【動画記事】お台場「マダム・タッソー東京」を体験! マイケル・ジャクソン、菅田将暉、羽生結弦らスーパースターの等身大フィギュアが集まる夢の空間へ

上の写真を見て「え、これって本物の菅田将暉!?」と驚いた方も多いのでは。実はこれ、お台場のデックス東京ビーチにある「マダム・タッソー東京」に展示されている等身大フィギュアなんです。世界に25の常設施設があるうち、日本で唯一となるお台場の施設は、世界のセレブたちの等身大フィギュアが大集合している夢の空間。今回は70体以上ある展示の中から一部を抜粋してご紹介します。

マツコ・デラックスが来場者をお出迎え

「マダム・タッソー東京」があるデックス東京ビーチへは、ゆりかもめの「お台場海浜公園駅」が最寄駅。海側のアイランドモールと陸側のシーサイドモールの2棟があるうち、アイランドモールの3階にチケット売り場があります。おや、入り口にいるのは…マツコ・デラックス?

私たちを待っていてくれたかのように優しい眼差しのマツコさん。テレビで見る印象と比べると「意外と小柄?」と感じる人が多いかも。マダム・タッソー東京は全館撮影OKなので、まずはここでマツコさんと最初の記念撮影を楽しみましょう。なお、館内は鑑賞者の手が届くくらいの近さに展示があるので、リュックサックのように周囲に当たってしまいそうな鞄は入り口近くのコインロッカーに預けるのをおすすめします。

さて、入場手続きを済ませて展示ゾーンに続くエレベーターの扉が開くと、むむ、そこには屈強な男性の人影が…。

ちょっと驚きましたが、よ〜く見ると『ダイ・ハード』などで有名なブルース・ウィリス
のフィギュアでした。憧れのハリウッドスターに導かれながら、いよいよ夢の体験の始まりです。

“五郎丸ポーズ”に“ゆづ”のスマイル…超リアルフィギュアの秘密は?

最初の部屋はアメリカのアカデミー賞をイメージした空間です。リムジンから降りて、レッドカーペットの上でピシッと決まったポーズを取っているのはジョニー・デップ。『パイレーツ・オブ・カリビアン』で見る海賊姿もカッコいいけど、スーツにハットをかぶった姿もCOOL!

日本と世界のリーダーたちの展示に続いて、お次はスーパースターのアスリートたちが集まるゾーンへ。2015年のラグビーW杯で歴史的な勝利を収めた五郎丸歩の隣には、陸上・男子100m走で9秒58の世界記録を持つウサイン・ボルトの姿が。“スポーツ界で真似したいポーズ”のツートップと言っても過言ではない2大巨塔。でも、どちらも自分でやるのはちょっと恥ずかしいかも…。いやいや、ここはせっかくの機会なので恥ずかしがらずに思いっきりなりきっちゃいましょ!

メジャーリーガーのダルビッシュ有にサッカーのデイビット・ベッカム、華麗なスピンを見せるフィギュアスケートの浅田真央も。同じくフィギュアスケートの羽生結弦やバレーボールの石川祐希などスポーツ界のスーパースターが“大渋滞”です。一方で、往年の名横綱である千代の富士や伝説的F1レーサーのアイルトン・セナもいて、ここはきっとリアルタイムを知るお父さん世代がウンチクを語りたくなるところ。

憧れのセレブに“毛穴が見えるくらいの距離”まで近付けるのがマダム・タッソーの魅力です。360°どの角度から見ても超そっくりなのは、ほとんどのフィギュアが本人から採寸したデータをもとに造られているから。顔の形、体格だけでなく、肌の質感まで職人さんが本人に触って確かめた印象を再現しているそう。一体の制作にかかる期間は何と約4か月。服もフィギュアスケーターのように“一点もの”の衣装は、実際に本人が着用したものを借りたり、プロデュースしてもらったものを着せているというこだわりぶりです。

館内の一角には、フランス生まれのマリー・マダム・タッソーを創始者とするマダム・タッソーの歴史とフィギュアの制作工程を紹介しているコーナーもあるので、250年以上にわたる長い歴史と伝統の職人技に思いを重ねてみてください。

世界のMJ、そして港区ゆかりのあの偉人も…

ここまで見ても、まだまだ序盤。この先には国内外のミュージシャン、歴史上の偉人や発明家たち、ハリウッドセレブなど、誰もが知るセレブたちのそっくりフィギュアがラインナップ。ひとつひとつじっくり見ていくと、どれだけ時間があっても足りない!

全体の中でも世代を越えて不動の人気だというマイケル・ジャクソン。前に立つと思わず「ポゥッ!」と言いたくなる伝説のMJ。実は、彼とその向かいにあるレディー・ガガの2体は、世界中にあるすべてのマダム・タッソーに展示されているという“セレブ中のセレブ”なのです。

歴史的偉人の最初にいるのは坂本龍馬。教科書で見た肖像写真からそのまま飛び出してきたかのような勇姿がカッコイイ。余談ですが、港区の赤坂で勝海舟と出会った龍馬は、赤坂6丁目の勝海舟邸跡に「勝海舟・坂本龍馬の師弟像」が立つ、知る人ぞ知る港区ゆかりの人物でもあります。

なお、フィギュアを見たり、一緒に写真を撮ったりすることだけに興味が行きがちですが、併せて欠かさず見て欲しいのがフィギュアの近くに添えられた説明書き。そこには人物のプロフィールとフィギュアの制作方法に加えて本人が残した印象深い言葉が載っています。頂点に登り詰めた人物が述べた含蓄ある言葉からは、明日につながる元気やパワーがもらえそう。

TGCのモデル気分? ローラとランウェイで夢の共演!

