【動画記事】インバウンド観光の受け入れに積極的な港区 芝パークホテルではたらく外国人スタッフに聞く「あなたの好きな港区」は?

国際空港からのアクセスも良く、日本の玄関口として機能している東京・港区。港区は六本木、品川、お台場、東京タワーなど世界的に有名な街やスポットが点在する人気の観光エリアとしてだけではなく、86の大使館が集まり、総人口のうち外国人住民が8%を占めるという、日本在住の外国人の方にも人気のある地区です。それでは実際に港区が外国人の方々を魅きつけるポイントはどんなところなのでしょうか。ここでは74年前の創業当初から数多くの外国からのゲストをもてなしてきた「芝パークホテル」ではたらく外国人スタッフの方に「あなたの好きな港区」についてお話を伺いました。

あの「オールブラックス」も滞在した歴史あるホテル

エントランスをくぐると中央大階段の壁全体に設られた巨大な書棚に圧倒されるシックな空間。一昨年に大リニューアルを行った「芝パークホテル」は、1948年(昭和23年)に開業した歴史あるホテルです。

外国貿易使節団ホテルとして始まった同館は、70年以上の歴史を通じて外国から来日するゲストに親しまれてきたホテルであり、過去にはニュージーランド代表やフランス代表といった世界的強豪のラグビーチームも数多く滞在したことでも知られています。現在も外国人宿泊客へのおもてなしに力を入れ、11名の外国人スタッフの方々が心地よい滞在をサポートしています。

「新橋は素直な日本の風景を感じる場所」

まず一人目にお話を伺うのは、韓国・ソウルご出身の金正煥さんです。金さんは2003年に来日。18年前に芝パークホテルに入社され、ベルボーイ、フロントスタッフなどを歴任後、現在は副支配人として若手スタッフの教育や指導を担当されています。

——-まず初めに金さんが港区の中でお気に入りのスポットを教えてください。

港区には本当にさまざまなおすすめのスポットがあります。その中で私は迎賓館赤坂離宮が好きです。入社した頃の社員研修で社長に連れて行ってもらったことが好きになったきっかけです。その前から存在は知っていましたが、なかなか訪れるチャンスがありませんでした。初めて訪れてみて、日本にいるのに西洋で見るようなゴシック建築の雰囲気を感じたことが印象に残っています。他の方々にもぜひ行ってみてほしい場所です。

——-初めて港区を訪れた時に感じた街の印象を教えてください。

特に印象的だったのは上場企業のオフィスがたくさんあることでした。そして商業地区の中にもあいだあいだに住宅地があったりして静かな街も共存していることも印象に残ったことを覚えています。また、大使館や領事館が集まる地域もあって、散歩する時間がすごく新鮮で歩けば歩くほど魅力がある街だと感じましたね。

——-お仕事でもいろいろなスポットをご案内されることが多いと思います。外国から訪れる観光客の方におすすめしたい場所はどこですか?

自分の知り合いが来た時やお客様から聞かれた時におすすめしているのは新橋エリアです。小さな居酒屋や飲食店があって、仕事帰りの会社員の方々も集まっていて、素直な日本の風景を感じる場所のひとつです。外国人の目線からだと居酒屋さんの看板や夜景の雰囲気が日本独特の街の色なので、ぜひそうした街の楽しさを感じてもらいたいです。

——-確かに日本人にとっては“サラリーマンの街”として有名な新橋の街も、外国人の方の眼には珍しい風景に映るかもしれませんね。そのほかにも、観光でいらっしゃる外国人の方に楽しんで欲しいポイントはありますか?

目的はさまざまだと思いますが、買い物であれば銀座にも近いですし、お台場もあります。港区の中にはミシュランガイドに紹介されているような美味しいお店もたくさんあるので、ショッピングを兼ねて、そういうグルメな旅もおすすめしています。

——-芝パークホテル周辺にも金さんおすすめのグルメスポットはありますか?

