがなにを表しているのかは、絵を見ただけではわかりません。ただ、ひとつだけはっきりしていることがあります。「眼」です。太郎の絵にはかならず眼が描かれている。しかも多くは複数の眼です。 具体的なことはわからないけれど、少なくとも太郎が描いていたのは“生きもの”であり、“いのち”だった、ということだけは疑いありません。岡本太郎はいのちを描いた作家だった、ということです。 とりわけモチーフとして頻出するのが「対峙する眼」です。ふたつの“いのち”が語りあい、睨みあい、笑いあう。そしていつのまにか、複数の眼が生命力をたぎらせ、群れをなして鑑賞者を睨みつけてくる。 本展では、対峙するいきものが描かれた作品を集め、一望します。いのちを宿した「岡本太郎の眼」と対峙してみませんか? 画像:「にらめっこ」1978