六本木ヒルズ・東京シティビューで開催中「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」鑑賞レポート 800点以上の貴重資料が見られる“サンリオ100%”の世界へ!

「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」が、9月17日に六本木ヒルズ森タワー52階の東京シティビューで開幕しました。来年1月10日まで開催される本展はハローキティやマイメロディなどのキャラクターで知られるサンリオの60年にわたる歴史を、原画や商品、写真など約800点以上の資料とともに振り返る特別展です。ここでは開幕前日に行われた内覧会の様子から本展の見どころをガイドします!

キティちゃんも感激! 圧巻の“サンリオタワー”がお出迎え

本展の会場は六本木ヒルズの森タワー52階にある東京シティビュー。森タワー3階から専用エレベーターに乗れば、あっという間に海抜250メートルの天空の世界へ。そして東京シティビューで行われる展覧会のお楽しみといえば、やっぱり展望台からの景色とアートの競演♪ 今回も最初から期待を裏切らない展示が待っています。それがこちら。

日本が誇る「KAWAII」文化の伝道師、増田セバスチャンがこの展覧会のために制作したという《Unforgettable Tower》は、高さ約8メートルのタワーにサンリオキャタクターのぬいぐるみが約4000個以上も貼り付けられた圧巻の作品です。

自慢のパノラマをバックに展望室の天井まで届くようなタワーは、てっぺんまでサンリオキャラクターがこれでもかと密集。この日は特別ゲストとしてキティちゃんも来場し、嬉しそうな様子を見せていました。

ハローキティが生まれる前のサンリオのあゆみ

昭和35年(1960)に創業した山梨シルクセンターを前身のひとつとするサンリオは去年8月に創業60周年を迎えました。まだ娯楽が少なかった時代に始まったサンリオの歴史は、まさに日本のカワイイ文化の歴史といっても過言ではありません。その歩みを6つのゾーンと10のテーマで振り返る本展は、最初から最後まで全部が“100%サンリオ”の空間です。

ひとつ目のテーマの「カワイイのはじまり」では、ハローキティやマイメロディなどのオリジナルキャラクターが生まれる前の歴史が紹介されています。まず初めに見られるのはサンリオ初のヒットとなった「いちごシリーズ」の展示。続いて当時の人気イラストレーターたちの作品を採用した初期のサンリオグッズが見られます。

イラストレーターの顔ぶれには、「亜土ちゃん」の愛称でテレビの教育番組でも人気を博した水森亜土、ファッショナブルな少女画で知られ「ルネパンダ」などのデザインで後のサンリオに大きな影響を与えた内藤ルネ、アンパンマンの作者であるやなせたかしらがいました。

そして「Love is」シリーズに登場した三つ編みの女の子「パティ&ジミー」のキャラクター展開をきっかけに、サンリオは現在に至るさまざまなオリジナルキャラクターの開発をスタート。昭和49年(1979)にはハローキティが、翌年には“キキララ”こと「リトルツインスターズ」と「マイメロディ」が生み出されました。

サンリオキャラが大集合! カワイイが止まらない!!

次の「サンリオキャラクターズ」のゾーンには、そうした愛すべきサンリオキャラクターたちが大集合。ハローキティ、キキララ、マイメロディ、ゴロピカドン、ハンギョドン、ポチャッコ、シナモロール、ポムポムプリンなど代表的キャラクターの展示をメインに、サンリオ60年の歴史を彩ってきた歴代キャラクターたちのパネル展示もあります。

メインの展示では各キャラクターのプロフィールや特徴に加えて、昭和50年(1975)から発刊されてきたサンリオの機関紙『いちご新聞』に掲載された“誕生秘話”の紹介なども。また、貴重な初期のキャラクターグッズの展示もあって、ひとつひとつに目を通しているとどれだけ時間があっても足りないほど充実した内容です。

一方で途中のパネル上には、これまで450以上も生み出されてきたというサンリオキャラクターたちがずらり。「外国風キャラクター」「ファニーキャラクター」などのコンセプト別に分類され、サンリオがその時々の流行を取り入れながら常に時代に合った「カワイイ」を生み出してきたことを知ることができます。ちなみに30代の私は、小学校で文房具がヒットしていた「けろけろけろっぴ」や「ぽこぽん日記」「おさるのもんきち」との“再会”に感激しました。

3つ目のゾーンは、サンリオが創業期から大切にしてきた「ソーシャル・コミュニケーション」がテーマ。巨大なキティちゃん像が中心に置かれた空間では、読者参加型コミュニティの場でもあった『いちご新聞』のほか、銀座や新宿にあったサンリオショップの記憶、平成2年(1990年)に開業したサンリオ・ピューロランドの紹介など、サンリオとサンリオファンの“繋がり”について多彩な展示が行われています。

最後の最後までサンリオの世界にどっぷり浸かろう!

