光林寺

マイルートに追加

安政3年7月ハリスとともに下田に着き、その片腕として日米修好通商条約締結交渉に活躍したオランダ人ヒュースケンの墓(区史跡)があります。アムステルダムで生まれたヒュースケンは渡航先のアメリカで、ドイツ語、フランス語等もできる語学力をハリスにかわれて日本に赴任しました。陽気闊達な気質と日本の国情に精通した見識で、江戸に滞留する外国人間で知名士でしたが、プロシア使節と日本人側との通訳として通っていた赤羽根接遇所からの帰り道、中の橋のたもとで刺客の一団に襲われました。1861年1月15日のことで、享年28歳でした。また、昔都下第一の名花とうたわれたという老桜は今はありませんが、春になると境内の桜、木蓮が見事な花を見せてくれます。

電話番号03-3473-2621

アクセス情報

東京都港区南麻布4-11-25
スポットを追加するルートを選んでください。
×
  • 新しいマイルートを作成