東京ウォーターフロントのテラスレストラン

東京は巨大なメガポリス。街中にいると、東京が海に面していることを忘れてしまいますが、たまに東京湾に近づくと、心地よい潮風、広がる青空、波の音が聞こえて、ホッとした気分になります。今回は、東京ウォーターフロントのテラスレストランをご紹介します!

波の音で癒される、スタイリッシュなレストラン「BESIDE SEASIDE」

外観も内装もモダンで美しい「Hi-NODE」

緑があって、空も広く、青い海がすぐ目の前で、自然を感じられて素敵な場所です。

2019年8月、日の出ふ頭に東京ウォーターフロントの新名所「Hi-NODE」が誕生しました。「日の出」はもともとサンライズという意味ですが、Hi-NODEの発音は「ハイ・ノード」で、「わくわくする&結節点」という意味を持っているそうです。こちらは、レストランカフェ、展望デッキ、船着場ラウンジが融合された施設です。

ゆっくり食事を楽しみたい時は、お洒落なレストラン「BESIDE SEASIDE」のテラス席がオススメ!こちらでは美味しいヨーロッパ料理を味わうことができます。目の前の広い空と海を眺めると癒されます。休日限定の特別なモーニングもディナーも素敵です!

モチモチのパスタとシャキシャキのサラダが絶品!

Hi-NODE
東京都港区海岸2-7-103
https://goo.gl/maps/BK8TTBg3F21sf8Sj9
最寄り駅:日の出駅(ゆりかもめ)、浜松町駅
船情報:https://www.suijobus.co.jp (日の出ふ頭)

運河ビューもおすすめ!「BAGUS BAR SHIBAURA ISLAND」

芝浦の運河エリア。「Air Terrace」の先にレストランがあります。

BAGUS BAR SHIBAURA ISLAND

芝浦エリアにはたくさんの運河が縦横に複雑に交差していて、のんびり散歩するのに最高の場所です。常に表情を変え続ける海と違い、運河は波が高くなることがほとんどなくて、とても静かで穏やかです。運河ビューを食事しながら楽しむなら、運河に囲まれたオープンテラスの開放感溢れるリゾートダイニング「BAGUS BAR SHIBAURA ISLAND」がおすすめです!

テラス席はとても静かで、落ち着きます

料理をテイクアウトすれば、レストラン前の赤いパラソル席も利用できます。

レストランのメニューには魚介類のピザやパスタのほか、カレーやガパオなど、バラエティ豊かな料理を楽しめます。

レストランの美味しい料理とドリンクを味わいながら、行き交うボートや夕映えの空を眺めれば、とても穏やかな気分になります。運河ビューのリラックス効果は絶大です!ぜひ、東京ウォーターフロントのテラスレストランを楽しんでください!

バグースバー 芝浦アイランド(BAGUS BAR SHIBAURA ISLAND)
http://bagus-bar.jp
東京都港区芝浦4-22-2 アイランドエアテラス 1階
Google Maps: https://g.page/bagusbar?share
最寄り駅:田町駅、三田駅、芝浦ふ頭駅
*本記事は多言語にて配信しております。合わせてぜひご覧ください。

英語版 https://visit-minato-city.tokyo/en/articles/367
簡体字版 https://visit-minato-city.tokyo/zh-cn/articles/367
繁体字版 https://visit-minato-city.tokyo/zh-tw/articles/367
ハングル版 https://visit-minato-city.tokyo/ko-kr/articles/367

関連記事

夏の猛暑を吹き飛ばせ! 東京・港区の避暑地ポイント

2021年6月17日

まもなく到来する夏本番。連日にわたって真夏日のような暑さが続くと、旅行やお出かけでも涼しい場所でリフレッシュしたいという気持ちが高まりますね。実は公園や水辺が多い東京・港区は、都心にありながらも意外な涼感スポットの宝庫。ここではその一部を目的別にご紹介。都会の中にある避暑地でつかの間の涼を感じてみてください。 【お台場】水陸両用バス「TOKYO NO KABA」で東京湾一望の景色に涼! 水辺のスポットが点在し、潮風が涼感を与えてくれるベイエリア。水辺のレストランやカフェでも涼しさを感じられるエリアですが、それ以上に涼しい体験を提供してくれるのが水陸両用バスの「TOKYO NO KABA」です。...

品川プリンスホテル「LUXE DINING HAPUNA」で体験する、ニューノーマル時代のホテルブッフェとは

2021年7月7日

遠方への旅行がなかなか難しい情勢の中で全国的に多大な影響を受けている宿泊業。区内全体で3万室以上の客室数を誇る東京・港区のホテルでも多くの施設が依然厳しい状況にあります。飲食店を抱えるホテルへの影響はさらに大きく、その中でもゲスト自ら料理を取るホテルブッフェは業態変更や高い水準の感染症対策が求められるなど、さまざまな変化に迫られてきた業態のひとつです。そこで今回は港区内のホテル応援企画として、品川プリンスホテルのブッフェレストラン「LUXE DINING HAPUNA」を取材。ニューノーマルに適したホテルブッフェの「今」をお伝えしたいと思います。 安全・安心とブッフェの満足感を両方届ける 客室...

ふわふわパンケーキや究極フレンチトースト! 港区観光で訪れたい憧れ朝ごはん

2021年6月25日

爽やかな目覚めで迎えた旅先での朝。起きて最初のお楽しみといえば、一日の元気をチャージしてくれる朝ごはんです。宿泊したホテルで済ますのもいいけれど、もうちょっとスペシャルな思い出を残したいなら、ブレックファストメニューを提供する有名レストランを訪れてみてはいかがでしょう。実は、東京・港区は都内でも指折りの人気を誇る朝食レストラン&カフェが集まっているエリアなんです。今回はその中から品川、六本木、お台場から“テッパン”の4件を紹介します。 「マーサーブランチ 六本木」で特製フレンチトーストに感動 ニューヨークスタイルのカジュアルリッチなブランチを提供する「マーサーブランチ 六本木」。都営地下鉄・六...

「住みたくなる街」東京・港区で暮らすように楽しむホテルステイ《ベイサイド編》

2021年6月17日

六本木や麻布などのアーバンな街並みと芝浦やお台場などのベイサイド、両方の側面を持つ港区は訪れてみると、きっと住んでみたくなるエリアです。もし「港区に住むってどんな感じだろう?」と思ったら、ぜひ区内のホテルにロングステイして「港区の一日」を体験してみてはいかがでしょう。今回は港区・竹芝の「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」を舞台に「暮らすようなホテルステイ」のベイサイド編をお届けします! 180度のベイビューを望む東京屈指の絶景ホテル 午前から街歩きをいっぱい楽しんだ一日。今日は早めに観光を切り上げて夕方前に今夜のホテルへ。東京タワーを見上げる浜松町駅から竹芝方面へ歩いて行くと、海からの...