六本木・国立新美術館で開催中!「ルートヴィヒ美術館展」鑑賞前に知っておきたい5つのポイント

ドイツ・ケルン市のルートヴィヒ美術館が所蔵する150点の美術作品が展示される「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡 — 市民が創った珠玉のコレクション」が、6月29日に港区・六本木の国立新美術館で開幕しました。9月26日まで開催中の本展には、ピカソ、シャガール、ウォーホル、リキテンスタインら20世紀以降の巨匠による作品が多数来日。前半では20世紀初頭に起こったドイツ表現主義とロシア・アヴァンギャルドの名作をじっくり鑑賞し、後半はシュルレアリスム、ポップ・アートから現代の前衛芸術までの潮流を多数の作品を通じて理解できる構成になっています。ここでは実際の会場の様子とともに、本展の見どころを5つのポイントでわかりやすく紹介していきます。

①「市民が創ったコレクション」に光をあてた企画展

今回の展示作品の所蔵元であるルートヴィヒ美術館は、ドイツ西部の都市・ケルンにあります。開館したのは1986年のこと。同じ市内で中世以降の芸術を収めるヴァルラフ=リヒャルツ美術館から1900年以降の近代美術コレクションが移管され、そこに市民コレクターから寄贈された同時代の芸術作品が集まって20世紀以降の芸術を中心とした美術館が誕生したのです。

ルートヴィヒ美術館展 東京会場 会場風景

市民コレクターの中でも特に貢献が大きかったのが、冒頭のプロローグに肖像画が飾られているヨーゼフ・ハウプリヒとペーター・ルートヴィヒです。弁護士だったヨーゼフ・ハウプリヒは1920年代の頃から収集した美術品の多くを1946年にケルン市へ寄贈。戦前、ドイツの近代美術の中にはナチスによって「退廃芸術(愚かで非道徳的な芸術)」として迫害されたものも多く、彼の中にはそうした作品の価値を復興させたいという思いがありました。

一方で、美術館の名前にもなったペーター・ルートヴィヒは夫人のイレーネとともに近代芸術の著名なコレクターでした。特にピカソやポップ・アートへの造詣が深く、夫妻の寄贈によりルートヴィヒ美術館はこれらの作品でヨーロッパ有数の知名度を得ることになりました。二人以外にもパイル夫妻の近代美術コレクションなど市民コレクターから近・現代の作品が寄贈されました。本展ではそうした市民コレクターたちにも光をあてています。

②ドイツ表現主義とロシア・アヴァンギャルドに注目

序盤では、近代の東西ヨーロッパでほぼ同時期に起こった前衛的な芸術運動に注目しています。第1章「ドイツ・モダニズム — 新たな芸術表現を求めて」では、ハウプリヒの寄贈作品を中心に19世紀末から20世紀前半に起こったドイツ表現主義や新即物主義(ノイエ・ザハリヒカイト)の作品が集められています。

右/ワシリー・カンディンスキー《白いストローク》 1920年 左/パウル・アドルフ・ゼーハウス《山岳の町》 1915年

19世紀後半に起こった印象主義が目に見えるものの外観を描いたのに対して、ドイツ表現主義は感情や精神といった内面的なものを表現することに主眼が置かれました。その中で中心的な役割を果たしたのが、本展にもその作品が多数来日している「橋(ブリュッケ)」と「青騎士」という2つの芸術集団の画家たちです。

ケーテ・コルヴィッツ《哀悼》 1938年

一方でナチス統治下のドイツでは近代美術は退廃芸術として迫害の対象になることがありました。ドイツ表現主義の後に、社会批判の色を持って生まれた新即物主義の作品である《エドゥアルト・プリーチュ博士の肖像》も一旦はナチスに接収された来歴のある作品のひとつです。

左/イワン・クリューン《3色のスプレマティズムによるコンポジション》 1917年頃 右/グスタフ・クルツィス《ダイナミックな街》 1919年

次の第2章「ロシア・アヴァンギャルド — 芸術における革命的革新」には、ドイツ表現主義とほぼ同時期にロシアで起こった「レイヨニスム」「スプレマティズム」といった絵画様式の作品が見られます。こちらの展示は「世界芸術」を標榜し、西側とは異なる政治体制にあったロシアの芸術も収集対象としたルートヴィヒ夫妻のコレクションを中心としています。

③世界3位の所蔵数を誇るピカソコレクションから名作が来日

ルートヴィヒ夫妻は世界有数のピカソコレクターとして知られていました。第3章「ピカソとその周辺 — 色と形の解放」には、その夫妻のコレクションから来日した8点のピカソ作品を軸に、ジョルジュ・ブラック、モディリアーニ、マティスら、ピカソと同時代に活躍した巨匠たちの作品を展示しています。

アメデオ・モディリアーニ《アルジェリアの女》 1917年

キュビスム確立の段階で制作された《グラスとカップ》、代表作の《ゲルニカ》とほぼ同時期に同じく反戦への思いを込めて制作された《アーティチョークを持つ女》、晩年の円熟味を感じさせる《眠る女》や《アトリエにて》など、ピカソの各時代を辿る作品は必見です。

④戦後からこれまでに続く現代アートの潮流がわかる

後半の第4章から第7章は、シュルレアリスム、ポップ・アート、その後の前衛芸術や抽象美術へと続く流れを時系列で見せる展示になっています。なかでもポップ・アートはルートヴィヒ夫妻が好んだジャンルのひとつであり、ジャスパー・ジョーンズの《0-9》、ウォーホルの《ホワイト・ブリロ・ボックス》、リキテンスタインの《タッカ、タッカ》など美術ファンでなくてもその名を知る人が多い巨匠の作品を見ることができます。

ヴォルス《タペストリー》 1949年

その他の作品も市民コレクターの収集した作品がほとんどで、貴重な作品たちを通じて、戦後からこれまでにわたる現代アートの潮流を辿るような体験ができるでしょう。

⑤世界有数の写真コレクションにも注目を!

