「泉屋博古館東京」が再開館! 『日本画トライアングル』展など三大リニューアルオープン記念展の見どころをまとめて紹介

2019年の年末から改修工事のため、長期休館に入っていた「泉屋博古館東京」がリニューアルオープン。名前も新たに2022年3月19日開幕の『日本画トライアングル 画家たちの大阪・京都・東京』展で本格的なお披露目を迎えます。ここでは本展をはじめとするリニューアル・オープン記念展の見どころと新しくなった同館のポイントをひとまとめにしてお伝えします!

泉屋博古館分館から「泉屋博古館東京」にリニューアル

京都にある泉屋博古館(せんおくはくこかん)の分館として、2002年に六本木一丁目の住友家麻布別邸跡地に開館した「泉屋博古館分館」。2019年の年末から2年以上の改修期間を経て、この度「泉屋博古館東京」として生まれ変わりました。ガラス張りの外観に変わり、エントランスからして新しくなった建物。入り口に掲げられた館名ロゴには「泉」の漢字のルーツとなった中国の古代文字・金文をもとにしたシンボルマークが使われています。

館内の主なリニューアルポイントは次の3点です。

①展示室の増設
②既存展示室の改修
③カフェ、ミュージアムショップ、講堂の新設

第2展示室

これまで2つだった展示室が4つに倍増。展示できる作品数が増えたことに加え、空間を再構築することで展示構成の幅が広がり、ゆとりを感じるスペースに変わりました。また、既存展示室も含めて落ち着いたトーンの色調に変わり、全体的にシックな印象を感じさせます。照明器具なども最新のものに刷新され、より良質な鑑賞体験を実現しています。

ホール

この地に流れる歴史を特に感じさせる部分が、エントランスから続くホールと新設された第4展示室です。

第4展示室

象徴展示が飾られるホールは、時間や歴史の積み重ねを感じさせる地層のような版築仕上げの壁が印象的。一方で第4展示室には紋の入った壁紙や紺のカーペットを設え、かつての住友家別邸を彷彿とさせるような邸宅の雰囲気を醸しています。

リニューアル・オープン記念展第1弾の見どころは?

3月から10月まで3つのテーマで展開されるリニューアル・オープン記念展では、泉屋博古館の展示の中心をなす約3500点の住友コレクションの中から、特に貴重な品々が一挙に展示されます。そのうち、第1弾企画として3月19日から5月8日まで行われるのが『日本画トライアングル 画家たちの大阪・京都・東京』展です。

橋本雅邦《深山猛虎図》1890年頃 泉屋博古館東京

住友コレクションが擁する近代日本画の作品群は、大阪、京都、東京で活躍した画家の吉祥画や花鳥画を中心に構成されている点が特徴です。本展ではこの三都を「トライアングル」とし、初公開作品、新収蔵作品を含めた日本画名品展が展開されます。

大阪の画家では、上島鳳山の《十二ヶ月美人》が12幅一挙に公開(前期のみ)されるほか、深田直城、山田秋坪らの作品を展示。

左・山田秋坪《柘榴花白鸚鵡図》1920年 泉屋博古館東京 右・深田直城《春秋花鳥之図》(右幅) 19世紀末~20世紀初頭 泉屋博古館東京

東京の画家では、近代日本画の大家・橋本雅邦の《深山猛虎図》が修復後初めて披露されるほか、高島北海らの作品がラインナップ。

高島北海《草花図屏風》 1913年 泉屋博古館東京

そして京都の画家では、近年再評価の声が高まる「おうこくさん」こと木島櫻谷の《柳桜図》が展示されます。

木島櫻谷《柳桜図》 1917年 泉屋博古館東京

経済的にも日本の中心となってきた三都では、それぞれに画壇が構築されて少しずつ異なる芸術文化が育まれてきました。本展ではそうした各画壇の系譜や画風の地域色などを横断的に理解できる展示が行われ、近代日本画の流れを知るには恰好の機会となります。

第2弾記念展『光陰礼讃』、第3弾記念展『古美術逍遥』も注目!

打って変わって、5月21日から7月31日まで行われるリニューアル・オープン記念展第2弾『光陰礼讃 − モネからはじまる住友洋画コレクション』は、フランス絵画を中心とした近代洋画の企画展です。

クロード・モネ《モンソー公園》1876年 泉屋博古館東京

本展の目玉展示となるのは、住友洋画コレクションの中でも最初期に購入されたクロード・モネの《モンソー公園》です。こちらは印象派の代表画家であるモネがパリ8区に今も現存する公園を描いた作品です。

一方で住友コレクションは、伝統的なサロンで活躍した大家、ジャン=ポール・ローランスらによる歴史画の作品も有しています。本展では、戸外の光を求めた印象派と陰影による実在感を追求した写実派という同時代の絵画を並べ、さらに両者の流れを汲んで展開されていった近代絵画の数々が展示されます。

そして、9月10日から10月23日まで開催される第3弾のリニューアル・オープン記念展『古美術逍遥 − 東洋へのまなざし』では、日本画や中国絵画、茶の湯の道具、仏教の世界など国宝・重要文化財を含む東洋美術の名品が一堂に会します。

《小井戸茶碗 銘 六地蔵》朝鮮時代(16世紀)泉屋博古館東京

3つの展覧会をすべて見れば、洋の東西を問わず世界から幅広く収集されてきた住友コレクションの真髄を知ることができるでしょう。

ミュージアムショップ&HARIO CAFEもオープン!