芝パークホテルのPRだと思われそうですが、私どもの館内にある「北京」という中国料理レストランがおすすめです。日本のホテルに入っている店としては最も長い歴史がある中国料理レストランです。味が良いことはもちろんで、オープン当初は中国料理を作れるシェフがいなかったので、わざわざ中国からシェフを招いてレストランをオープンしたという歴史があります。その伝統の味を60年以上守り続けながら今も愛されています。ちなみに私は「四角い黒酢豚」が一番好きなメニューです。

——-金さんが思う芝パークホテルのおすすめポイントは?

私どもは図書館のようなライブラリーホテルをコンセプトにしておりまして、落ち着いた雰囲気でゆっくり過ごしていただけることを目指しています。また「ザ ダイニング」というレストランも私どもの強みでして、こちらでは和洋中のおいしい料理を提供しております。都心のど真ん中にあるホテルですが、いらっしゃるお客様は都心の騒がしさを忘れてくつろいでいただけるホテルだと思います。

「写真を撮るなら六本木ヒルズの展望台が最高!」

続いて二人目にお話を伺ったのは、インドネシア・スラバヤご出身のドゥイ・レトノさんです。今年で来日10年目を迎えるドゥイさん。現在は芝パークホテルのフロントスタッフとして、チェックイン業務のほか、滞在中のお客様へのケアや街案内などの業務を担当されています。

——-港区内でドゥイさんがお気に入りの場所を教えてください。

港区はすごく良い街だと思います。昔からの歴史と新しい日本が融合する街なんですけど、日本に来てからすごく気になった場所はひとつだけ。それは東京タワーです。私の中では最も日本らしいと思う場所です。

——-初めて港区を訪れた時、この街にどんな印象を持ちましたか?

芝パークホテルで働く前は旅行会社に勤めていました。その前は旅行系の専門学校に通っていて、すごくいろいろなことを勉強しました。港区に来て最初に印象的に感じたのは街の歴史です。昔ながらのものを守りながらも新しい建物、新しい技術、新しい雰囲気があって、そこがとてもいいところだと思っています。

——-御館がある芝周辺は増上寺があったり、おしゃれなレストランやカフェがあったりと、港区の中でも特に新旧のものが混じり合う街並みですよね。ドゥイさんが感じるこの街の好きなところは?

港区にはその時々の気分に合わせて行ける場所がたくさんあります。例えば、私は写真を撮ることが好きなので六本木ヒルズの展望台は特におすすめのスポットです。そのほか、グルメもミシュランガイドに載っているお店がたくさんあります。もし自然を楽しみたいなら、隣の中央区ですが当館から20分ほど歩いたところに浜離宮の庭園がありますし、ここのすぐ近くにも芝公園があります。外国の雰囲気を感じる大使館もたくさんあってとてもいい雰囲気です。

——-フロントスタッフとしてお客様とお話しする機会が多いと思いますが、普段、外国から訪れたゲストの方にどんな観光スポットをおすすめされていますか?

初めて東京に来たというお客様の場合は、まずはお客様に何をされたいか伺うことにしています。「ゆっくりしたい」というお答えの時も「どんなことがお好きですか?」と会話をして、例えば美術館をご案内したり、少しラグジュアリー感のあるグルメをご案内したり、ここから10分ぐらい歩けば老舗の日本食などもありますので、そちらはいかがでしょうかとおすすめしています。

——-芝パークホテルの周辺でドゥイさんが好きなグルメを教えてください。

当館の「ザ ダイニング」もおすすめですが、私が一番好きなのは芝にある「とうふ屋うかい」という日本料理店です。雰囲気がすごく好きで、街の中にあっても自然が豊かですし、東京タワーもすごく綺麗に見えますし、食べるだけではなくていろんなことが体験できます。豆腐料理なのでヘルシーでヴィーガンの方々にも喜ばれますね。

——-港区を訪れる外国人観光客の方に、この街をどんなふうに楽しんで欲しいですか。

港区といえば、歴史、街、そしてエンターテイメントもすごく集まっている場所。モダンな日本、モダンな東京、その中に古い東京もあるので、本当におすすめの観光地です。

——-最後にドゥイさんが思う芝パークホテルのおすすめポイントを教えてください。

芝パークホテルは2020年の11月にライブラリーホテルとしてリブランディングしました。もちろん本も楽しめますし、食べ物も和洋中が同じ場所で楽しめるレストランがあります。70年以上の歴史があるので、ご年配の方に親しまれるイメージをお持ちの方もいるかもしれまんが、特にライブラリーは“インスタ映え”もする空間ですので、本を読んでいる瞬間などを撮ってアップしたら、きっと「カッコいい!」と思ってもらえるはずです。

