アートな街・六本木の2大ギャラリービル「ピラミデ」と「complex665」でギャラリー巡り!

国立新美術館やサントリー美術館など多くの展示施設が点在し、東京ミッドタウンや六本木ヒルズを中心に、街の中にもいろんなところにパブリックアートが見つかる六本木。そんな六本木でできるアートな旅のひとつが「ギャラリー巡り」です。今回は六本木の中心部に立つ2つのギャラリービルをピックアップして、ビギナーの方でも気軽に楽しめるギャラリー巡りを紹介していきましょう。

アートな街、六本木で「初めてのギャラリー巡り」はどう?

意欲的なテーマでキュレーションされた作品や新進アーティストによる作品など、個性豊かな芸術作品に無料で出逢えるのがギャラリーの魅力。ただ見るだけではなく、気に入った作品は買えるというバイヤー的な臨場感も、審美眼を鍛えてくれる貴重な体験になります。気になった作品についてギャラリストから直接解説を聞けるのもギャラリーならではの醍醐味といえるでしょう。

でも、大規模な美術展に比べると「ギャラリーってちょっと“ツウ”ぽくて入りづらい」という方も少なからずいるでしょう。そういうギャラリー初心者の方に、“初めてのギャラリー巡り”にぴったりなスポットとしておすすめしたいのが、六本木駅1A出口から徒歩3分のところに隣り合って立つ「ピラミデ」と「complex665」の2大ギャラリービルです。

「ピラミデ」には12軒、「complex665」には3軒のギャラリーが集まっています。そう、ギャラリー巡りというとギャラリーからギャラリーへ決して短くはない距離を渡り歩くイメージがあるかもしれませんが、ここなら2つのビルで10軒以上のギャラリーが見て回れるのです。

六本木の小さな迷宮!? 「ピラミデ」の「ペロタン東京」で初ギャラリー体験!

まず始めにピラミデから訪れてみましょう。

中庭を中心にして四方を堅牢な建物に囲まれたピラミデ。中庭の中心には、ルーブル美術館のエントランスを彷彿とさせるピラミッド型の構造物があります。周りは階段やエスカレーターが複雑に張り巡らされた空間になっており、アートの集積地らしい、何らかの示唆を与えられるような造りになっています。

最初に訪れたギャラリーは、中庭に面した「ペロタン東京」。

こちらはフランス人ギャラリストのエマニュエル・ペロタン氏が、1990年にパリに開設したギャラリーの世界に7つある支店のひとつです。パリの画廊は、村上隆やヤノベケンジらの個展を1990年代から開催するなど日本人アーティストとの縁が深く、2017年に開設された東京のギャラリーでも話題の現代アーティストたちの個展が数多く開かれています。

Exhibition view of "Head in the Clouds" at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy Perrotin.

ガラス窓になっている店内は中庭からも覗くことができますが、ここはやはり中に入ってギャラリーの生の空気を味わいたいところ。入館すると左手に受付の方がいるので、軽く会釈をして店内を見学させてもらいましょう。

Exhibition view of "Head in the Clouds" at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy Perrotin.

メインの展示室は静謐さが保たれ、美術館に比べて“独り占め感”のある空間。人の流れなどを気にせずに、目の前の作品を心ゆくまでじっくりと眺めることができます。隣には小部屋の展示室もあり、秘密基地を覗くような楽しみも。

Exhibition view of "Head in the Clouds" at Perrotin Tokyo. Photo by Keizo Kioku. Courtesy Perrotin.

ギャラリーのすぐそばには、ブックストアの「ペロタンストア」があり、所属アーティストのポスターや関連本、グッズを販売。部屋に飾るお気に入りの一品を探してみては。

(DATA)
ペロタン東京
所在地:東京都港区六本木6-6-9 ピラミデ 1階
営業時間:12:00〜18:00
休業日:日・月曜、祝日
https://www.perrotin.com

「ワコウ・ワークス・オブ・アート」で独創的なアートに浸る

続いてエスカレーターに乗って3階へ。ギャラリーのある方向に歩こうとしたら、近くに屋根付きのベンチを発見。東屋風のベンチからはこのビルの全容を見渡すことができ、ちょっと迷路のような造りの建物が一望できます。ギャラリー巡りでちょっと歩き疲れた時に小休憩にもぴったりなスペースです。

そして、次は3階にある2つのギャラリーのうちのひとつ「ワコウ・ワークス・オブ・アート」へ。
こちらは今年で開業30周年を迎えた老舗のギャラリー。2011年に渋谷区の初台からこちらに移転してきました。

(c) Miriam Cahn, courtesy WAKO WORKS OF ART

海外の作家では、今年東京で大規模展があったゲルハルト・リヒター、国内の作家では平川典俊や横溝静ら、巨匠から若手まで18名の契約アーティストの作品を中心に意欲的な企画展を展開。長きにわたって東京のギャラリー業界を盛り上げてきたオーナーの和光清氏によって選ばれた作家たちの独創的な作品を見ることができます。

(c) Gerhard Richter, Yuji Takeoka, courtesy WAKO WORKS OF ART

白で統一された展示空間は奥行きのある造り。一角には、小部屋の展示室もあって作品に没頭できる空間が整っています。

(DATA)
ワコウ・ワークス・オブ・アート
所在地:東京都港区六本木6-6-9 ピラミデ 3階
営業時間:11:00〜19:00
休業日:日・月曜、祝日
http://www.wako-art.jp

