あの「逃げ恥ハグ」も港区で生まれた…、東京・港区にある有名ロケ地を聖地巡礼!

いま、テレビドラマやアニメのロケ地や舞台になった場所を訪れる人が増えています。いわゆる、この「聖地巡礼」ブーム。東京のテレビ局がほとんど集まる港区に“聖地”というべき場所がないわけがない! そういうわけで今回は港区内の有名ロケ地をご紹介。誰もが知るド定番ロケ地から話題の最新ロケ地まで、実はあの名シーンは港区で生まれたのです。

不朽の名作が撮影された3大有名ロケ地

港区のロケ地といえば、やっぱりまず初めに上がるのは「神宮外苑イチョウ並木」でしょう。車道を挟んで両側にイチョウ並木が続く気持ちのいい約300mほどの直線道は、90年代以降のトレンディドラマのロケ地として欠かせないスポットです。

なかでも有名なのは『101回目のプロポーズ』や『愛という名のもとに』といった不朽の名作。2000年代以降も『HERO』『花より男子』『相棒』などに使われていて、どの年代の人にも知っている作品がひとつはあるはず。
同じく港区のロケ地として有名なのが「東京タワー」です。2007年には小説を原作とした映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』という作品が製作され、作品を象徴するスポットになりました。

そのほか、東京を代表する風景として、その勇姿が数々の作品に登場。過去10年の話題ドラマでは『東京タラレバ娘』や『好きな人がいること』のシーンにメインデッキが使われています。
「レインボーブリッジ」も港区の有名ロケ地のひとつです。1993年に開通したレインボーブリッジは、新しくておしゃれな東京を連想させるスポットとしてドラマや映画にたびたび登場。

なかでも最も有名な作品のひとつが、当時は架空だった“湾岸署”を舞台とした映画『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』です。タイトル通り、レインボーブリッジを“封鎖”できるかどうかが展開の別れ目になった本作。レインボーブリッジは歩いて渡ることができるので、本作品のファンならば、きっと橋の上で「封鎖できません!」と言いたくなることでしょう。

“あの名シーン”が生まれた最新話題作のロケ地

続いて、近年の話題作で重要シーンに登場したロケ地を紹介しましょう。

実は港区には何と2015年からの数年間で100作品以上の映像作品に登場し、“聖地中の聖地”になりつつスポットがあります。それが品川駅港南口から徒歩約6分の場所にある「品川シーズンテラス」です。

さまざまな作品のロケ地となっている中で特に有名なテレビドラマが、「恋ダンス」で社会現象になった“逃げ恥”こと『逃げるは恥だが役に立つ』です。主人公とヒロインが初めてハグをした“前借りハグ”のシーンは、この施設に隣接したイベント広場で撮影されました。

そのほか、館内も屋外もロケ地として使用された場所がいっぱい。イベント広場はこのあたりでも珍しい芝生広場。2階の商業エリアには多彩なレストランやカフェがあってグルメも充実しています。
区内の有名な寺社仏閣もロケ地になっています。東新橋にある日比谷神社はテレビドラマ『義母と娘のブルース』に主人公らがお参りする神社として2度にわたって登場しました。

オフィス街の中にある神社は働く女性が主人公のお話にぴったりリンクする環境です。
日比谷神社
所在地:東京都港区東新橋2-1-1
受付時間(社務所):9:00〜17:00
水路と高層ビルが独特の景観を織りなす芝浦の運河エリアも多くのロケ地に選ばれています。特に運河にかかる橋は人気ポイントです。

最近では楽水橋が『MIU404』のロケ地になりました。また、百代橋は一昨年に放送された『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』に、新芝橋は『恋は続くよどこまでも』に登場しています。百代橋、新芝橋のかかる新芝運河沿いは緑地の遊歩道になっているのでお散歩にぴったり。

ハリウッド映画の舞台になった“あの名所”

さらに、なんと港区にはハリウッド大作のロケ地になった場所もあるのです。それがX-MENシリーズの映画『ヴルヴァリン:SAMURAI』(2013)に登場した「増上寺」です。ある人物の葬儀に訪れた主人公が敵からの襲撃に遭うシーンに登場。

