甘〜い秋の味覚が大集合! 東京・港区のアフタヌーンティーが楽しめる一流ホテル

今月の特集は、東京・港区でアフタヌーンティーを提供している一流ホテルの情報をお届けします。アフタヌーンティーは英国の上流階級の中で生まれた喫茶習慣。ティースタンドに乗せて運ばれてくるスコーンやケーキ、サンドイッチなどを囲みながら、ゆったりとティータイムを過ごす高貴な文化です。世界にはこの文化をサービスとして提供する高級ホテルが数多くあり、港区の有名ホテルでも楽しむことができます。これまで通りのブッフェがなかなか楽しめない今、注目を集めつつあるアフタヌーンティー。身近な場所でちょっとリッチな時間を過ごしたいあなたにおすすめです。

グランドプリンスホテル新高輪/Autumnアフタヌーンティー

品川駅高輪口から柘榴坂を歩いた先にあるグランドプリンスホテル新高輪は、現代的な機能性と日本の伝統的な美しさが融合した都市型ホテルです。全室バルコニー付きの白亜の建築は、昭和を代表する建築家・村野藤吾の設計によるもの。ゲストを迎える1階のアライバルエリアは現代的なデザインの中に日本の伝統様式を取り入れた空間で一歩足を踏み入れた瞬間に特別な非日常感を感じられるはず。

1階の「Lounge Momiji(ラウンジもみじ)」で提供されるアフタヌーンティーは11種類のティーと9種類のコーヒーが3時間飲み放題。シックなプレートに載せて供されるメニューは大人の装いを感じさせます。

9月から提供しているAutumnアフタヌーンティーは、セイボリーにキノコのキッシュ、プロシュートとカマンベールチーズのクロワッサンサンドやエビ入りトマト風味のチャウダーのブレッドカップ、スイーツにはぶどうのタルトやモンブランタルトなど秋の味覚を詰め込んだレパートリー。季節を問わず並ぶラザニアも自慢の一品です。おいしいお茶とメニューで優雅な時間が過ごせること間違いなし。

また、屋外には約2万㎡もの広大な日本庭園があり、四季折々の表情を見せる風情ある空間が楽しめます。ドッグフレンドリールームやドッグラン&ラウンジも擁し、愛犬と一緒に東京観光をしたい方にも心強いホテルです。

そのほか、この秋の企画として同館がイチ押しするのは、「ブッフェ&カフェ スロープサイドダイナーザクロ」の6種類から選べるグラスワイン付きプラン。これは9月と10月の2ヶ月間開催しているオーストラリアフェア期間中の特別企画。厳選したオーストラリア産ワインの中から好みの一杯を作り立ての料理とともに楽しめます。

「コース料理のように楽しめる」をコンセプトにした新しいブッフェは、3か所のライブキッチンからスタッフがワゴンサービスでサーブしてくれるシステム。「ザクロの自慢の骨付きローストビーフやフォアグラやシーフードの網焼き、お寿司や鉄板焼きを新しいスタイルのブッフェで心ゆくまでお楽しみください」と担当者。この機会を逃さずに出かけてみては。

ザ・プリンス パークタワー東京/シャインマスカットを使った秋限定のアフタヌーンティー

ザ・プリンス パークタワー東京は、芝公園の中に立つプリンスホテルズ&リゾーツのフラッグシップホテルです。広大な自然に囲まれた地上33階のホテルは東京タワーすぐそばの都内でも指折りのロケーションにあり、旅行業界で世界的な権威がある格付け機関・フォーブス・トラベルガイドで2年連続4つ星の評価を受けています。

ロビーエリアは公園の中に佇む邸宅をイメージし、書斎にいるかのような静謐な時間を演出。世界の一流アスリートも愛用するイタリア・テクノジム社製のマシンを揃えたスパ&フィットネス(会員と宿泊客のみ利用可能)では、都内では珍しい、地下約1600mから汲み上げた天然温泉も楽しめます。

そのほか、和洋中をフレキシブルに選べる10つのレストランやブーランジュリー、ボウリングサロン、ライブハウス、ギフトショップ、ショッピングエリアなどを擁し、館内にいながら一つの街を散策するような感覚でホテルステイをお楽しみいただけます。

