観光

港区を訪れたら外せない魅力的な観光スポットです。

東京シティビュー「「六本木天文クラブの日」!星空観望会」

東京シティビュー 屋上 スカイデッキ (森タワー屋上)

毎月第4金曜日に行う人気企画です。 夏の夜空を天文学の専門家の解説を聞きながら一緒に眺めてみませんか。 星空観望会は事前申込不要なのでぜひお気軽にご参加ください。初めての方も大歓迎です♪

続きを読む

東京タワー「コカ・コーラ&東京2020オリンピック聖火リレー 全国47都道府県 聖火ランナー体験ツアー!」

東京タワーフットタウン1階特設会場

東京2020オリンピック聖火リレーで使用される本物のトーチをもって記念撮影、北島康介さんやコカ・コーラ社でおなじみのあの人たちと聖火リレーを疑似体験できるスペシャルデジタルコンテンツ、歴代トーチ展示等、見て、触って、学べる内容が盛りだくさん!

続きを読む

東京タワー「にしのあきひろ 光る絵本展 in 東京タワー」

東京タワーメインデッキ1階

キングコング西野さんが手がけた累計40万部を突破した絵本「えんとつ町のプペル」と 最新作「チックタック~約束の時計台」の光る絵本を、目前に景色が広がるメインデッキ1階に展示します。 きらめく夜景と一緒に、光る絵本を楽しむこともできます。 また、10月26日(土)、27日(日)には「にしのあきひろ 光る絵本展 in エッフェル塔」を エッフェル塔内2階「Salon Gustave Eiffel」にて開催。 「東京タワー」と「エッフェル塔」で開催する「にしのあきひろ 光る絵本展」にぜひ、いらしてください!

続きを読む

東京タワー「ノッポン兄弟のわくわくふわふわランド」

東京タワー フットタウン1階東京タワーホール2

ご家族で東京タワーへお越しの皆様に朗報! フットタウン1階では、こころゆくまで様々なアトラクションを体験できるお子様向けイベント、題して「ノッポン兄弟のわくわくふわふわランド」を開催します! ふわふわがいっぱい! 会場内には、トランポリンや迷路など、お子様向けのエアー遊具がたくさん! 様々な種類のふわふわアトラクションで、元気いっぱい遊べちゃう! おもしろ写真を撮ってみよう! そのほか、トリックビジョンのコーナーも。 撮り方を工夫して・・面白い写真が撮れちゃう! ワンコインの入場料だけで、時間無制限!遊び放題! 会場にはノッポンもやって来るよ♪ 展望台で景色を楽しんだあとは、こちらにもお立ち寄りください!

続きを読む

六本木ヒルズ

東京都港区六本木6-10-1

東京ドームのグラウンドの約8倍の12.0haという広大な敷地面積を持つ『六本木ヒルズ』には、ショッピングやレストランのほか、美術館、映画館、展望台、ホテル、住宅、オフィス、公園とさまざまな施設があります。森タワー52階、海抜250m・360度ガラス張りの「東京シティビュー」展望台とその上の「スカイデッキ」からは、開放感あふれる空間から東京の街を丸ごと一望できます。

続きを読む

港区観光インフォメーションセンター

港区浜松町2-4-12 東京モノレール浜松町駅 3階コンコース

港区観光インフォメーションセンターは、東京モノレール浜松町駅にあります。スタッフは英語(日によって韓国語)で対応可能で、港区の様々な観光情報、レストラン、交通機関、宿泊施設に関する情報を提供しています。また、港区観光協会のグッズも販売しています。

続きを読む

元麻布ヒルズフォレストタワー

東京都港区元麻布1-3-1

元麻布ヒルズのコンセプトは「森の都市」。「都市の中に森があるのではなく、都市そのものが森でなければならない」と考え、大きな樹木のようなフォレストタワー(高層棟)を中心に低層棟(2棟)を配し、敷地の約半分を緑に戻すとともに建物の屋上やバルコニーも積極的に緑化しました。

続きを読む

ガス創業記念碑

東京都港区海岸1-5-20

JR浜松町駅南口近くに、東京ガス本社があり、そこにガスの「創業記念碑」が建っています。碑文には、明治六年に官営として計画された帝都瓦斯事業。その瓦斯製造所がこの地芝区濱﨑町にでき、その翌年には銀座の街頭にガス燈を点火させ、多くの道行く人々を驚かせた。その後、民営化され移転したが、昭和10年、50周年を記念して、当時の構内の一隅に建てたと刻まれています。ガス燈は、明治7年12月18日に新橋~京橋で点火され、横浜、兵庫に続く日本で3番目のガス事業が始まったのです。なお、当時のガス燈一本の一ヶ月の料金は3円55銭5厘と高額なものでした。