激しい戦闘シーンの最中にはうしろにちょっとだけ東京タワーも見られます。ハリウッドの大作映画ということで、キャストとスタッフを合わせて400名以上が参加する大規模な撮影になったそうですが、増上寺を訪れてその広さを感じれば、それだけ大きなロケができるのは増上寺くらいしかなかったのだろうと納得するはず。
今回は港区の代表的なロケ地の中から気軽に訪れることができる場所をチョイスしてお届けしました。ほかにも東京・港区にはドラマの舞台のような素敵な場所がいっぱい。物語の主人公になったつもりで聖地巡礼を楽しんでください。

関連記事

【港区歴史さんぽ】「江戸無血開城」へと続く西郷隆盛・勝海舟会談の舞台になった港区

2021年9月15日

昨年、JR山手線の49年ぶりとなる新駅として誕生した高輪ゲートウェイ駅。本駅の「ゲートウェイ(入口、玄関などの意)」は、このエリアが国際交流拠点になることを目指して付けられたものですが、その中には、かつて高輪が江戸の玄関口として賑わっていた頃の歴史を引き継ぐという意味も込められています。高輪をはじめ、各藩の藩邸が置かれていた現在の港区は、近世から近代にかけて数々の事件の現場になりました。その中でも日本の歴史を大きく変えた出来事が、幕末の「江戸無血開城」につながった勝海舟と西郷隆盛の会談です。今回は二人の会談にまつわる史跡を巡りながら歴史の1ページをひもといてみましょう。 三田の薩摩藩邸で幕末の...

【動画記事】東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」を体験! 2時間で楽しめるクルーズ旅行の旅

2021年8月11日

きっと誰もが憧れるクルーズ船の旅。クルーズというと何日もかけて行くような豪華客船の旅を想像する人が多いかもしれませんが、東京・港区には映画を観るくらいのちょっとした時間でそんな旅を体感できる船上レストランがあることをご存知でしょうか。港区の日の出埠頭を発着する東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」では、ランチからディナーまで4種の東京湾クルーズで豪華客船さながらの食事と船上からの絶景が楽しめます。今回はランチクルーズに乗船してシンフォニーの旅を初体験。実際の肌で感じたこのクルーズ船の魅力を紹介します! カジュアルな服装でOK! 東京湾で楽しむショートクルーズの旅 ランチクルーズ、アフ...

竹芝、日の出、お台場から船旅へ! 東京・港区で乗れるボート&クルーズをまとめて紹介

2021年8月31日

竹芝、日の出、芝浦、そしてお台場と、オーシャンフロントの街並みが自慢の東京・港区。その中にあって湾上を行き交うボートやクルーズ船は風光明媚な景観を作っているパーツのひとつです。陸から見ていても綺麗な東京湾の景色。でも、せっかく港区に来たなら船上の景色も楽しんでほしい。そんな思いを込めて今回は港区の埠頭で乗れる素敵なボート&クルーズを紹介します。 「東海汽船」の船で竹芝桟橋から伊豆諸島へ 竹芝の竹芝客船ターミナルからは、東海汽船が伊豆諸島への航路を運航しています。 東海汽船は大島(所要約1時間45分)、利島(同約2時間25分)、新島(同約2時間20分)、式根島(同約2時間20分)、神津島(同約3...

【動画記事】東京・港区の名所を旅ラン! レインボーブリッジや東京タワー周辺でランニングを楽しもう

2021年7月30日

旅先の知らない景色を眺めながらランニングを楽しむ「旅ラン」。東京のランニングコースといえば皇居の外周を走る“皇居ラン”が全国的に有名ですが、皇居がある千代田区のお隣・港区にも走りたい景色に満ちた素敵なランニングコースがあります。ここでは東京に宿泊した翌朝や観光を終えた夕方などのランニングにおすすめしたい2つのコースをご紹介。五輪の舞台にもなったTOKYO2020の街を軽やかに駆け抜けてみてはいかがでしょう。 《港区・旅ラン①》六本木ヒルズから東京タワーを目がけて走る「タワーラン」 1つ目のおすすめランニングコースは六本木ヒルズから麻布十番商店街を経て、芝公園をぐるりとまわってゴールの東京タワー...