海と風を感じる東京湾クルーズ!港区最新”夜のウォーターフロント”特集

東京湾を行き交うクルージング船からの眺めは、東京のベイエリアの魅力がぎゅっと詰まったきらびやかな光景。海と風をたっぷりと感じながら、水辺をのぞむ景色は、いつもの東京とはひと味違った魅力が堪能できます。船でにぎわわうベイエリアに、今夏は船客待合所とレストランで構成された複合施設が新たにオープン!港区ベイエリアから出航するクルージングと水辺の新施設で、ぜひゆったりと流れる時間を満喫しみてはいかがでしょう?

Hi-NODE – 地域と地域、人と人を結ぶ、港区の新しい水辺の施設

東京の日の出埠頭に満を持して開業した「Hi-NODE(ハイノード)」。「Hi-NODE」とは、「Hi=高い、盛んな、わくわくする」と、「NODE =結び、交点、結節点」を結びつけた造語。日常と非日常の融合した水辺を楽しむ新施設。

「Hi-NODE」はクルーズ船等の発着場と、木々に囲まれた広い芝生広場、そして雄大な海をのぞむ広いテラス付きのカフェ・レストランの複合施設です。
海をのぞむテラス付きカフェ・レストランの先には、発着場が。目の前で船が行き交う様を観ながらのディナーは最高です。海を通して新しい世界と出会える、港区の玄関口のような存在として生まれた「Hi-NODE」。

気取らず大人から子どもまで誰もが楽しめる空間でありながら、海辺沿いのとてもゆったりとした上質な時間が流れる施設です。
都心でありながら、広々とした海に囲まれた環境の日の出ふ頭。東京湾の新スポットとして大注目です!

「Hi-NODE」の施設内は、1 F が船客待合所、レストラン& カフェB E S I D E S E A S I D E( ビサイドシーサイド)、そして2F はレストランB E R T H O N E( バース ワン)と、大きな建物内にとてもゆったりとした作りになっています。

レストランには、海に面したバルコニーやテラス席を設置。海辺のソファー席は人気必至間違いなし!行き交うクルーズ船を望みながら、のんびりとくつろげる、まさに上質な空間です。

さらにウッドデッキでは、BBQも楽しめます。たっぷりのお肉と野菜を並べて、友達や家族と野外でおもいっきりわいわい楽しめるBBQを、これほど海辺の間近でできる空間はなかなか東京にはありません!

各レストランのフードメニューも手の混んだ本格的なものばかり。パエリヤやタコのグリルといった魚介から、ビーフのグリル、バターミルクフライドチキンなどのお肉はもちろん、ブルーチーズグラタン、アラビアータなどなど、豊富にそろっていて迷ってしまうほど。

レストランにはテイクアウトカウンターもあり、軽食を購入して芝生広場でゆっくりと過ごすこともできます。
波と鳥のさえずりを聞きながら、お酒を片手に気軽に夜を過ごすのも最高です。

「Hi-NODE」では映画上映会や、地元のキッズダンサーによるチアダンスショーの実施もあり、今後は1階・2階のレストランと連携したDJイベント及びビアガーデンも予定されています。
DJイベントでは、芝生のソファーベットに寝転んだり、DJと一緒に踊ったり、野外のイベントならではの楽しみ方も魅力です。

「Hi-NODE」の日の出-竹芝をつなぐ連絡橋を歩くと、東京にいながらも、ゆったりとした時間を生み出し、広大な海が広い世界へと連れて行ってくれる期待が膨らみます。
発着するクルーズ船はこれから色々決まっていく予定です。ぜひチェックして、東京港区の新たなウォーターフロントスポットに訪れてみては?
【営業時間】
待合所9:30~22:00
1F BESIDE SEASIDE(ビーサイドシーサイド)
営業時間※不定休
平日:11:00~14:30 LO、17:30~22:00 LO
土曜日:7:30~22:00 LO
日曜・祝日:7:30~20:30 L.O.