続きを読む

アークヒルズ仙石山森タワー

東京都港区六本木1-9-10

港区虎ノ門5丁目と六本木1丁目にまたがったロケーション。「ホテルオークラ」を南下し「スウェーデン大使館」の南隣です。約 1.5haの広大な敷地は南に向かって傾斜しています。ちょうど、台地の先端にあたる地形で、そこに、地上47階建ての複合棟と地上8階建ての住宅棟とを建設。複合棟は3~24階が住宅、25~47階がオフィスになります。

続きを読む

東京タワー

東京都港区芝公園四丁目2番8号

1958年(昭和33年)に開業、2018年に60周年を迎えた東京・日本のシンボル。 高さ333mの総合電波塔であり、東京山の手に位置するメインデッキ(高さ150m)とトップデッキ(高さ250m)からは、 富士山や筑波山、首都東京の街を一望でき、日本国内はもちろん、世界中から観光客が集まる人気スポットである。 “東京の夜景を変えた”と言わしめるほどのインパクトを与えた「ランドマークライト」、そして開業50周年を機にスタートした「ダイヤモンドヴェール」とともに、 様々なライトアップで東京の夜景を演出している。 地上のビル「フットタウン」には、大型テーマパークの東京ワンピースタワーや、カフェにお土産ショップなどが充実する他、 年中開催される様々なイベントとともに1日中遊べるスポットである。 展望者数は日本の人口を超えており、 2018年(平成30年)には1億8000万人を突破。2013年6月には国の登録有形文化財となった。

続きを読む

世界貿易センタービル展望台40階シーサイドトップ

東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル、40階

JR,東京モノレール・浜松町駅、都営地下鉄・大門駅に直結の地上152メートルの世界貿易センタービル。貿易関係機関のオフィスやレストランなどを集めた複合ビルです。昭和45年に竣工された。40階の展望台<シーサイドトップ>にのぼるとダイナミックなTOKYOの大パノラマを楽しむことができます。東京タワーを見るにはベストロケイション、スカイツリーや六本木ヒルズ。また目の前に広がる東京湾、お台場、レインボーブリッジ、房総半島や三浦半島を望むウォーターフロントと変化に富んだ景観。夜は美しい煌びやかな夜景が楽しめます。鉄道ファンにも人気のフォトスポットです。

続きを読む

森美術館/六本木ヒルズ

東京都港区六本木6-10-1

六本木ヒルズ森タワー53階にある美術館。現代アートを中心に、ジャンルを超えた展覧企画やパブリックプログラムと呼ばれる教育普及活動を行なうなど、さまざまな手法で新しい美術館の形を提案しています。火曜日以外は、夜遅くまで営業しているため、仕事帰りでも楽しめます。同じ入場券で、展望台『東京シティビュー』へも入館できます。

続きを読む

Hi-NODE「Hi-NODEグランドオープン特別クルーズキャンペーン」

Hi-NODE

Hi-NODE公式Instagramをフォローで、“東京ウォータータクシー”に1区画無料でご乗船いただけます!

続きを読む

日本テレビ「超☆汐留パラダイス!-2019SUMMER-」

汐留・日本テレビ

今年の夏も「汐パラ」降臨!! 大人気!ガキ使バスをはじめ激レア体験目白押し!

続きを読む

根津美術館「企画展 優しいほとけ・怖いほとけ」

根津美術館 展示室1・2

「優しいほとけ・怖いほとけ」は、飛鳥時代から江戸時代に至る仏教絵画・彫刻の優品約35件を展示し、ほとけの表情とその意味を考える展覧会です。 ほとけは、その姿と役割からほぼ三種類に分類することができます。それは、仏教の真理を体現する厳かな「如来」、人々を苦難から救い福楽を与える慈悲の「菩薩」、そして、教えに従わない者や怨敵を屈服させる忿怒の「明王」です。さらにこの忿怒相のほとけのグループには、武将の姿で外敵を撃退する四天王のような「天」も含まれます。  尊い釈迦如来を礼拝し、優しい観音菩薩に救いを求め、迷いや邪念を不動明王の猛火に投じ、毘沙門天に安堵を頼む―それにより人々は現世での健やかな人生を願ったのです。

