みんなにやさしい! 東京・港区にあるバリアフリーに力を入れているホテル

魅力的な観光地を多数擁し、都心各地へのアクセスが便利な東京・港区には、観光や出張でこの街にいらっしゃる方のニーズに応える多彩な宿泊施設が充実しています。今回はその中から「バリアフリー」にテーマを絞って、3つのホテルをピックアップしました。ご高齢の家族と旅行されるファミリーをはじめ、東京へ観光される際のご宿泊地の参考にしてください。

【南青山】ホテル アジア会館 みんなが心地よく滞在できるホスピタリティが整う

東京メトロ・青山一丁目駅、または乃木坂駅から徒歩5分の場所にある「ホテル アジア会館」。
アジア諸国からの国際交流の場として昭和32年(1957)に設立されたルーツを持つホテルは、国立新美術館、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、乃木神社などが徒歩圏内。桜並木で有名な青山霊園、紅葉で有名な明治神宮外苑のいちょう並木からも近い場所にあります。また、住宅街の中の閑静な環境にあり、赤坂、六本木のビジネスエリアにもアクセスが良いため、観光目的、出張目的のゲスト双方から高い支持を得ています。

静かな環境に位置するホテルは、室内のインテリアも落ち着きを感じる和モダンのしつらえ。全室にシモンズ社のベッドを備え、心地よい眠りにこだわっています。

バリアフリー設備では、高齢者や車椅子使用者に配慮されたユニバーサルツインルームを設置。入り口が広く、引き戸になったバス・トイレには手すりが付けられており、どなたでも不安なく滞在できます。館内に多目的トイレもあり、車椅子利用者向けの駐車場も用意されています。館内はエントランスはじめ全館通路が明るいので歩行も安心です。

サービス面でも、盲導犬対応のセミナーを受講済みのスタッフがいたり、視覚障害のお客様に対する対応の教育が行き届くなど、すべてのゲストが心地よく滞在できるホスピタリティが整っています。また、館内利用限定で車椅子の貸し出しも行っています。

【新橋】第一ホテル東京 全館通路バリアフリー対応済みのラグジュアリーホテル

「第一ホテル東京」は、新橋駅日比谷口から徒歩約2分。地下鉄駅からは地下歩道で直結の場所にあります。電車や地下鉄で都心各方面への移動が便利な立地にあり、ゆりかもめを使えばお台場にもアクセス至便。お膝元は新橋や銀座の繁華街なので、周囲にグルメスポットが充実しています。

“エレガンス&エクセレンス”をコンセプトにしてきた館内は、ヨーロッパ調の上品で華やかな趣。客室も気品漂う雰囲気でまとめられ、全室にシモンズ社のベッドを採用するなど寝心地も抜群です。デラックスルームはお風呂から景色が望めるビューバスになっており、夜はロマンチックな空間が楽しめます。

全278室を擁する客室のうち、一般フロアのモデレートツインルームと特別階「プルミエールフロア」のプルミエールツインルームの一部がユニバーサルルームになっています。バスルームへの扉が引き戸になっており、洗面台の下に広い空間を設置。クローゼットのハンガーバーの高さが調整できるなど車椅子使用者に配慮された造りになっています。バスタブ、トイレには手すりが付けられていて高齢者も安心です。

館内通路、エレベーターホール、宴会場、1階ロビーラウンジを除くレストランフロアは全館バリアフリー対応。地下1階に車椅子使用者対応トイレ(オストメイト非対応)を設けており、館内用の車椅子の貸し出しも行っています。そのほか、筆談による対応、聴覚障害のある方向けに客室内のFAXの設置も可能と、細やかな配慮が行き届いています。

【新橋】ホテル ザ セレスティン東京芝 東西の美とアートが融合した、みんなに癒しある空間

都営地下鉄の芝公園駅から徒歩1分のところにある「ホテル ザ セレスティン東京芝」は、増上寺や芝公園、東京タワーに徒歩圏内の場所にあります。薩摩藩江戸上屋敷の跡に立つホテルは、「CROSS OVER TOKYO」をコンセプトに、この地に積もる記憶を館内のデザインに反映。洋風のしつらえの中に江戸小紋や切子細工のカッティング柄など和の意匠、アートを融合し、高い美意識を感じる独自の空間を生み出しています。

計243室の客室のうち、14階にあるアクセシブルダブルはバリアフリー仕様。自動開閉のドア、引き戸で手すり付きのバストイレを備え、リビングスペースとベッドスペースが分けられた使い勝手のいい空間になっています。

