虎ノ門金刀比羅宮

マイルートに追加

大物主神(おおものぬしのかみ)崇徳天皇(すとくてんのう)を祀り、万民泰平の幸運のご利益があるとして人々に愛されています。万治3年に、讃岐国丸亀藩主であった京極高和が、金刀比羅宮(本宮)の御分霊を当時藩邸があった芝・三田の地に勧請し、延宝7年、京極高豊の代に江戸城の裏鬼門にあたる現在の虎ノ門に遷座しました。当時は金毘羅大権現と称されていましたが、明治2年に事比羅神社に、明治22年に金刀比羅宮に社号を改称し、現在にいたります。海上守護、大漁満足はもちろんのこと、五穀豊穣、殖産興業、招福除災の神として広く信仰され、東国名社のひとつとして知られています。また、本殿に向かって右側に「結(むすび)神社」があり、縁結びの神様としても知られています。江戸時代から良縁を求める多くの女性たちの厚い信仰を集め、今でも良縁祈願に訪れる人が後を断ちません。

電話番号03-3501-9355
交通手段銀座線虎ノ門駅2番出口より徒歩1分
URLhttp://www.kotohira.or.jp/

アクセス情報

東京都港区虎ノ門1-2-7
スポットを追加するルートを選んでください。
×
  • 新しいマイルートを作成