2F BERTH ONE(バースワン)
営業時間※不定休
平日:11:30~14:30(14:00L.O. )
17:00~23:00(22:00L.O.)
土日祝 :11:00~23:00(22:00L.O.)
広場は24時間利用可能です。
Hi-NODEの詳細情報はこちらから
イベントの詳細情報はこちらから

レストラン船シンフォニー– 東京湾をぐるりと回るハート型の航路!港区初のレストランクルーズ船

1989年東京湾初のレストラン船として開業した「シンフォニー」。現在は2隻の大型船が運行中。大切な記念日をお祝いする人たちが毎日集うレストラン船として、なんと365日運航されています!

シンフォニーの航路はハート形として有名です。「シンフォニーハートライン」と呼ばれ、2017年3月には「恋人の聖地サテライト」に選定され、恋人たちに大人気のクルーズ船。

クルーズ船という非日常の空間の中で美味しい食事と贅沢な時間を過ごすと、いつもは恥ずかしくていえない気持ちや感謝の言葉が伝えられたりするもの!記念日のお祝いやプロポーズなど様々なシーンのお祝いごとに、ぴったりのクルーズです。

ディナーコースは特に他のコースよりも運航時間が長いので、その分ゆっくりした時間を過ごせます。フレンチとイタリアンのレストラン会場ではピアノの生演奏が入り、より一層ロマンティック!

レインボーブリッジを通過し、東京ゲートブリッジ、舞浜、羽田空港を巡る、ハート型のコースで、東京湾の眺めもたっぷりと満喫できます。

品川、青海、大井の日本を代表するコンテナふ頭も夜には美しいオレンジ色のライトが点き、2時間30分のディナークルーズ中は常に東京湾の夜景に包まれて船は進んでいきます。
食事が終わったあとはオープンデッキに出て、レインボーブリッジの下を通過する瞬間は感動!豪華でとびきり美味しいディナークルーズはシンフォニーならでは。特別な日におすすめです。
シンフォニーの詳細情報はこちらから

貸切クルーズのジール - 納涼クルーズから、インフラ観光まで楽しみ方盛り沢山!

貸切クルーズのジール。日の出埠頭にできた新施設「Hi-NODE」にも発着予定です。
おすすめは、世界的な大会を控えてインフラ整備中の変わり行く東京港の景色を堪能できるインフラクルーズ!

東京港の入り口にできた巨大な橋 「東京ゲートブリッジ」や、話題の豊洲新施設、お台場、レインボーブリッジ、新しいトンネル、 大型客船ターミナルの新設工事など、今しか見られない東京港の大迫力な景色を一度に楽しめます。

また、夏の夜に最高な納涼クルーズでは、様々なタイプのクルーザーでの船上パーティーが人気。特に広々とした船上から眺める花火は格別です!

船上での立食スタイルのビュッフェ料理はもちろん、お酒が飲み放題のコースも。クルーザーの貸切は、海上で誰の目も気にしなくて良い空間。自由気ままに仲間内でにぎやかに楽しみたい人にはうってつけです!

ジールの就航コースの目玉は、東京港の玄関口にかかる巨大トラス橋「東京ゲートブリッジ」を、船ならではの真下を航行するコース。さらにもちろん外せないお台場エリアを通り、レインボーブリッジを目の前に、ゆったりと船を進めます。

次々と姿を変える船からの東京湾の眺めには感動の連続!1隻貸切で自由な発着時刻と場所が選択可能なので、大人数で自由に色々と回りたいときにはぴったりのクルージングです。
ジールの詳細情報はこちらから

屋形船縄定 – 情緒たっぷりの東京観光を演出してくれる屋形船。船上で揚げたての天ぷらを堪能!

屋形船といえば、やはり船内で揚げる、サクサクの天ぷら!縄定の天ぷらには特にこだわりがあり、新鮮なうちにサッと揚げて出しているため、常に熱々の江戸前天ぷらが食べられます。さらに、屋形船の船内で食べるという最高の贅沢感が合わさって、何にも勝るおいしいものに!

縄定で人気のお台場コースは、古川の桟橋から東京港を横切り、レインボーブリッジを通過し、台場に向かいます。
途中、船ならではの角度からダイナミックなレインボーブリッジの景色を楽しめ、特に夕方から夜にかけては、自然の美しさと東京港に反射するイルミネーションの美しさが相まって目を見張る風景に!