同じ14階には、24時間利用可能なパブリックスペースを設置。屋内のゲストラウンジは「邸宅のリビングルーム」をテーマに、書棚にある欧米と日本の文化やこの土地の歴史についての書籍を手にしながら、ゆったりくつろげる空間。一方で、オープンエアのパティオは、木漏れ日を感じながら手足を伸ばしてスローな時間が過ごせる空間です。

そのほか、1階に多目的トイレがあり、車椅子のレンタルを行っていたり、筆談対応可能なスタッフがいるなど多彩なニーズに対応。車椅子利用者専用の駐車場も完備しています。
以上、東京・港区のバリアフリーに力を入れているホテルを3件紹介しました。なお、港区のホームページでは、港区内の人気観光スポットをつなぐ12コースを紹介した「バリアフリーまち歩きMAP in 港区」をオンラインで配信しています。

【バリアフリーまち歩きMAP in 港区】
https://www.city.minato.tokyo.jp/keieishien/barrier-free-kankou.html

こちらも参考にして、港区観光&快適ステイをエンジョイしてください!

関連記事

東京・港区のミュージアムショップで人気のオリジナルグッズ5選~森美術館&アドミュージアム東京~

2022年5月20日

個性豊かな展示施設が点在している東京・港区。その中にはおみやげにぴったりなオリジナルアイテムが手に入るミュージアムショップ併設の施設もあります。そんなミュージアムショップの逸品たちを紹介する本企画。第2回は「森美術館」と「アドミュージアム東京」のグッズを紹介します。 六本木ヒルズ森タワーの最上層にある現代アートの殿堂「森美術館」 六本木ヒルズ森タワー53階にある森美術館。2003年に開館し、世界の先鋭的なアートや建築、デザインなどに関する多彩な展覧会を多数開催してきました。日本やアジア太平洋地域における現代アートのコレクションも形成。さまざまなラーニング・プログラムも盛んに開催し、東京を代表す...

【動画記事】鉄道開業150年のメモリアルイヤーで盛り上がる東京・港区! 記念展開催中の旧新橋停車場や鉄道関連スポットへGO!!

2022年8月26日

今年2022年は日本の鉄道開業150周年にあたるメモリアルイヤー。今から150年前の明治5年(1872)10月14日(旧暦9月12日)に、東京の新橋と神奈川県の横浜との間で日本初の鉄道が正式開業しました。そう、新橋がある東京・港区は我が国の鉄道発祥の地のひとつなのです。記念すべきその日を前に、港区各地では既にお祝いムードに沸いています。ここでは現在、記念展が開催中の旧新橋停車場を中心に、港区内にある鉄道発祥関連スポットを巡っていきます。 新橋駅を降りると、さっそくお祝いムード この日のスタート地点はJR新橋駅。電車からホームに降りると、頭上に鉄道開業150年を祝う記念バージョンの駅名標を発見。...

「東京タワー百景」 定番スポットからライトアップの絶景まで、おすすめ撮影ポイントを総まとめ

2022年9月8日

港区のいろんな場所から見られる東京タワー。高さ333mの赤いタワーが眺められる場所を歩いていると、スマホ片手に景色や記念写真を撮っている観光客の方々をよく見かけます。港区観光協会が毎年開催している「港区観光フォトコンテスト」でも、いつも応募が多い風景のひとつである東京タワー。今回は「東京タワー百景」と題して、そのおすすめ撮影ポイントを昼景・夜景織り交ぜて紹介したいと思います! まずは東京タワー周辺の撮影ポイントをチェック! 鉄道を使って東京タワーへ行く場合には、JRの浜松町駅、東京メトロ日比谷線の神谷町駅、三田線の御成門駅と芝公園駅、都営地下鉄大江戸線の赤羽橋駅、浅草線の大門駅の6駅からのアク...

【動画記事】大人気の都市型水族館「マクセル アクアパーク品川」の魅力&独断で選んだ「キュンとする生き物」たちをご紹介

2022年4月15日

JR品川駅高輪口から歩いてすぐの場所にある「マクセル アクアパーク品川」。約350種2万点の生き物たちを展示する水槽群と多彩なアトラクションが融合した同施設は、プロジェクションマッピングを中心とした最先端技術と生き物たちとの共演で高い評判を誇るスポットです。今回はそんな最先端のエンタメ施設の魅力を動画とともにご案内。館内で選んだ「キュンとする生き物5選」も併せて紹介するので、ぜひ最後までチェックしてください! 季節ごとのイベントも楽しい品川駅前の人気施設 品川駅前の品川プリンスホテル内にある「マクセル アクアパーク品川」。東海道新幹線の停車駅で、羽田空港からも直接アクセスできる品川駅のすぐそば...