【動画記事】東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」を体験! 2時間で楽しめるクルーズ旅行の旅

きっと誰もが憧れるクルーズ船の旅。クルーズというと何日もかけて行くような豪華客船の旅を想像する人が多いかもしれませんが、東京・港区には映画を観るくらいのちょっとした時間でそんな旅を体感できる船上レストランがあることをご存知でしょうか。港区の日の出埠頭を発着する東京ベイ・クルージングレストラン「シンフォニー」では、ランチからディナーまで4種の東京湾クルーズで豪華客船さながらの食事と船上からの絶景が楽しめます。今回はランチクルーズに乗船してシンフォニーの旅を初体験。実際の肌で感じたこのクルーズ船の魅力を紹介します!

カジュアルな服装でOK! 東京湾で楽しむショートクルーズの旅

ランチクルーズ、アフタヌーンクルーズ、サンセットクルーズ、ディナークルーズの1日4便を毎日運行(※1)している「シンフォニー」。今回乗船するランチクルーズは11時50分に日の出埠頭を出港して14時に帰港する約2時間10分の航路です。その他のクルーズも50分から2時間30分の航路で、いずれも一日の旅行プランの中に組み込みやすいスケジュールになっています。

※1 緊急事態宣言発令等に伴い、8月31日までは平日は全便運休、土日祝日はランチ、アフタヌーン、サンセットクルーズのみ運航中。(団体貸切チャーターは除く)

日の出埠頭の乗り場は、最寄りのゆりかもめ・日の出駅から徒歩約1分の距離。JR・浜松町駅や都営地下鉄・大門駅からも徒歩圏内の場所にあります。この日は午前中に増上寺や芝公園を敢行してから、11時過ぎには日の出埠頭に到着。外にチラリと見えるクルーズ船にワクワクした気持ちを感じながら待合スペースで乗船時間を待ちます。

乗船手続が始まって埠頭に出ると、そこにはシンフォニーが誇る「クラシカ」と「モデルナ」の2隻が並ぶ壮観な景色が。今日乗る「モデルナ」は全長約83m、乗船定員600名という4階建てのクルーズ船。もう片方の「クラシカ」は、全長約70m、乗船定員450名の3階建てクルーズ船で、主に貸切パーティーなどの際に運航されています。近くにはハート型のかわいいオブジェもあって、さっそくクラシカを背景に今日1枚目の記念撮影。そして制服をかっこよく着こなしたクルーの方に導かれて、タラップからシンフォニーの船内へ。

船内は「これぞ憧れのクルーズ船」と実感できるラグジュアリーなしつらえ。一方で特別なドレスコードはなく、カジュアルな服装で乗船OKというところに親しみやすさも感じます。船内の窓からは隅田川から東京湾へと抜ける水辺のパノラマを一望。

そしてとうとう時計の針は出港時刻の位置に。船内に鳴り響くドラの音とともに窓の景色が静かに動き始めます。周囲の乗船客からも「動いた!」という興奮の声が聞こえてきます。

乗船約50分のアフタヌーンクルーズを除いて、シンフォニーはレインボーブリッジと東京ゲートブリッジという2つの有名橋をくぐるハート形のルートを航行することで有名です。そのロマンチックさからNPO法人地域活性化支援センター公認の「恋人の聖地サテライト」になっていて、ウエディングプランのほか、スタッフの方が“人生の大勝負”をお手伝いしてくれる「プロポーズ大作戦」なんてプランもあるそう。二人の愛が確認できる「愛鍵」や、4名までで利用できる個室「アリア」もあるので、プライベートな時間を大切にしたい特別なデートプランにぴったり。

出港の興奮が冷めないまま、船はさっそくハイライトのひとつであるレインボーブリッジの目前
に到達。普段は遠くから眺めることが多いレインボーブリッジを船でくぐるという特別な体験は、ワクワクとドキドキが入り混じる不思議な気分です。貴重な瞬間を逃さぬよう早めにスマホを構えてここでも記念写真をパチリ。

そしてレインボーブリッジを通過した後に見られるのは、橋の下に東京の街が収まるスペシャルビュー。まさしく東京のビル群の上に“虹”のようにかかるレインボーブリッジに感動してしまいました。

船上で味わう本格フランス料理に幸せ

さて、「クルージングレストラン」を銘打つだけに、移り変わる窓の景色を楽しみながら自慢の料理に舌鼓を打つというのがシンフォニーの旅の醍醐味。「フランス料理」「イタリア料理」「お寿司」がバラエティ豊かなコースを船上にいながらにして味わえるのが、このクルーズのすごいところ。カウンター席で職人の握りたてがいただけるお寿司も魅力的でしたが、今回は迷いに迷った末にフランス料理をチョイスしました。

本日のスープ ガスパチョ

白身魚ブランダード タルタルソースを添えて

景色の移ろいを楽しみながら一皿ずつサーブされる本格フランス料理のコース。どのお料理も食べてしまうのがもったいないくらい綺麗で、まるで窓に映る景色に負けじと、一皿一皿が主張しているかのよう。「SYNPHONY」のチョコレートプレートが輝くデザートもとってもかわいくて、う〜ん、目にもお腹にも至福なり♪

牛肉のパテ 鶏もも肉 香草パン粉焼き

本日のパティシエ特製デザート

大きな運搬船が係留する大井埠頭のコンテナヤードや「東京風ぐるま」の巨大風車を眺めながら、ゆったりと食事を堪能。そして食後はトップデッキへ移動して、カモメがすいすい行き交う青空と雄大に広がる青い海、そして肌を撫でる潮風に抜群の開放感を感じます。