続きを読む

テレビ朝日「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION」

テレビ朝日、六本木ヒルズ、EXシアター六本木

今年は「未来はもっと、新しくなる。」をテーマにアトラクションや飲食ブース、アリーナライブイベントなどを実施します。 7月13日(土)~8月25日(日)までの期間、テレビ朝日本社・六本木ヒルズ全域が会場となります。

続きを読む

氷川神社(元麻布)

東京都港区元麻布1-4-23

氷川神社は、太田道灌が現在地より 300m程北の一本松付近に勧請し、その後、万治年間(1658~61)に現在地に移転しました。麻布郷総鎮守で江戸氷川七社の一つであったといわれています。疫病・災難を除き大願成就を果たす「毘沙門天」が祀られています。

続きを読む

飯倉熊野神社

東京都港区麻布台2-2-14

熊野神社の勧請・縁起は、元禄16年の火事で旧記録が焼失してわからないといわれています。ここ数年、この神社に新しいご利益が加わり、サッカーお守りが授与されます。神社の方によると、熊野神社の神紋である、3本の足のある八咫烏(やたがらす)がJリーグのシンボルマークになっていることから参拝する人が増えたそうで、選手本人というより、家族やサポーターの方が多いといいます。(財)サッカー協会公認の「サッカー御守」は白と青。恵比寿さまの土鈴とともに存在感を示しています。 港区の七福神の一つ、恵比寿さまが祀られています。恵比寿さまは、右手に釣竿、左手に鯛を持っています。本来は漁師の神で豊漁や航海安全をもたらす神として信仰されてきました。商業が盛んになってくると、商売繁昌の神としても信仰を集めるようになりました。島崎藤村が飯倉に住んでいた時に書いた「飯倉付近」によると、この付近は大変良い散歩道で、藤村の好きな場所の一つだったようです。

続きを読む

縄定

東京都港区浜松町2-13-11

お台場やゲートブリッジなど東京湾のパノラマ、または東京スカイツリーを堪能しながら、おいしい料理を味わうことができます。屋形船遊びは江戸から続く粋な遊び。船内でいただく揚げたての天ぷらや活きのよい刺身は、江戸前漁師の船宿ならでは。定員60名の大型船、4名から利用可能の乗合屋形船もあり、五目釣りが楽しめる釣り船を仕立てることも可。神田川や日本橋を巡る各種クルーズコースもあります。

続きを読む

東京シティビュー

東京都港区六本木6-10-1

六本木ヒルズにそびえる森タワー52階の展望台は、都心のほぼ中心にありながら周囲に視界を遮るものがなく、360°のダイナミックな景観が見渡せます。

続きを読む

増上寺 大門

東京都港区芝公園1

増上寺の総門・表門で、地名の由来になっている門です。現在のものは昭和12年に国道の通行整備のため、原型より大きく、コンクリート製に作り直されましたが、旧大門は慶長3年に江戸城の拡張・造営により、増上寺が芝に移転した際、それまで江戸城の大手門だった高麗門を、徳川家康公より寺の表門として譲られたものでした。その旧大門は大正12年の関東大震災により倒壊の恐れが生じたので、回向院に移築されましたが昭和二十年の空襲により焼失しました。

続きを読む

増上寺境内

東京都港区芝公園4-7-35

大門から大殿本堂に至る道のりは、私たちの世界から極楽浄土に至る世界を表しています。三門をくぐり煩悩を解脱し、大殿阿弥陀仏の元へと向かいます。ご本尊阿弥陀仏が鎮座する大殿は西方極楽浄土の如き、方角を西に位置しています。大殿内の荘厳は極楽の世界を視覚的にも表現しています。

続きを読む

増上寺

東京都港区芝公園4-7-35

浄土宗大本山。上野寛永寺と並ぶ徳川将軍家の廟所で、6名の将軍、和宮(静寛院宮)、将軍生母らが埋葬されています。

続きを読む

赤坂サカス

東京都港区赤坂5-3

赤坂サカスとは、TBS放送センター、赤坂Bizタワー、赤坂BLITZ、赤坂ACTシアターなど、数々の施設が集まるエリアの総称です。

続きを読む

根津美術館

東京都港区南青山6-5-1

昭和15年設立、実業家初代根津嘉一郎(東武鉄道創始者)が収集した古美術品、茶器を中心に7000点を収蔵しています。茶室のある庭園は自然の風趣を生かし、斜面の渓流を取り入れ、都内でも閑静な秀れた庭のひとつといわれています。 秋には、庭園の紅葉が楽しめます。

続きを読む