癒しの森を散策してリフレッシュ!東京・白金台の自然教育園

白金台の「自然教育園」は、都会のオアシスです。遠出しなくても、四季折々の草花に囲まれて、昆虫などの生きものを間近に観察できます。広い園内を散策すると、心も体も癒されます!今回は、「自然教育園」の見どころをご紹介します。

自然教育園の正式名称は、「国立科学博物館附属自然教育園」。天然記念物および史跡に指定されている緑地と史跡の維持管理をしています。ありのままの姿を残した植物の名前や特長が書かれた解説プレートが園内に配置されており、来園者は自然について学ぶことができます。広さは、20ヘクタール。東京ドームの約4倍もあり、とても広いです。

教育管理棟では、季節の見どころ情報が展示されているため、散策の前に見ておくと、注目ポイントがわかって、楽しいです。

いよいよ散策スタート!
広大な園内には深い森、草原、池や小川などがあって、場所によって雰囲気が全く異なります。

園内のあちらこちらに丘のようなところがあります。それらは「土塁(どるい)」と呼ばれ、外敵や野火を防ぐために500年前に人工的に作られたものです。

もともと、この土地には豪族の屋敷があって、「土塁」のように手入れされていた痕跡が残っています。東京が人口密集地になる前の自然をうかがい知る貴重な場所だそうです。

また、江戸時代には武家屋敷と庭園があり、「物語の松」と呼ばれている松の木を見ると、途中までは手入れよく剪定が行われ、枝がエレガントにグネグネとしています。しかし、剪定を止めた途端に、枝はピンと真っ直ぐに空に向かって育ったのがわかります。

もう一つの印象的なエリアは、森林エリアと全く雰囲気が異なる「水生植物園」と「湿地」です。水際に生える植物や、そこに生息する生き物を観察できます。

園内奥に進むと、「おろちの松」と呼ばれている大きな松の木があり、昔は山手線の車内からも見えたそうです。2019年秋の台風によって倒されてしまい、根っこが露出しています。木はまだ生きていて、しかも散歩道には倒れていないということで、松の木をそのままの状態にすることにしたそうです。

自然教育園は、自然保護の観点から300人しか同時に入園することができないので、混み合うことはありません。森林浴をしながら、木漏れ日を味わい、生き物を観察したり、開かれた湿地などを散策すると、心が本当に和みます。
皆さんも、東京都心で豊かな自然に触れてみませんか?

※ 開園時間や休園日については、公式ホームページでご確認ください。
※ 事前に季節の見どころを確認できる「見どころ情報」はこちらからアクセスできます。
http://www.ins.kahaku.go.jp/season/oldseason/index.php
※ 新型コロナウイルス感染防止対策として、入園前の検温・手洗い・手指の消
毒・マスク着用・咳エチケット等にご協力をお願いします。
*本記事は多言語にて配信しております。合わせてぜひご覧ください。

英語版 https://visit-minato-city.tokyo/en/articles/330
簡体字版 https://visit-minato-city.tokyo/zh-cn/articles/330
繁体字版 https://visit-minato-city.tokyo/zh-tw/articles/330
ハングル版 https://visit-minato-city.tokyo/ko-kr/articles/330

関連記事

動画で楽しむ東京散歩「白金台エリア」

2020年9月8日

東京・白金台には、驚くほど巨大な緑地を持つ2つの施設があります。「東京都庭園美術館」と「国立科学博物館附属自然教育園」です。今回はこちらの施設の魅力を動画でお届けします!自然にふれる散歩気分を動画でぜひ体感してください。 「東京都庭園美術館」を訪れると、皇族・朝香宮家の邸宅、そして90年前の東京の最先端の生活スタイルを垣間見ることができます。今や珍しいアール・デコ様式の家具やインテリアデザインを部屋を回遊しながら見学すれば、新しい発見がきっとあるはず!異なるテイストの3つのエリアに別れている庭園もお見逃しなく!日本庭園には茶室があり、芝庭と西洋庭園では自由に芝生で寝転がってOKです!※ ...

うららかな春を都心で満喫! 東京・港区の春のおすすめおでかけスポット特集

2020年3月20日

ポカポカと暖かくなり、お出かけ日和の日が増えてきたこの季節。今月の特集は、うららかな春を都心で満喫できる東京・港区の「春のおすすめおでかけ情報」をお届けします。桜に始まり、ツツジ、ハナミズキなど様々な花が見頃を迎えます。お散歩ついでにカフェやレストランで、この時期だけ出逢えるグルメを探してみるのもいいでしょう。憧れのウェディングスポットとして有名な場所や都心にいながら異国情緒に浸れるエリアなど、港区の名所へ春を探しに出かけてみませんか。(※新型コロナウイルスの影響により、紹介しているイベント等は中止・延期の可能性があります。詳しい情報は各施設にお問い合わせ下さい) 明治記念館 皇室ゆかりの気品...

東京・港区のお花見スポット 都心ならではの桜と街のコントラストを楽しもう!

2020年3月4日

例年3月下旬から4月上旬ごろにピークを迎える東京・港区のお花見シーズン。短い命を駆け抜けるかのように咲き誇る薄紅色の花は、新しい四季の始まりを告げるだけでなく、その美しさで見る人を温かい気分に包んでくれます。今回は港区観光協会がイチオシする4か所のお花見スポットを紹介。歴史ファンも楽しいスポットやライトアップされた夜桜が楽しめるスポットなど、都心ならではの個性豊かな花見の名所をご案内します。ショッピングやお食事を兼ねて、出かけてみてはいかがでしょう。 青山霊園 桜のトンネルを歩き、偉人たちの墓地を訪ねる 南青山にある青山霊園は、明治7年(1874年)に開園した都立霊園です。かつて、この場所には...

「マイルート」東京港区イルミネーション・クリスマスマーケット特集!

2019年12月20日

東京港区では来週のクリスマスや年末に向けて各地でイルミネーションやクリスマスマーケットが開催されています。主要なスポットを港区観光協会HPにある「マイルート」機能(コース作成機能)を使ってまとめてみました!!モバイル端末からページの二次元コードを読み取ると、現在地から各スポットへのルートが検索できます。街歩きのおともに、お友達とわいわい楽しむのに、「マイルート」をお使いください。「マイルート」の使い方は簡単!港区観光協会のHPにあるエリアガイドに掲載されている気になるスポットをクリックすると追加の案内が表示されます。共有する場合は、「マイルート」のページから「表示」をクリックすると...