【動画記事】東京・港区の名所を旅ラン! レインボーブリッジや東京タワー周辺でランニングを楽しもう

旅先の知らない景色を眺めながらランニングを楽しむ「旅ラン」。東京のランニングコースといえば皇居の外周を走る“皇居ラン”が全国的に有名ですが、皇居がある千代田区のお隣・港区にも走りたい景色に満ちた素敵なランニングコースがあります。ここでは東京に宿泊した翌朝や観光を終えた夕方などのランニングにおすすめしたい2つのコースをご紹介。五輪の舞台にもなったTOKYO2020の街を軽やかに駆け抜けてみてはいかがでしょう。

《港区・旅ラン①》六本木ヒルズから東京タワーを目がけて走る「タワーラン」

1つ目のおすすめランニングコースは六本木ヒルズから麻布十番商店街を経て、芝公園をぐるりとまわってゴールの東京タワーを目指す約3.5kmの道のりです。スタート地点となる毛利庭園は芝生のスペースもあって準備体操をするにはぴったり。それではさっそくGo!

早朝の六本木の街が目覚め始める前の時間。けやき坂を下りながら爽やかな風を感じていると、ちょうど正面には空を突くように立つ東京タワーの姿が見えます。そこから裏道に入り、緩やかなカーブを描くさくら坂を駆け下りて麻布十番方面へ。

昼前からはにぎやかになる麻布十番商店街もこの時間帯はまだ静か。童謡「赤い靴」のモデルになった少女にまつわる「きみちゃん像」に見送られながらパティオ十番の横を走っていきます。

麻布十番までは緩やかに下りになった地形ですが、そこから段々と平坦な道に。渋谷方面から流れる古川にかかる一の橋を通過するとオフィスビルが立ち並ぶ三田の街並みへ。このあたりは歩道も広くてとっても走りやすい!

赤羽橋手前の交差点を渡ったところで、一角にポツンと立つお稲荷さんを発見。ちょっと足を止めて地元を見守る神様に今日一日が楽しい日になることをお願いしました。

赤羽橋を渡ってそのまままっすぐ走ればゴールの東京タワー……ですが、ここはもう少しランニングをエンジョイしましょう。赤羽橋交差点を渡ったところで右に曲がって、芝公園のまわりをぐるり。ここまでくるとどこからでも東京タワーが見えて、真っ赤なタワーに見守られながら走っている気分に。

荘厳な増上寺の三解脱門を横目にそのまま芝公園の外周を走るつもりでしたが、増上寺を過ぎたところで東京タワーを見上げる気持ちのいいストレートを発見! ここはちょっと予定のコースをちょっと変更してショートカット。前進するたびにぐんぐんと近付いてくる東京タワーに逸る気持ちが止まらない!

東京タワーまでは心臓破りの上り坂をラストスパート、がんばれ自分〜!

そして最後はちょっとキツかったけど、鼓動が最高潮まで上がるのを感じながら。ついにゴーーーーールイン!

間近で見上げる東京タワーはやっぱり驚くほどBIG。運動ついでにこのままタワーのてっぺんまで歩いて昇っちゃおうかな!

《港区・旅ラン②》レインボーブリッジを往復する「天空ラン」

2つ目のおすすめコースは芝浦側からレインボーブリッジを往復する3kmのコースです。レインボーブリッジのプロムナード(遊歩道)はランニングコースとしてもおすすめ。スタート時点の芝浦アンカレイジへは、ゆりかもめの芝浦ふ頭駅から徒歩7分。またはJR線の田町駅から徒歩20分ほどの距離です。間近で見上げる橋はやっぱりおっきい!

橋上のプロムナードまでは芝浦アンカレイジからエレベーターで上がることができます。入場は無料。レインボーブリッジには南北両側に芝浦側のノースルートと東京湾側のサウスルートという歩道が取り付けられていて、どちらから入ってもお台場側で折り返せるようになっています。

首都高速と臨港道路・ゆりかもめとの二重構造で造られているレインボーブリッジ。臨港道路の脇にあるプロムナードは、片道だけで1523mの距離があります。途中に自動販売機等はないので、途中の水分不足が心配な方はドリンクの持参を忘れないようにしましょう。

海面からの高さは最高地点で52.3m。橋上に出ると、その高さと車道を行き交う車から響くゴーっという音と振動にちょっと足がすくむかも。そこから少し歩いた橋脚の周りにはベンチのある休憩スペースがあるので、ここで準備体操を始めます。

このスペースはカメラを抱えた人も多く見かける人気フォトスポットです。落下防止のレールの間からは右手に品川シーサイドや大井埠頭の景色、左手にフジテレビ本社屋などのお台場の景色、そして真ん中には雄大に広がる東京湾のパノラマが見渡せます。では、準備が整ったらランニングスタート!

