今年も開催決定!「第19回 港区観光フォトコンテスト2021」 東京・港区の人気撮影スポットを絶景の過去受賞作とともに紹介

港区観光協会では毎年恒例の「第19回 港区観光フォトコンテスト2021」を今年も開催。2021年11月1日(月)から2022年1月31日(月)までの応募期間中、東京・港区の観光資源の紹介と区内の魅力再発見につながる一枚を皆様から募集します。応募部門は、カメラ部門、スマホ部門、中学生・高校生の作品を対象としたフォトコン甲子園部門の3つ。港区に在住・在勤・在学ではない方の応募も可能です。その他の応募条件、賞品等については下記の「ご応募・詳細はこちら」をクリックして見られる応募ページでご確認を。ここでは当コンテストの開催に関連して、昨年開催した第18回コンテストの入賞作品を交えながら、東京・港区内のおすすめ撮影スポット情報をお届けします!

【関連記事】レインボーブリッジ、芝公園、芝浦運河など、昨年掲載のおすすめスポット紹介記事はこちら!
https://visit-minato-city.tokyo/ja-jp/articles/381
「第19回 港区観光フォトコンテスト2021」

↓カメラ部門・スマホ部門のご応募・詳細はこちら↓
https://minato-kanko.mitte-x.istsw.jp/contest-entrance.html?id=395714&cn=10

↓フォトコン甲子園部門のご応募・詳細はこちら↓
https://minato-kanko.mitte-x.istsw.jp/contest-entrance.html?id=395719&cn=11

東京タワーのある景色 人の数だけ好きな風景がある

毎年、多数の応募がある東京タワー周辺の風景。誰もが知る東京・港区の超有名スポットかつ、いろんな地点からさまざまな表情が見られるため、写真ファンからの人気が絶えません。

有名撮影スポットは芝公園、増上寺、三田の歩道橋など…ですが、年を経て変わりゆく街並みの中で、常に新しい景色を見せてくれるのが東京タワーの奥深さともいえます。今人気のシェアサイクルを借りるなどして、あなた好みの景色を探してみるのをおすすめします。

第18回 港区観光フォトコンテスト エリア賞(芝・三田) 夕立の後に 團塚 紀祐

第18回 港区観光フォトコンテスト 審査員特別賞(みなとレトロ賞) 東京タワーはどーーれだ? 坂本 美貴子

なお、芝公園では12月上旬から毎年恒例の「クリスマスガーデン」を開催。聖夜まで限定のイベントを交えて撮るのも“アリ”でしょう。

高輪ゲートウェイ駅 昼夜問わず輝き放つ進化途上の新駅

JR山手線49年ぶりの新駅として2020年に開業した高輪ゲートウェイ駅。同線30番目の駅となった駅舎は、日本を代表する建築家・隈研吾の設計です。周囲はまだ再開発が続く最中ですが、採光がよく構内から街並みを見渡せる建物はそれ自体が芸術品と呼べる域。屋根は折り紙から着想を得たものといい、ガラス張りの外観は昼夜を問わず煌めきを放っています。

時間によっては羽田空港に着陸する旅客機が上空を飛行。鉄道、飛行機、車という「のりもの三昧」な画が撮れることも!?

第18回 港区観光フォトコンテスト 銅賞 高輪ゲートウェイ 夕日の中で 佐々木 了一

まだまだこれから成長を遂げる話題の新駅で、誰もがまだ見ぬ景色を収めてみては。

有栖川宮記念公園 麻布が刻んできた歴史と自然との調和

江戸時代は盛岡藩の下屋敷だった場所が、明治時代から昭和時代の初めまでは皇族の御用地だった有栖川宮記念公園。古来からの自然の地形を活かした園内は四季折々の表情を見せる自然に満ち、都会の中にありながら、滝、池、渓流という水の風景が揃っています。

そしてこの公園のもうひとつの良さは、住宅地の中の自然公園ならではの人の賑わいが常にあること。ベンチに腰かけて読書に耽る人がいたり放課後の子どもたちが遊んでいたりと、憩う人々の姿がシーンの良い味付けになってくれます。池を泳ぐ鯉も人気が高いモチーフのひとつ。

第18回 港区観光フォトコンテスト エリア賞(麻布・六本木) 秋を感じて 本田 誠

園内には景色のいいカフェテリアを擁する都立中央図書館もあるので、撮影ついでにぜひ訪れてみてください。

竹芝周辺の風景 歩けば歩くほど新しい景色が見つかる

再開発が進み、新施設の誕生により今の港区の中で最もホットなエリアになっている竹芝。竹芝埠頭や浜崎橋ジャンクションを見晴らすスキップテラス「竹芝新八景」を擁する東京ポートシティ竹芝や水辺の景色とシームレスにつながるウォーターズ竹芝など、発展中の街ゆえの新しい発見がいたるところに見つかります。

大型客船の乗り場である竹芝客船ターミナルもリコメンドしたい撮影スポットのひとつ。レインボーブリッジをバックに写す船影は、まさにシーサイドタウン・港区ならではの景色です。

また、余裕があれば、日の出、芝浦と海沿いを歩いてお気に入りのシーンを探してみては。レインボーブリッジのループ橋は迫力ある夜景スポットとしてもおすすめです。

お台場海浜公園 五輪会場にもなった“港区のビーチ”