古きよき江戸の情緒を感じられる「船宿 縄定」。屋形船ならではのひときわ優雅で情緒ある日本の伝統的な世界を一度楽しんでみては?
船宿 縄定の詳細情報はこちらから
楽しみ方が様々なクルーズ船。東京湾の水辺、そして東京湾の海上からの眺めは、都内のビル群から眺める景色とはまた違った景色が広がります。水辺ならではのゆったりとした時間をぜひ優雅に楽しみに、足を運んでみて下さい!
また、2019年度の港区観光フォトコンテスト開催も決定しました。水辺からの港区の景色をぜひ撮りためておいてください。
※フォトコンテストの詳細は後日ホームページに掲載いたします。

関連記事

歴史とトレンドが交差!国際都市としての「港区」

2019年2月14日

現在、港区には多くの高層ビル群が立ち並び、商業・ビジネスの中心として、トレンドを作り出しています。今ではごく普通に感じられる景色ですが、100年ほど時間をさかのぼると、まったく別の風景が見えてきます。現在の港区地区は、関東大震災と第二次世界大戦で都市全体が2度に渡り壊滅的な被害を受け、多くの建物が瓦礫と化しました。しかし終戦後、旧日本軍施設の多くは米軍に引き継がれることになり、軍関係の施設の多かった港区にも米軍が駐留し、戦前からの各国大使館の存在もあり、新たに洋風の商業地が建設されていくことになります。また、日本が戦後復興に向かい、国際社会への復帰や、東京オリンピックの開催に伴う国際的...

港区の歴史を物語る!現代は憩いの場の「公園」

2019年2月14日

のんびり散歩をしたり、ベンチでお昼を食べたり、木陰で休憩したり。公園は、四季のうつろいを感じながら、子どもから大人まで思い思いに楽しめる市民の憩いの場です。そんな今日の「公園」が誕生は1873年までさかのぼります。明治政府からの「太政官布達」という政令で、「古来から名所旧跡といわれるところは公園として申し出よ」という通達が出され、芝、上野、浅草、深川、飛鳥山の5つの公園が制定されたことから「公園」が生まれました。このとき公園になった場所は、芝は増上寺、上野は寛永寺、浅草は浅草寺、深川は永代寺とその多くが境内の一部。また、大名屋敷の庭園も同様に公園に制定されていくことになり、これによって、古...

江戸時代から高級住宅地?港区に神社仏閣が多いワケ

2019年2月14日

港区の近代的なビルの間から、風情ある寺社が現れて、はっと足を止めたことはありませんか?それもそのはず。港区内に神社は約40ヶ社、寺院は約280ヶ寺もあります。古くは平安時代から高台のある地形もあり、港区には寺社が建立されてきました。江戸時代には大名屋敷が多数設けられ、東海道の江戸の入り口で警備上の要所であることから、多くの寺院が建立されることになりました。幕末には善福寺など4か所の寺院に、わが国初の外国公使館も設けられました。そして明治になると、大名屋敷はお屋敷や大使館になっていくのです。こういった歴史が、現在の高級住宅地へとつながっていっていると言っても過言ではないかもしれません。 善...

きらめく東京を一望!感動の港区”夜景スポット”特集

2019年7月19日

高層ビル群からベイエリアまで、どこまでもキラキラ輝く東京の夜景は、思わず見惚れてしまう美しさ。みなさんは、東京の展望台を訪れたことはありますか?360度東京を一望できる、有名な夜景スポットが港区にはたくさんあります。そんな感動的な夜景が見られる展望台と、一緒に周れる観光スポットを一挙にご紹介!魅力たっぷりの夜景を観に、ぜひ港区に足を運んでみては? 東京タワー - 港区から見渡す、長く愛されてきた東京のきらめき なんと言っても外せない、東京のシンボル「東京タワー」は、港区のシンボルでもあります。高度経済成長のシンボル的存在だったため、長く多くの人から愛されているタワーです。まずは高さ150mほど...