旧協働会館

老朽化のため閉鎖されネットがかけられていますが、昭和11年に芝浦花柳界の見番として建てられた「協働会館」です。近代木造建築の技術と意匠を巧みに折り合わせ贅を尽くしたとされる、近代和風の建築物で、目黒雅叙園でも活躍した棟梁・酒井久五郎の作です。芝浦ではかつての花街の面影を残す唯一の遺構となっています。

交通手段新交通ゆりかもめ日の出駅より徒歩5分 JR田町駅より徒歩5分

アクセス情報

東京都港区芝浦1-11