旧新橋停車場鉄道歴史展示室「第51回企画展 流線形の鉄道 1930年代を牽引(けんいん)した機関車たち」

開催期間: 2019年7月9日 ~ 10月14日

新幹線や特急列車などの速達性を重視する列車のデザインに用いられる流線形。これは、鉄道利用者をより速く目的地に着けるよう、走行時における車両の空気抵抗を減らし、速さを追求した形です。
日本では、1934年に鉄道省が既存のC53形式蒸気機関車の原設計を変更し流線形の鉄道が誕生しました。従来の蒸気機関車の容姿とは全く異なる流線形の機関車は、各地で話題となり、子供たちをはじめ多くの人々の注目を集めました。
本展では、現在も高速鉄道のデザインに用いられている流線形の系譜の中で、1930年代の流線形の鉄道に焦点を当てて皆さまにご紹介いたします。

営業時間10:00-17:00
※入館は閉館15分前まで
休業日毎週月曜日(ただし、祝祭日の場合は開館、翌火曜日が休館)
年末年始(12月29日~1月3日)
展示替え期間中
設備点検時
入場料無料
※30人以上の団体は、事前にご連絡ください。
URLhttp://www.ejrcf.or.jp/shinbashi/

アクセス情報

旧新橋停車場鉄道歴史展示室