まだまだここから北野武や黒柳徹子など日本のレジェンド級スター、水玉模様一色の空間に存在感抜群に佇む草間彌生、そしてジャッキー・チェンやトム・クルーズら世界的スターなど超リアルな展示の連続。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの展示は、間に入って写真を撮るのがおこがましくなってしまうほど、キラッキラなイケメンオーラが充満しています。

本人プロデュースのもと、最近、衣装がリニューアルされたばかりのローラの展示は、ファッションショーを再現した煌びやかなランウェイの中心に展示されています。もちろんランウェイの上も歩行可能。自分の姿がディスプレイに映る仕組みになっているので、たくさんの観衆の中でローラと共演している気分に浸れます。

見るだけでなく体験型のアトラクションももりだくさんなマダム・タッソー東京。館内の除菌強化、除菌用アルコールの設置など、感染予防対策も万全です。スマホに撮りためた面白写真は、次の日の職場や学校で話のタネになること間違いなし。今回紹介できたのは全部の展示の中のほんの一部だけ。時期によってリニューアル等で一時的に展示されていない作品もあるので、詳しくは公式ホームページの最新情報をチェック!
【DATA】
所在地 東京都港区台場1-6-1デックス東京ビーチ アイランドモール 3階
電話番号 0800-100-5346
営業時間、休業日、入場料金、その他の詳細は公式サイトを参照
公式サイト https://www.madametussauds.com/tokyo/

関連記事

茶道や手巻き寿司を体験。八芳園で“日本文化”に触れるひととき

2024年1月25日

約1万坪の広大な日本庭園を有する八芳園は、2023年に創業80周年を迎えました。江戸時代から続く日本庭園は、誰でも入場無料で散策でき、四季折々の景色を楽しむことができます。そんな日本の美と伝統を伝えてきた八芳園に、「日本文化体験」という新しいプランが誕生しました。いくつかあるコンテンツの中から、今回は海外の方にも人気だという「茶道体験」と「手巻き寿司体験」を紹介します。 庭園の中で“茶の湯”の世界に浸る 港区白金台にある結婚式場やレストランなどを手掛ける八芳園は、地下鉄の白金台駅から徒歩1分ほど。目黒駅や品川駅などの主要な駅からはタクシーで5分ほどです。まずは正門をくぐって、本館に向かいましょ...

開館記念オラファー・エリアソン展も開催中!麻布台ヒルズでアートを巡る

2023年12月19日

2023年11月24日に開業した麻布台ヒルズは、オフィスや住宅、ホテルや商業施設、インターナショナルスクールや予防医療センターに文化施設などが集まった最先端のコンパクトシティです。自然と調和した敷地内には、パブリックアートが点在し、文化の発信基地となる麻布台ヒルズギャラリーでは、様々な展示を開催予定。そんな「街全体がミュージアム」の麻布台ヒルズをアートの視点で紹介します。 日本一の高さを誇る森JPタワーを体感! 港区の虎ノ門5丁目と麻布台1丁目と六本木3丁目にまたがる麻布台ヒルズの敷地面積は約6万4,000㎡と、東京ドーム1.4個分。施設の一部は東京メトロ日比谷線の神谷町駅と直結しており、アク...

東京・港区のイルミネーション特集2023 穴場スポットもチェック!

2023年12月6日

海外からの訪日外国人の数がコロナ前を上回った2023年。幻想的な光で照らす港区内のイルミネーションスポットも、今年は国内外からの観光客でにぎわいを見せています。特に六本木の東京ミッドタウンやけやき坂、お台場などはおすすめのイルミネーションスポットとして港区内でも屈指の人気を誇ります。今回は、そんな大勢の人たちが集まる定番のエリアとあわせて、ゆっくりと光の演出を鑑賞できる穴場のエリアもご紹介。冬の夜を色鮮やかに彩る港区のイルミネーションを、心ゆくまで楽しみましょう。 東京ミッドタウンでロマンティックな時間に浸る おしゃれなレストランやショップが集まる東京ミッドタウンでは、11月16日から12月2...

「第21回港区観光フォトコンテスト2023」連動企画! 人気撮影スポットを過去の入賞作品と撮り比べ

2023年10月30日

現在、港区観光協会では「第21回 港区観光フォトコンテスト2023」の応募作品を受付中。 写真を通じた港区の魅力の再発見を目的に開催しているこのフォトコンテストでは、名所・旧跡、四季の風物詩から隠れたスポットまで、港区内で撮影された写真を大募集しています。しかし、どんな写真を撮ればいいのか、迷っている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、港区観光フォトコンテストの審査委員であり、観光協会会長の渡邉仁久会長のコメントと共に、印象的な過去の入賞作品をご紹介。さらに、入賞作品と同じ場所、同じアングルで写真の撮り比べをしてきたので、ぜひ参考にしてください!【「第21回港区観光フォトコンテス...