今回のリニューアルではミュージアムショップも新設。定番みやげの絵はがきや展覧会図録のほか、トートバッグやブックカバー、チケットホルダーなど収蔵作品をモチーフにしたアイテムがたくさん揃っています。かわいいものばかりなので、どれをおみやげにしようか迷うこと間違いなし!

また、耐熱ガラスメーカーのHARIOが運営する「HARIO CAFE」が館内に併設。美術館を囲む庭園を眺める席に腰をかけて、HARIOの器具で淹れたおいしいコーヒーや紅茶が味わえます

ついに3月19日に本格リニューアルオープンを迎える「泉屋博古館東京」。ぜひ新しくなった建物で住友コレクションが誇る名画・名作を堪能してみては。
(DATA)
泉屋博古館東京
所在地:東京都六本木1-5-1
アクセス:東京メトロ南北線 六本木一丁目駅 北改札 正面出口より、泉ガーデン屋外エスカレーターで徒歩約5分

《展覧会情報》
『泉屋博古館東京リニューアルオープン記念展Ⅰ 日本画トライアングル 画家たちの大阪・京都・東京』
会期:2022年3月19日(土)〜5月8日(日)
   ※前期:3月19日(土)〜4月10日(日)、後期:4月12日(火)〜5月8日(日)
開館時間:11:00〜18:00
     ※金曜日は19:00まで開館
     ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日
    ※3月21日(月・祝)は開館、22日(火)は休館
入館料:一般1,000円 高大生600円 中学生以下無料
    ※20名以上は団体割引料金(一般800円、高大生500円)
    ※障がい者手帳ご呈示の方は無料

より詳しい施設情報、および第2弾、第3弾のリニューアルオープン記念展の詳細情報は下記の公式ホームページをご覧ください。

https://sen-oku.or.jp/tokyo/

関連記事

「大英博物館 北斎」鑑賞レポート 西洋を魅了した江戸の天才絵師・葛飾北斎の画業をイギリスから里帰りした傑作で辿る

2022年4月28日

「大英博物館 北斎 ー国内の肉筆画の名品とともにー」が港区・東京ミッドタウンのサントリー美術館で6月12日(日)まで開催されています。ここでは4月16日の開幕に先立って行われたプレス内覧会の様子とともに本展の見どころを紹介していきます。 西洋を驚かせた「HOKUSAI」の傑作が東京へ里帰り 宝暦10年(1760)に江戸の本所(現在の東京都墨田区)で生まれた葛飾北斎。《冨嶽三十六景》や『北斎漫画』などの代表作で知られ、当時の風景や人、風俗を描いた作品は古き良き日本の風景として現代の我々の心にも強い感動を与えます。一方で北斎の作品は明治時代以降になって西洋にも渡り、モネやゴッホら印象派やポスト印象...

「美少女戦士セーラームーン ミュージアム」体験レポート! 港区にゆかりある名作の30年を計180点のカラー原画と関連グッズなど600点以上の資料で振り返る

2022年7月11日

少女漫画の金字塔『美少女戦士セーラームーン』の連載開始30周年を記念した「美少女戦士セーラームーン ミュージアム」が7月1日に港区・六本木の六本木ミュージアムで開幕。12月30日まで3期にわたって開催される本展を開幕前日の内覧会でひと足早く体験してきました! 麻布十番が舞台のモデルになった伝説的作品の展覧会 講談社の月刊誌「なかよし」で1991年から1997年まで連載された漫画『美少女戦士セーラームーン』(以下、セーラームーン)。少女たちがヒーローに変身するという当時斬新だったストーリーで話題を集め、1992年にはアニメ化。社会現象的な人気を呼ぶだけでなく、セーラー戦士たちの活躍は多くの子ども...

「『鬼滅の刃』 吾峠呼世晴原画展」を鑑賞 実際に会場を見て感じた“スゴいところ”は?

2021年11月2日

吾峠呼世晴氏による漫画『鬼滅の刃』の直筆原画450点以上が公開される「『鬼滅の刃』 吾峠呼世晴原画展」が、10月26日から12月12日まで港区・六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリーで開催されています。この秋からテレビアニメも再開し、まだまだとどまることを知らない“鬼滅ブーム”。そんな大ヒット漫画初の原画展で「スゴい!」と感じた感動ポイントを実際の会場風景とともにお伝えします。 漫画『鬼滅の刃』の作品紹介と本展の概略 『鬼滅の刃』は、週刊少年ジャンプにて2016年2月から2020年5月まで連載された吾峠呼世晴作の漫画作品です。物語の舞台は大正時代の日本。人を食う鬼に家族の命を奪われた炭売りの...

東京・六本木の国立新美術館「庵野秀明展」鑑賞レポート 『新世紀エヴァンゲリオン』から『シン・ゴジラ』、そして『シン・仮面ライダー』へと続くヒットメーカーの軌跡

2021年10月7日

今年の春に最終章『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開された『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズや特撮映画に新風を起こした『シン・ゴジラ』で総監督を務めるなど、アニメや映画を通じて数々のブームを生み出してきた庵野秀明氏。彼のこれまでの足跡を辿る世界初の展覧会「庵野秀明展」が10月1日から港区・六本木の国立新美術館・企画展示室1Eで始まりました。1500点以上の資料や映像を通じて庵野氏のこれまでとこれからを紹介している本展の見どころを、開幕前日の内覧会のレポートを交えて紹介します。 すべては「一台のミシン」から始まった まずは庵野氏の略歴を簡単に紹介しましょう。昭和35年(1960)に山口県で生...