続いてのゾーンでは、時代を越えて愛されてきたハローキティをあらためて徹底解剖。大人がキャラクターグッズを持つことが珍しかった70年代から数々のハイブランドとコラボを重ねるようになった現代まで、キティちゃんが起こしてきたカワイイブームの変遷を辿ります。あのレディー・ガガが着用した“キティドレス”に驚愕しつつ、その近くには何とハローキティグッズ第一号となったプチパースの展示も。どの時代のファンにとっても“刺さる”展示があるはず。

その後は、気鋭の現代アーティストとサンリオによるコラボレーション作品の展示に続き、サンリオの未来への思いが述べられたフィナーレへ。マイメロちゃんのオブジェと記念撮影して最後までどっぷりサンリオの歴史を堪能しました。

画像はすべて©️2021 SANRIO CO.,LTD.APPROVAL NO.SP610376

でも、実はまだまだサンリオ100%の世界は終わりません。展覧会を見た後は特設ショップと会場併設のTHE SUN & MOON Cafeへ。100種類以上のオリジナルグッズやかわいすぎるコラボメニューは、展覧会とセットのお楽しみといってもいいでしょう。もちろん港区が誇る東京シティビューからの絶景も存分に楽しんで帰ってくださいね!
「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」は来年1月10日まで六本木ヒルズ森タワー52階の東京シティビューで開催中。なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から入場はローソン、ミニストップの店頭および専用サイトからの事前予約制になっているのでご注意を。
「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」

会場:東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
会期:9月17日(金)~2021年1月10日(月)
休館日:会期中無休
開館時間:10:00~22:00(最終入館21:30)
※情勢によりやむを得ず、営業時間に変更が生じる場合あり
入場料その他の情報は、公式サイトをご参照ください。
展覧会公式サイト:https://www.tokyocityview.com/sanrio-museum-ex/

関連記事

「泉屋博古館東京」が再開館! 『日本画トライアングル』展など三大リニューアルオープン記念展の見どころをまとめて紹介

2022年2月18日

2019年の年末から改修工事のため、長期休館に入っていた「泉屋博古館東京」がリニューアルオープン。名前も新たに2022年3月19日開幕の『日本画トライアングル 画家たちの大阪・京都・東京』展で本格的なお披露目を迎えます。ここでは本展をはじめとするリニューアル・オープン記念展の見どころと新しくなった同館のポイントをひとまとめにしてお伝えします! 泉屋博古館分館から「泉屋博古館東京」にリニューアル 京都にある泉屋博古館(せんおくはくこかん)の分館として、2002年に六本木一丁目の住友家麻布別邸跡地に開館した「泉屋博古館分館」。2019年の年末から2年以上の改修期間を経て、この度「泉屋博古館東京」と...

「美少女戦士セーラームーン ミュージアム」体験レポート! 港区にゆかりある名作の30年を計180点のカラー原画と関連グッズなど600点以上の資料で振り返る

2022年7月11日

少女漫画の金字塔『美少女戦士セーラームーン』の連載開始30周年を記念した「美少女戦士セーラームーン ミュージアム」が7月1日に港区・六本木の六本木ミュージアムで開幕。12月30日まで3期にわたって開催される本展を開幕前日の内覧会でひと足早く体験してきました! 麻布十番が舞台のモデルになった伝説的作品の展覧会 講談社の月刊誌「なかよし」で1991年から1997年まで連載された漫画『美少女戦士セーラームーン』(以下、セーラームーン)。少女たちがヒーローに変身するという当時斬新だったストーリーで話題を集め、1992年にはアニメ化。社会現象的な人気を呼ぶだけでなく、セーラー戦士たちの活躍は多くの子ども...

「大英博物館 北斎」鑑賞レポート 西洋を魅了した江戸の天才絵師・葛飾北斎の画業をイギリスから里帰りした傑作で辿る

2022年4月28日

「大英博物館 北斎 ー国内の肉筆画の名品とともにー」が港区・東京ミッドタウンのサントリー美術館で6月12日(日)まで開催されています。ここでは4月16日の開幕に先立って行われたプレス内覧会の様子とともに本展の見どころを紹介していきます。 西洋を驚かせた「HOKUSAI」の傑作が東京へ里帰り 宝暦10年(1760)に江戸の本所(現在の東京都墨田区)で生まれた葛飾北斎。《冨嶽三十六景》や『北斎漫画』などの代表作で知られ、当時の風景や人、風俗を描いた作品は古き良き日本の風景として現代の我々の心にも強い感動を与えます。一方で北斎の作品は明治時代以降になって西洋にも渡り、モネやゴッホら印象派やポスト印象...

「『鬼滅の刃』 吾峠呼世晴原画展」を鑑賞 実際に会場を見て感じた“スゴいところ”は?

2021年11月2日

吾峠呼世晴氏による漫画『鬼滅の刃』の直筆原画450点以上が公開される「『鬼滅の刃』 吾峠呼世晴原画展」が、10月26日から12月12日まで港区・六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催されています。この秋からテレビアニメも再開し、まだまだとどまることを知らない“鬼滅ブーム”。そんな大ヒット漫画初の原画展で「スゴい!」と感じた感動ポイントを実際の会場風景とともにお伝えします。 漫画『鬼滅の刃』の作品紹介と本展の概略 『鬼滅の刃』は、週刊少年ジャンプにて2016年2月から2020年5月まで連載された吾峠呼世晴作の漫画作品です。物語の舞台は大正時代の日本。人を食う鬼に家族の命を奪われた炭売りの...