「東京タワー百景」 定番スポットからライトアップの絶景まで、おすすめ撮影ポイントを総まとめ

港区のいろんな場所から見られる東京タワー。高さ333mの赤いタワーが眺められる場所を歩いていると、スマホ片手に景色や記念写真を撮っている観光客の方々をよく見かけます。港区観光協会が毎年開催している「港区観光フォトコンテスト」でも、いつも応募が多い風景のひとつである東京タワー。今回は「東京タワー百景」と題して、そのおすすめ撮影ポイントを昼景・夜景織り交ぜて紹介したいと思います!

まずは東京タワー周辺の撮影ポイントをチェック!

鉄道を使って東京タワーへ行く場合には、JRの浜松町駅、東京メトロ日比谷線の神谷町駅、三田線の御成門駅と芝公園駅、都営地下鉄大江戸線の赤羽橋駅、浅草線の大門駅の6駅からのアクセスが便利です。いずれも駅を出てすぐ、あるいは少し歩いたところで東京タワーのシンボリックな勇姿が見えてきます。まずは、このあたりの撮影ポイントから見ていきましょう。

最寄駅である赤羽橋駅からは、赤羽橋口を地上に出た瞬間、すぐそばに赤いタワーがドーン! 突然表れるタワーに、誰もが感動する瞬間です。東京タワーはここより少し高い丘の上に立っているため、タワーがそそり立つ姿を見上げる視点で望めるのが、このポイントの魅力です。

次は赤羽橋駅から東京タワーまで行く途中、もみじ谷沿いの坂の途中にある地下駐車場の階段は有名な撮影ポイント。階段の壁の間にタワーが収まる風景は、まるでモデルになりきって記念撮影ができる、“映える”スポットとして大人気です。

そして東京タワーに最接近♪

さらに坂を上って東京タワーの真下へ。“根本”からそそり立つインパクトのある写真が撮れるのはここならではの体験です。ただし、長い時間見上げすぎて腰をいためないように注意しましょう(笑)。

また、赤羽橋駅と神谷町駅の間にある「永井坂」からも、東京タワーがこんな風にすっぽり収まる風景を撮ることができます。

おすすめ撮影ポイントがたくさんある「芝公園」

次に東京タワーの“お膝元”に広がる「芝公園」へ。御成門駅、芝公園駅、赤羽橋駅、大門駅を使う場合には、芝公園の間を通って東京タワーまで向かうことになります。広大な園内のいたるところから東京タワーが見える芝公園。その中でも特に人気の撮影ポイントは、児童遊園がある4号地と港区が管理する港区立芝公園の2か所です。

港区立芝公園は芝生広場の背景に均整のとれた東京タワーが収まる構図が魅力。ピクニックを楽しむ人が集まるポイントでもあり、家族や友達との記念撮影スポットにもおすすめです。

一方、御成門駅A6出口を出てすぐのところにある芝公園4号地は、街灯が立つ並木道と東京タワーのコラボが素敵な夜景ポイントです。さらに毎年12月には「クリスマスガーデン」が開催され、本場・ドイツさながらのクリスマスマルシェが登場。景色が聖夜ムードに様変わりします(2022年9月現在、2022年の開催は未定)。

東京タワーが背後にそびえる「増上寺」

同じく芝公園の園内にある徳川将軍家の菩提寺「増上寺」では、本堂が置かれている大殿と東京タワーが共演する写真を撮ることができます。

通常、夜間は入場できませんが、毎年七夕に開催される「和紙キャンドルナイト」の時には、一夜限りでこんな幻想的な風景も。

増上寺の北側を通る道も、一本道の正面に東京タワーが綺麗に立つ穴場的なポイントです。

三田、六本木、お台場、品川…、港区各地の「東京タワーがある風景」

港区各地のさまざまな人気スポットから望むことができる東京タワー。333メートルの高さを誇る赤いタワーは、それぞれの風景に港区ならではの味わいを添えています。

赤羽橋駅から田町方面に伸びる桜田通り沿いは、高層ビルが立ち並ぶ三田の街の先に立つ東京タワーがきれい。特に今年「札の辻スクエア」がオープンしたばかりの「札の辻交差点」の陸橋からは昼も夜も素敵な景色を見ることができます。

東京タワーを絡めた展望風景を撮りたいなら、六本木ヒルズ森タワーの屋上にある「スカイデッキ」に行くのがおすすめです。地上238mの高さからは都心一帯を見下ろす圧倒的な眺望が楽しめます。その中には現在虎ノ門に建設中の超高層ビルと東京タワーが並び立つ絶景が。

また、同じ六本木ヒルズの「六本木けやき坂」では、例年11月中旬からクリスマスにかけて並木道のイルミネーションが開催。イルミと東京タワーがコラボした景色は、このシーズンだけのスペシャルな体験です。