そんな同館では1階の「ロビーラウンジ」でアフタヌーンティーを提供しています。東京タワーを望む開放的な空間で頂くメニューは、3段のスタンドには宝石のようなケーキやスコーンが並び、セイボリー(軽食)も添えられた充実の内容。

季節感を反映した月替わりの構成で、10月31日までの期間中はシャインマスカットをふんだんに使った期間限定のアフタヌーンティーを提供しています。

「シャインマスカットのケーキやタルトはもちろんのこと、マロンのブリュレやマカロンなどが味わえるスイーツをお楽しみいただけます」と担当者の声。計18種類の紅茶やフレーバーティー、コーヒーが3時間飲み放題で、ゆっくり時間が過ごせるところもおすすめのポイントです。

なお、プリンスホテルでは、10月1日からザ・プリンス パークタワー東京とグランドプリンスホテル新高輪を含む都内10ホテルで「LOOK&TASTE TOKYO」キャンペーンを開催。すべての宿泊者を対象に直営レストラン・バー・ラウンジの利用が20%引きになるほか、2泊分の料金で3泊できる宿泊プラン「LOOK TOKYO 3泊目無料プラン~One Two Free~」を提供する。ぜひこの機会にリッチなステイとアフタヌーンティーを体験してみては。

第一ホテル東京/秋のアフタヌーンティーセット

JR新橋駅から地下歩道で直結の第一ホテル東京は、1938年(昭和13年)に創業した歴史と伝統あるホテルです。創業時、全館冷暖房を完備したホテルは日本で初めて。1964年(昭和39年)の東京五輪の際には客室を提供し、日本初のモーニングコール機導入や朝食バイキングの開始など、常に時代を先取りした斬新なサービスを提供してきました。来年行われる2度目の東京五輪に向けて2018年に客室フロアを全面改装。創業当時のコンセプト「エレガンス&エクセレンス」を大切に、より洗練されたホテルに生まれ変わりました。

各国のゲストをおもてなししてきたホテルは食へのこだわりも一流。館内には12のレストランを備え、和洋中の各ジャンルで高い評価を受けています。

昨年リニューアルされたダイニングラウンジ「ラウンジ21」は、地上21階の最上階にありながらクラシックな邸宅にいるかのようなおしゃれな空間。家族や仲間との時間を大切にできるプライベートシートのほか、窓に面したカップルシートでは銀座や汐留の街並みを見渡しながらロマンチックな時間が過ごせます。

アフタヌーンティーが楽しめるのは1階の「ロビーラウンジ」。季節ごとに旬の素材を生かした構成が魅力で、9月から11月は「秋のアフタヌーンティーセット」を提供しています。おとぎ話に出てきそうな3段のスタンドには、かぼちゃタルト、洋梨マカロン、紫芋のシュークリームなど、秋らしい顔ぶれが。モンブランやタルト、マカロンなど様々なアレンジで“味覚の秋”を満喫できます。

また、上段の『チェリーウィッチ』は、第一ホテル東京の手みやげとしても人気の焼き菓子です。「サクッとした食感と甘酸っぱい味わいでコーヒーとの相性抜群です」と担当者。吹き抜けになった天井の広々とした空間で、テーブルを囲みながら楽しい会話が盛り上がりそう。

新橋駅直結の立地は銀座や有楽町へのアクセスにも便利。今なら最大24時間滞在可能、ホテル内で使える最大4,000円の利用券プレゼント、さらには朝食無料という三大特典がある都民限定プランも用意しています。ショッピングや観劇の機会に合わせてアフタヌーンティーに訪れるもよし、この時期だからこそ都心のステイを満喫してみるもよし。80年以上の歴史を刻んできた名ホテルのホスピタリティをぜひ体験してみてください。

グランドニッコー東京 台場/ピンクアフタヌーンティーセット

ゆりかもめ・台場駅に直結した好ロケーションに立つグランドニッコー東京 台場。地上113mの高さを誇るホテルの高層階からは、レインボーブリッジなどベイエリアとその周辺の景色を一望することができます。