パノラミックな眺望を横目に走るのは、まるで空の上を走っているかのような“天空のランニング”気分。暑さを心配していましたが、上層の橋が屋根がわりになってくれて時折り風も吹いてくるランナーにとってはちょうど心地の良い涼しさです。遠くで見る姿も素敵だけど、橋上で間近に見るレインボーブリッジは柱やケーブルなどの構造が生々しく感じられて圧倒的な迫力があります。

信号機がなく途中で止まる必要がないというのが、景色の良さと並ぶこのコースの魅力。幾度となくやってくるゆりかもめとも“併走”を楽しんじゃう。もちろん歩行者の方もいるので、他の人とすれ違う場所では譲り合いの気持ちを忘れずに。

ポイントごとに東京湾の歴史や東京港トンネル、晴海客船ターミナルなど周辺に見える建造物に関する情報も掲示されていて、ふむふむ…とタメになります。そして、お台場側に近づくと東京2020大会でトライアスロン競技の舞台にもなったお台場海浜公園や「お台場」の地名の由来となった江戸幕府の砲台跡「品川台場」を見下ろす眺望が。

その後、お台場側で折り返して後半のノースルートへ。こちらからは綺麗な弧を描いて伸びるレインボーブリッジの全景や竹芝・芝浦の倉庫街を手前にして広がる港区の眺望を楽しむことができます。また、東京タワーと東京スカイツリーを一緒に望めるのもポイント。

途中、景色と一緒に記念写真を撮りながら、芝浦アンカレイジにゴールイン! プロムナードは夜9時まで通行可能なので夜景目当てのナイトランにもおすすめのランニングコースですよ。

「タワーラン」と「天空ラン」という2つのコースを紹介した旅ラン特集、いかがでしたでしょうか。バスや電車では通り過ぎてしまう景色もランニングだと違った発見があるはず。もし他にもおすすめのコースがあったら、ぜひ港区観光協会まで情報をお寄せください!

関連記事

あの「逃げ恥ハグ」も港区で生まれた…、東京・港区にある有名ロケ地を聖地巡礼!

2021年9月3日

いま、テレビドラマやアニメのロケ地や舞台になった場所を訪れる人が増えています。いわゆる、この「聖地巡礼」ブーム。東京のテレビ局がほとんど集まる港区に“聖地”というべき場所がないわけがない! そういうわけで今回は港区内の有名ロケ地をご紹介。誰もが知るド定番ロケ地から話題の最新ロケ地まで、実はあの名シーンは港区で生まれたのです。 不朽の名作が撮影された3大有名ロケ地 港区のロケ地といえば、やっぱりまず初めに上がるのは「神宮外苑イチョウ並木」でしょう。車道を挟んで両側にイチョウ並木が続く気持ちのいい約300mほどの直線道は、90年代以降のトレンディドラマのロケ地として欠かせないスポットです。 なかで...

【港区歴史さんぽ】「江戸無血開城」へと続く西郷隆盛・勝海舟会談の舞台になった港区

2021年9月15日

昨年、JR山手線の49年ぶりとなる新駅として誕生した高輪ゲートウェイ駅。本駅の「ゲートウェイ(入口、玄関などの意)」は、このエリアが国際交流拠点になることを目指して付けられたものですが、その中には、かつて高輪が江戸の玄関口として賑わっていた頃の歴史を引き継ぐという意味も込められています。高輪をはじめ、各藩の藩邸が置かれていた現在の港区は、近世から近代にかけて数々の事件の現場になりました。その中でも日本の歴史を大きく変えた出来事が、幕末の「江戸無血開城」につながった勝海舟と西郷隆盛の会談です。今回は二人の会談にまつわる史跡を巡りながら歴史の1ページをひもといてみましょう。 三田の薩摩藩邸で幕末の...

竹芝、日の出、お台場から船旅へ! 東京・港区で乗れるボート&クルーズをまとめて紹介

2021年8月31日

竹芝、日の出、芝浦、そしてお台場と、オーシャンフロントの街並みが自慢の東京・港区。その中にあって湾上を行き交うボートやクルーズ船は風光明媚な景観を作っているパーツのひとつです。陸から見ていても綺麗な東京湾の景色。でも、せっかく港区に来たなら船上の景色も楽しんでほしい。そんな思いを込めて今回は港区の埠頭で乗れる素敵なボート&クルーズを紹介します。 「東海汽船」の船で竹芝桟橋から伊豆諸島へ 竹芝の竹芝客船ターミナルからは、東海汽船が伊豆諸島への航路を運航しています。 東海汽船は大島(所要約1時間45分)、利島(同約2時間25分)、新島(同約2時間20分)、式根島(同約2時間20分)、神津島(同約3...

【動画記事】東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」を体験! 2時間で楽しめるクルーズ旅行の旅

2021年8月11日

きっと誰もが憧れるクルーズ船の旅。クルーズというと何日もかけて行くような豪華客船の旅を想像する人が多いかもしれませんが、東京・港区には映画を観るくらいのちょっとした時間でそんな旅を体感できる船上レストランがあることをご存知でしょうか。港区の日の出埠頭を発着する東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」では、ランチからディナーまで4種の東京湾クルーズで豪華客船さながらの食事と船上からの絶景が楽しめます。今回はランチクルーズに乗船してシンフォニーの旅を初体験。実際の肌で感じたこのクルーズ船の魅力を紹介します! カジュアルな服装でOK! 東京湾で楽しむショートクルーズの旅 ランチクルーズ、アフ...