男性や子どもも感激間違いなしの絶景航路

やがて航路はこのコースのもうひとつのハイライトである東京ゲートブリッジの方面へ。2体の恐竜が向かい合っているかのようなシルエットから「恐竜橋」とも呼ばれるこの橋。その下をくぐれるのもシンフォニーならではの体験です。船内でこっそり教えてもらった情報によると、当日の海の状況によっては、“恐竜”の間に東京スカイツリーが収まる風景も見られるそう。この日は、恐竜に“食べられそうな”スカイツリーをバッチリ見ることができました。

東京ゲートブリッジを過ぎたところでほぼ折り返し時点。中央防波堤の周囲をぐるっと回り、今度は羽田空港の方面へぐいぐいと近付いていきます。管制塔や第二ターミナルの建物、その周りに駐機する大量の機体を眺めつつ、上空には空港を離発着する旅客機のオンパレード。もはや説明不要ですが、この角度から羽田空港が眺められるのはシンフォニーの船上だからこそ。さらに、この日はちょうど船のすぐ斜め上を直陸前の旅客機が轟音とともに飛んでいくド迫力の場面に遭遇。このあたりは乗り物好きの男性や子どもたちにも絶対におすすめしたいポイントです!

帰りの航路ではソプラノ歌手・岩田悠さんのミニコンサートを鑑賞。おなじみの名曲を岩田さんの綺麗な歌声で聴き、下船前にはおみやげの「シンフォニーベア」もゲットして、最後の最後まで楽しい時間を過ごせました。

景色、食事、イベントと、クルーズの旅で出逢える三拍子のお楽しみが、約2時間の航路の中に詰まっていたシンフォニーの東京湾クルーズ。時計を見ると、時間はまだ14時半。もうすでに一日分の楽しみを満たしちゃった気がするけど、近くの竹芝や浜松町でもうちょっと観光を楽しみたいと思います!

関連記事

「第21回港区観光フォトコンテスト2023」作品応募受付開始のお知らせ

2023年9月28日

港区の名所・旧跡、四季の風物詩から隠れたスポットまで、写真を通じて港区の魅力を再発見することを目的に毎年開催している港区観光フォトコンテスト。2023年11月1日より、一般部門と甲子園部門(※中高生対象)の2部門にて「第21回港区観光フォトコンテスト2023」の作品応募受付を開始します。今年度は新たに特別エリア賞とテーマ賞を新設!入賞者には豪華賞品をプレゼント。たくさんのご応募お待ちしています!【応募受付期間】2023年11月1日(水)~2024年1月10日(水)【募集要項・応募方法等の詳細はこちら】◎一般部門https://minato-kanko.mitte-x.ists...

伊豆・小笠原諸島の玄関口「竹芝客船ターミナル」でシーサイドビューを満喫!

2023年9月25日

竹芝ふ頭は、東京都に属する伊豆・小笠原諸島の玄関口。1991年からはじまった竹芝ふ頭の再開発事業に伴い、オフィスビルやホテル、レストランや海上公園などが、竹芝客船ターミナルとして一体的に整備されました。この竹芝客船ターミナルは、船の発着口としてはもちろん、目の前の海を臨みながら散策や食事などができるエリアとして、多くの人に親しまれています。今回は、そんな竹芝客船ターミナルの思わず写真を撮りたくなるスポットを紹介します。 中央広場から待合所まで、見どころが盛りだくさん 1995年の東京臨海新交通臨海線・ゆりかもめの開業と共に、全ゾーンが完成した竹芝客船ターミナルは、ゆりかもめの竹芝駅に隣接。中央...

茶道や手巻き寿司を体験。八芳園で“日本文化”に触れるひととき

2024年1月25日

約1万坪の広大な日本庭園を有する八芳園は、2023年に創業80周年を迎えました。江戸時代から続く日本庭園は、誰でも入場無料で散策でき、四季折々の景色を楽しむことができます。そんな日本の美と伝統を伝えてきた八芳園に、「日本文化体験」という新しいプランが誕生しました。いくつかあるコンテンツの中から、今回は海外の方にも人気だという「茶道体験」と「手巻き寿司体験」を紹介します。 庭園の中で“茶の湯”の世界に浸る 港区白金台にある結婚式場やレストランなどを手掛ける八芳園は、地下鉄の白金台駅から徒歩1分ほど。目黒駅や品川駅などの主要な駅からはタクシーで5分ほどです。まずは正門をくぐって、本館に向かいましょ...

自然教育園を支える仕事人と道具に注目!園内散歩がより楽しく、より面白く!

2023年6月8日

港区白金台にある国立科学博物館附属自然教育園は、東京の都市部にありながら、自然の営みに触れることのできる貴重なスポットです。約20ヘクタール(約6万坪)の敷地内では、これまでに1473種の植物、約2130種の昆虫、そして約2800種の動物が記録されているのだとか。そんな自然教育園では、企画展の「植生管理の仕事人 ~自然教育園の道具たち~」が7月9日まで開催中。植生管理とは、用途や目的に応じて自然環境を人の手によって管理すること。自然教育園がどのように植生管理されているのか、たっぷりと学んできました! イラストやマンガで植生管理の仕事を紹介するシリーズ第2弾! 自然教育園は目黒駅から徒歩9分、白...