今年は東京五輪のトライアスロンやオープンウォータースイミングの会場としても話題になったお台場海浜公園。ここも特に夕景の撮影スポットとして人気が高い場所です。

おだいばビーチの砂浜があり昼間は“プチ南国”の雰囲気が漂う公園も、夕暮れ時を過ぎるとライトアップされたレインボーブリッジや対岸の夜景を見渡す哀愁ある光景に。

第18回 港区観光フォトコンテスト フォトコン甲子園部門 準優勝 まつひと 小団扇彩乃

なお、デックス東京ビーチのシーサイドテラスでは高さ20メートルのツリーを中心としたイルミネーション「YAKEI」を通年開催。ノスタルジックな風景を収めるもよし、ロマンチックな風景を収めるもよし、あなたの心にあるお台場の景色を一枚の中に。

以上、5つのおすすめスポットを紹介しました。こちらを参考にしていただきながら、皆様が「ここの魅力を紹介したい」と思う東京・港区のスポットの写真を送ってください。スマホ写真でも応募できますので、ぜひより多くの方々からの応募をお待ちしております。
「第19回 港区観光フォトコンテスト2021」

↓カメラ部門・スマホ部門のご応募・詳細はこちら↓
https://minato-kanko.mitte-x.istsw.jp/contest-entrance.html?id=395714&cn=10


↓フォトコン甲子園部門のご応募・詳細はこちら↓
https://minato-kanko.mitte-x.istsw.jp/contest-entrance.html?id=395719&cn=11


「港区観光フォトコンテスト」その他の過去受賞作はこちらに掲載中
https://visit-minato-city.tokyo/ja-jp/photocontest

関連記事

東京・港区のミュージアムショップで人気のオリジナルアイテム5選〜国立新美術館&港区立郷土歴史館〜

2021年11月17日

美術館や博物館などの展示施設を訪れた際、展示を見終えた後のお楽しみといえば、やはりミュージアムショップでのお買い物です。ミュージアムショップの中には施設のコンセプトに合わせてセレクトされたアイテムだけでなく、そこでしか買えないオリジナルグッズを扱っているところも。東京・港区内のミュージアムでも多くの施設で趣向を凝らしたオリジナルアイテムを用意しています。今回はその中から六本木の新国立美術館と白金台の港区立郷土歴史館のショップに注目し、特に人気のオリジナルアイテムを5点ずつ紹介します。 国立新美術館内のミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」 黒川紀章の設計による波打つような外観が特徴...

東京・六本木の国立新美術館「庵野秀明展」鑑賞レポート 『新世紀エヴァンゲリオン』から『シン・ゴジラ』、そして『シン・仮面ライダー』へと続くヒットメーカーの軌跡

2021年10月7日

今年の春に最終章『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズや特撮映画に新風を起こした『シン・ゴジラ』で総監督を務めるなど、アニメや映画を通じて数々のブームを生み出してきた庵野秀明氏。彼のこれまでの足跡を辿る世界初の展覧会「庵野秀明展」が10月1日から港区・六本木の国立新美術館・企画展示室1Eで始まりました。1500点以上の資料や映像を通じて庵野氏のこれまでとこれからを紹介している本展の見どころを、開幕前日の内覧会のレポートを交えて紹介します。 すべては「一台のミシン」から始まった まずは庵野氏の略歴を簡単に紹介しましょう。昭和35年(1960)に山口県で生...

「『鬼滅の刃』 吾峠呼世晴原画展」を鑑賞 実際に会場を見て感じた“スゴいところ”は?

2021年11月2日

吾峠呼世晴氏による漫画『鬼滅の刃』の直筆原画450点以上が公開される「『鬼滅の刃』 吾峠呼世晴原画展」が、10月26日から12月12日まで港区・六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催されています。この秋からテレビアニメも再開し、まだまだとどまることを知らない“鬼滅ブーム”。そんな大ヒット漫画初の原画展で「スゴい!」と感じた感動ポイントを実際の会場風景とともにお伝えします。 漫画『鬼滅の刃』の作品紹介と本展の概略 『鬼滅の刃』は、週刊少年ジャンプにて2016年2月から2020年5月まで連載された吾峠呼世晴作の漫画作品です。物語の舞台は大正時代の日本。人を食う鬼に家族の命を奪われた炭売りの...

六本木ヒルズ・東京シティビューで開催中「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」鑑賞レポート 800点以上の貴重資料が見られる“サンリオ100%”の世界へ!

2021年9月28日

「サンリオ展 ニッポンのカワイイ文化60年史」が、9月17日に六本木ヒルズ森タワー52階の東京シティビューで開幕しました。来年1月10日まで開催される本展はハローキティやマイメロディなどのキャラクターで知られるサンリオの60年にわたる歴史を、原画や商品、写真など約800点以上の資料とともに振り返る特別展です。ここでは開幕前日に行われた内覧会の様子から本展の見どころをガイドします! キティちゃんも感激! 圧巻の“サンリオタワー”がお出迎え 本展の会場は六本木ヒルズの森タワー52階にある東京シティビュー。森タワー3階から専用エレベーターに乗れば、あっという間に海抜250メートルの天空の世界へ。そし...