「シュウゴアーツ」はじめ「complex665」のギャラリーも個性派揃い

それでは次は、お隣にある「complex665」へ。ピラミデからは歩いてすぐの距離。こちらは2階と3階にギャラリーが集まっているビルです。

そのうちの1軒、2階にある「シュウゴアーツ」は、佐谷周吾氏が代表を務める現代美術のギャラリー。2000年から活動を開始し、2016年にギャラリーを現在の地に移転。

小林正人「この星の絵の具」2021、シュウゴアーツ Copyright the artist, Courtesy of ShugoArts, Photo by Shigeo Muto

現在は、イケムラレイコ、小林正人、近藤亜樹、森村泰昌、三嶋りつ惠、戸谷成雄など、国内外を舞台に活躍し、独自の表現を探索するアーティストを取り扱っています。2023年1月からはリー・キットとアンジュミケーレによる展覧会を開催。

イケムラレイコ「限りなく透明な」2022、シュウゴアーツ Copyright the artist, Courtesy of ShugoArts, Photo by Shigeo Muto

森村泰昌・三嶋りつ惠「わたしはどこに立っている」2021、シュウゴアーツ Copyright the artist, Courtesy of ShugoArts, Photo by Shigeo Muto

2室に分かれた展示スペースは奥行きがあり、ひとつのギャラリーだけでも見応えある空間です。

(DATA)
シュウゴアーツ
所在地:東京都港区六本木6-5-24 complex665 2階
営業時間:12:00〜18:00
休業日:日・月曜、祝日
https://shugoarts.com

今回は早送りで紹介しましたが、ピラミデにはお昼から空いているレストランがあるので、ランチタイムを挟んでゆったりギャラリー巡りというのもいいでしょう。ぜひ訪れた際は、すべての画廊をコンプリートできるくらいギャラリー巡りを満喫してください。

関連記事

3年ぶりの開催「六本木アートナイト2022」の楽しみ方 村上隆コラボの『ドラえもん』や最新アートで3連休の六本木が芸術に染まる!

2022年9月13日

9月17日から19日まで、六本木の街を舞台に開催される「六本木アートナイト2022」。新型コロナウイルス感染拡大の影響による延期、中止を経て3年ぶりの開催となる「六本木アートナイト」。ここでは今年の開催概要に触れつつ、初参加の方でもよくわかる六本木アートナイトの楽しみ方を伝授いたします。 そもそも「六本木アートナイト」って何? 国立新美術館や森美術館、サントリー美術館をはじめとした美術館や文化拠点が点在し、街全体にアートの気風が流れる六本木を舞台に年に数日だけ開かれる“アートの饗宴”です。2009年に初開催され、新型コロナウイルス拡大防止の観点から去年と一昨年は惜しくも延期の末に中止となりまし...

森アーツセンターギャラリー「冨樫義博展 -PUZZLE-」を鑑賞! 『幽☆遊☆白書』や『HUNTER×HUNTER』の足跡を貴重な原画・資料362点とともに

2022年11月4日

『幽☆遊☆白書』『レベルE』『HUNTER×HUNTER』などの作者として知られる漫画家・冨樫義博氏の画業35年の節目を記念した企画展「冨樫義博展 -PUZZLE-」が、10月28日に港区・六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで始まりました。来年1月9日まで開催される本展では、冨樫氏が手がけた歴代作品の原画および資料を362点展示。その中には本展初公開のイラスト・資料16点も含まれ、ファン必見の内容になっています。ここではプレス向け内覧会で見てきた実際の会場の様子とともに本展のポイントを抜粋してお伝えします。 エントランスから歴代作品キャラクターたちが勢揃い 今年7月の開催発表から大きな話...

『国立新美術館開館15周年記念 李禹煥』展を鑑賞  「もの派」代表作家の歩みを全61点の代表作と最新作で辿る

2022年8月25日

2007年の開館から今年で15周年を迎えた港区・六本木の国立新美術館。その記念展である『李禹煥』展が、8月10日から11月7日まで開催中です。韓国で生まれ育ち、留学先の日本で本格的な美術表現活動を始め、「もの派」の代表作家として世界的な評価を受けてきた李禹煥(リ・ウファン)。その創作活動を辿る大回顧展の概要を実際の会場の様子とともにお伝えしていきます。 世界的な現代作家の「これまでと今」を総覧する 2007年1月に開館した国立新美術館。”コレクションを持たない”ことが特徴の美術館では、開館以来、洋の東西と時代を超えた幅広い芸術ジャンル、あるいはファッション、デザイン、漫画といった美術に隣接する...

六本木・国立新美術館で開催中!「ルートヴィヒ美術館展」鑑賞前に知っておきたい5つのポイント

2022年7月20日

ドイツ・ケルン市のルートヴィヒ美術館が所蔵する150点の美術作品が展示される「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡 — 市民が創った珠玉のコレクション」が、6月29日に港区・六本木の国立新美術館で開幕しました。9月26日まで開催中の本展には、ピカソ、シャガール、ウォーホル、リキテンスタインら20世紀以降の巨匠による作品が多数来日。前半では20世紀初頭に起こったドイツ表現主義とロシア・アヴァンギャルドの名作をじっくり鑑賞し、後半はシュルレアリスム、ポップ・アートから現代の前衛芸術までの潮流を多数の作品を通じて理解できる構成になっています。ここでは実際の会場の様子とともに、本展の見どころを5つ...