品川でおすすめの撮影ポイントは「品川シーズンテラス」。数々のドラマや映画のロケ地として使用されているこちらでは、夜になると水路に映り込む東京タワーが見られます。

そして、お台場からはレインボーブリッジと東京タワーという、港区が誇る二大シンボルの共演が。もちろんレインボーブリッジの歩道からも竹芝や芝浦の街並みと東京タワーの景色が撮影できます。

【おまけ】窮屈タワー、反射タワー、半分タワーなど、ユニークな東京タワー

有名スポットではなくても、いろんなところから見える東京タワー。最後におまけとして、今回の撮影を通じて見つけたユニークな風景を5つ紹介します。

1つ目は、絵画の額のように緑の木々が東京タワーの周囲を囲む「グリーンタワー」。

2つ目は、手前に建つビルに挟まれて、まるで実際の大きさよりも小さくなったような印象を受ける「窮屈タワー」。

3つ目は、周囲のビルに映り込んだ「リフレクションタワー」。

さらに4つ目は、ビルに映り込んだタワーと実物のタワーが並び立つ「ツインタワー」。

あえて撮影場所は書きませんが、皆さんも街をぶらりと歩きながら、あなたならではの「東京タワーがある風景」を探してみてください。

なお、東京タワーといえばライトアップの多彩なバリエーションもお楽しみのひとつ。「本日のライトアップ」については、当ホームページの右のバナーからチェックできます。ぜひ撮影のご参考に。

関連記事

みんなにやさしい! 東京・港区にあるバリアフリーに力を入れているホテル

2022年8月26日

魅力的な観光地を多数擁し、都心各地へのアクセスが便利な東京・港区には、観光や出張でこの街にいらっしゃる方のニーズに応える多彩な宿泊施設が充実しています。今回はその中から「バリアフリー」にテーマを絞って、3つのホテルをピックアップしました。ご高齢の家族と旅行されるファミリーをはじめ、東京へ観光される際のご宿泊地の参考にしてください。 【南青山】ホテル アジア会館 みんなが心地よく滞在できるホスピタリティが整う 東京メトロ・青山一丁目駅、または乃木坂駅から徒歩5分の場所にある「ホテル アジア会館」。アジア諸国からの国際交流の場として昭和32年(1957)に設立されたルーツを持つホテルは、国立新美...

東京・港区のミュージアムショップで人気のオリジナルグッズ5選~森美術館&アドミュージアム東京~

2022年5月20日

個性豊かな展示施設が点在している東京・港区。その中にはおみやげにぴったりなオリジナルアイテムが手に入るミュージアムショップ併設の施設もあります。そんなミュージアムショップの逸品たちを紹介する本企画。第2回は「森美術館」と「アドミュージアム東京」のグッズを紹介します。 六本木ヒルズ森タワーの最上層にある現代アートの殿堂「森美術館」 六本木ヒルズ森タワー53階にある森美術館。2003年に開館し、世界の先鋭的なアートや建築、デザインなどに関する多彩な展覧会を多数開催してきました。日本やアジア太平洋地域における現代アートのコレクションも形成。さまざまなラーニング・プログラムも盛んに開催し、東京を代表す...

【動画記事】鉄道開業150年のメモリアルイヤーで盛り上がる東京・港区! 記念展開催中の旧新橋停車場や鉄道関連スポットへGO!!

2022年8月26日

今年2022年は日本の鉄道開業150周年にあたるメモリアルイヤー。今から150年前の明治5年(1872)10月14日(旧暦9月12日)に、東京の新橋と神奈川県の横浜との間で日本初の鉄道が正式開業しました。そう、新橋がある東京・港区は我が国の鉄道発祥の地のひとつなのです。記念すべきその日を前に、港区各地では既にお祝いムードに沸いています。ここでは現在、記念展が開催中の旧新橋停車場を中心に、港区内にある鉄道発祥関連スポットを巡っていきます。 新橋駅を降りると、さっそくお祝いムード この日のスタート地点はJR新橋駅。電車からホームに降りると、頭上に鉄道開業150年を祝う記念バージョンの駅名標を発見。...

【動画記事】大人気の都市型水族館「マクセル アクアパーク品川」の魅力&独断で選んだ「キュンとする生き物」たちをご紹介

2022年4月15日

JR品川駅高輪口から歩いてすぐの場所にある「マクセル アクアパーク品川」。約350種2万点の生き物たちを展示する水槽群と多彩なアトラクションが融合した同施設は、プロジェクションマッピングを中心とした最先端技術と生き物たちとの共演で高い評判を誇るスポットです。今回はそんな最先端のエンタメ施設の魅力を動画とともにご案内。館内で選んだ「キュンとする生き物5選」も併せて紹介するので、ぜひ最後までチェックしてください! 季節ごとのイベントも楽しい品川駅前の人気施設 品川駅前の品川プリンスホテル内にある「マクセル アクアパーク品川」。東海道新幹線の停車駅で、羽田空港からも直接アクセスできる品川駅のすぐそば...