もうひとつ本展で特筆すべき点が、全編にわたって各テーマと関連して展示されている豊富な写真作品です。1977年を皮切りにグルーバー夫妻から購入・寄贈された写真コレクションを基盤として形成された、質・量ともに圧倒的な写真コレクションもルートヴィヒ美術館の重要な側面です。

会場風景

手前/アウグスト・ザンダー《菓子職人》 1929年(プリント:1960年頃)

戦前のドイツを写した作品のほか、往時のソヴィエトを写した作品、70年代のニューヨークを生きる女性たちを生き生きと写した写真などからは、それぞれの時代性が伝わってきます。

会場風景 手前/アブラム・ステレンベルク《ウラジーミル・マヤコフスキー、詩人》 1919年

以上、「ルートヴィヒ美術館展」の見どころをお伝えしました。幅広いジャンルにわたる展示は掘れば掘るほど奥が深く、ぜひ現地でじっくり鑑賞することをおすすめします。早くも猛暑が襲ってきている今年の夏。屋内で楽しむ美術鑑賞は“涼しい観光”としてもぴったりです。ぜひ国立新美術館で近・現代アートの百年を堪能してください。

「ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡 — 市民が創った珠玉のコレクション」は、6月29日から9月26日まで港区・六本木の国立新美術館で開催中です。
(DATA)
ルートヴィヒ美術館展 20世紀美術の軌跡 — 市民が創った珠玉のコレクション
会期:2022年6月29日(水)~9月26日(月) ※毎週火曜日休館
開館時間:10:00~18:00 ※毎週金・土曜日は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで
会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京・六本木)
観覧料(税込):2,000円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)
お問い合わせ: 050-5541-8600(ハローダイヤル)
展覧会HP: https://ludwig.exhn.jp

関連記事

【動画記事】お台場「マダム・タッソー東京」を体験! マイケル・ジャクソン、菅田将暉、羽生結弦らスーパースターの等身大フィギュアが集まる夢の空間へ

2022年7月5日

上の写真を見て「え、これって本物の菅田将暉!?」と驚いた方も多いのでは。実はこれ、お台場のデックス東京ビーチにある「マダム・タッソー東京」に展示されている等身大フィギュアなんです。世界に25の常設施設があるうち、日本で唯一となるお台場の施設は、世界のセレブたちの等身大フィギュアが大集合している夢の空間。今回は70体以上ある展示の中から一部を抜粋してご紹介します。 マツコ・デラックスが来場者をお出迎え 「マダム・タッソー東京」があるデックス東京ビーチへは、ゆりかもめの「お台場海浜公園駅」が最寄駅。海側のアイランドモールと陸側のシーサイドモールの2棟があるうち、アイランドモールの3階にチケット売り...

3年ぶり開催「東京湾納涼船2022」を体験! 3代目さるびあ丸にリニューアルの納涼船で東京湾の夜景を満喫

2022年7月6日

東京湾の夏の風物詩といえば、やはり竹芝埠頭を出港する「東京湾納涼船」。一昨年、昨年は感染症拡大防止の観点から開催中止となりましたが、2022年は3年ぶりの開催が決まりました。しかも今年は使用される客船が「3代目さるびあ丸」にリニューアル。そういうわけでさっそく7月1日の運航開始日に乗船して東京湾納涼船の魅力に迫ってきました! 浴衣姿で乗船の方は“500円OFF”の割引も! 2022年の「東京湾納涼船」は7月1日(金)から9月11日(月・祝)まで開催。出航するのは東海汽船運航の伊豆諸島への船便が発着する竹芝客船ターミナルです。マストのオブジェが目印の竹芝客船ターミナルは新橋駅からゆりかもめで約4...

「美少女戦士セーラームーン ミュージアム」体験レポート! 港区にゆかりある名作の30年を計180点のカラー原画と関連グッズなど600点以上の資料で振り返る

2022年7月11日

少女漫画の金字塔『美少女戦士セーラームーン』の連載開始30周年を記念した「美少女戦士セーラームーン ミュージアム」が7月1日に港区・六本木の六本木ミュージアムで開幕。12月30日まで3期にわたって開催される本展を開幕前日の内覧会でひと足早く体験してきました! 麻布十番が舞台のモデルになった伝説的作品の展覧会 講談社の月刊誌「なかよし」で1991年から1997年まで連載された漫画『美少女戦士セーラームーン』(以下、セーラームーン)。少女たちがヒーローに変身するという当時斬新だったストーリーで話題を集め、1992年にはアニメ化。社会現象的な人気を呼ぶだけでなく、セーラー戦士たちの活躍は多くの子ども...

東京・港区のミュージアムショップで人気のオリジナルグッズ5選~森美術館&アドミュージアム東京~

2022年5月20日

個性豊かな展示施設が点在している東京・港区。その中にはおみやげにぴったりなオリジナルアイテムが手に入るミュージアムショップ併設の施設もあります。そんなミュージアムショップの逸品たちを紹介する本企画。第2回は「森美術館」と「アドミュージアム東京」のグッズを紹介します。 六本木ヒルズ森タワーの最上層にある現代アートの殿堂「森美術館」 六本木ヒルズ森タワー53階にある森美術館。2003年に開館し、世界の先鋭的なアートや建築、デザインなどに関する多彩な展覧会を多数開催してきました。日本やアジア太平洋地域における現代アートのコレクションも形成。さまざまなラーニング・プログラムも盛んに開催し、東京を代表す...