インバウンド観光に人気の街・港区の魅力は伝わりましたか。ぜひ、日本を訪れる際は港区に足を運んでいただき、そして、できればぜひ芝パークホテルにステイして素敵なスポットを見つけてみてください。

関連記事

竹芝や浜松町を観光しながらサステナブルについて考えよう! 東京・港区にあるSDGsの取り組みが感じられるスポット

2022年3月2日

地球温暖化、生物多様性、カーボンニュートラルなど、世界規模で持続可能社会への関心が高まる中、近年いたるところでその言葉を見るようになった「SDGs(エスディージーズ)」。今回は観光とSDGsを絡めて、街歩きを楽しみながら持続可能社会への取り組みが感じられるスポットを紹介したいと思います。 「港区立エコプラザ」で港区内のSDGs活動を教えてもらおう SDGsとは2015年の国連サミットで採択された「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。これは貧困、環境、健康、福祉など世界共通の課題に対して17のゴールと169のターゲットをわかりやすく掲げ、...

乃木坂、南部坂、幽霊坂など、「坂の街」東京・港区の坂を5つの視点でブラミナト

2022年3月15日

西側の武蔵野台地と東側の湾岸地帯に大きく分かれる港区の地形。高低差の激しい地形の上に築かれた街には実に数多くの坂があります。その数は木製の案内標識が立てられている場所だけで70か所以上。そのほかの坂も含めると100以上の坂があるとされ、そのほとんどが赤坂地区、麻布地区、高輪地区に集中しています。 港区の坂が面白いのは中世や江戸時代からある坂が同じ名前のまま残っていることです。江戸時代の古絵図の中にも現存する坂名の由来となったいくつかの地名が書かれており、最近はこうした資料を手に入れて散策をする人もいるそうです。 多くの坂の名前は、かつてその近くにあった名所や商店、そこで起こった出来事などにちな...

【動画記事】大人気の都市型水族館「マクセル アクアパーク品川」の魅力&独断で選んだ「キュンとする生き物」たちをご紹介

2022年4月15日

JR品川駅高輪口から歩いてすぐの場所にある「マクセル アクアパーク品川」。約350種2万点の生き物たちを展示する水槽群と多彩なアトラクションが融合した同施設は、プロジェクションマッピングを中心とした最先端技術と生き物たちとの共演で高い評判を誇るスポットです。今回はそんな最先端のエンタメ施設の魅力を動画とともにご案内。館内で選んだ「キュンとする生き物5選」も併せて紹介するので、ぜひ最後までチェックしてください! 季節ごとのイベントも楽しい品川駅前の人気施設 品川駅前の品川プリンスホテル内にある「マクセル アクアパーク品川」。東海道新幹線の停車駅で、羽田空港からも直接アクセスできる品川駅のすぐそば...

竹芝・芝浦・お台場を愛犬・愛猫と散策! 港区の湾岸エリアのペット旅で気になる10のギモンに答えます

2022年2月1日

今、ペット旅を楽しむ人たちの間で東京・港区の湾岸エリアが人気になっていることをご存知でしょうか? レインボーブリッジを挟んで竹芝・芝浦・お台場などにまたがる湾岸エリアには、ペットと泊まれるホテルやドッグランのある公園、お散歩が楽しい海沿いテラスなどペットフレンドリーなスポットがいっぱい。今回はそんなわんちゃん、ねこちゃんの楽園を猛プッシュすべく、湾岸エリアで初めてペット旅する方が気になるであろう10のギモンにお答えしてまいります! ①港区のペット旅ならではの“特別な体験”を教えて! さっそくギモンにお答えしましょう! それは船の上から愛犬とレインボーブリッジを眺める絶景体験です。東京湾の水辺を...