パノラミックな絶景に加えてこのホテルの大きな魅力といえるのが、館内に10軒ある個性豊かなレストランです。最上階の30階には「The Grill on 30th」と「The Bar & Lounge」、今年3月にオープンしたばかりの「鉄板焼 銀杏」という3つのレストランがあり、絶景と美食のマリアージュが堪能できます。

アフタヌーンティーは、2階の「The Lobby Cafe」でいただくことができます。大きな窓から陽光が降り注ぐ店内は、一流ホテルの高貴さとベイエリアの開放感を併せ持った空間です。

季節ごとにテーマが変わるアフタヌーンティーは、レインボーブリッジにインスピレーションを得た「色」にこだわった構成。スイーツからセイボリーまで一色に統一されたアフタヌーンティーはここならでは。「味覚だけなく視覚でも楽しめると、特に女性のお客様から多くのご好評をいただいております」と担当者の方は言います。

10月まではピンクリボン強化月間にちなんだ「ピンクアフタヌーンティーセット」を提供。ルビーチョコレートとライチのガトー、フランボワーズのカップケーキ、ピンクグレープフルーツのタルト、そして和の香りを感じるいちごの葛羊羹など、目が覚めるようなピンク一色に染まったティースタンドはそのまま留めておきたくなるような美しさです。

お台場のショッピングエリアへもアクセス至便。お買い物と併せて、オリジナリティに満ちたアフタヌーンティーを体験しに訪れてみては。

関連記事

東京の街を一望できる絶景スポット「六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー」

2020年8月25日

目の前には美しいフォルムの東京タワーがそびえ立ち、空気が澄んだ日には富士山まで見渡せる大人気スポット「六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー」。屋内と屋上の2つの展望台とも、それぞれが魅力的です。ぜひ両方の展望台を体験して、東京の街の眺めを満喫しましょう! 海抜250メートルの屋内展望台 屋内展望台を一周すれば、天候に関わらず、東京の全方面をじっくりと観察することができます。 入口を入って最初のエリアは、東京タワー、お台場、羽田空港、天気のいい日は東京湾や、その向こうにある千葉県の海岸を見ることができます。圧巻です! 遠くまで見渡せる海抜250メートルからの眺めは、東京の街全体を繋がりを持って認...

東京建築散歩:東京ポートシティ竹芝

2020年10月2日

2020年9月14日、再開発が進められている竹芝エリアに「東京ポートシティ竹芝」がオープンしました。「オフィス」と「自然」と「最先端技術」を組み合わせたスマートビルです。 竹芝エリアには旧芝離宮恩賜庭園や、劇団四季のミュージカル劇場、そして東京の離島へ定期航路で結ぶフェリーターミナルがあります。「東京ポートシティ竹芝」は、そのエリアの真ん中にそびえ立つ、高さ208メートルの新ランドマークです。 将来的には、JR浜松駅から屋根付き歩道者デッキを渡って、「東京ポートシティ竹芝」まで歩けるようになります。 近未来的なスマートビル 「東京ポートシティ竹芝」は、ビルを掃除ロボットが巡回したり、ランチをド...

南青山エリアを特集!「大人の愉しみ」が詰まったエリアで一日観光を満喫しよう

2020年10月22日

今月の特集は南青山エリアに注目。東京・港区の北東に位置する南青山は、最先端スポットが多い港区の中でも特にエッジの効いた最新カルチャーが集まり、古き良き日本の文化も融合したハイセンスなエリアです。青山一丁目駅から表参道駅にかけての青山通り沿いには自動車メーカーのショールームが立ち並び、個性豊かなミュージアムも点在するなど、大人の興味をそそる愉しさに溢れています。ここではそんな南青山エリアを一日観光するのにぴったりな4つのスポットをセレクト。いつでもフレッシュな街を体感しに出かけてみてください。 根津美術館 東洋・日本美術の美と自然の美が交差する空間 表参道駅のB1出口から少し歩き、南青山五丁目...

歴史ロマン薫る建築&庭園を巡る 白金台散策特集

2020年8月19日

港区の中でもひときわ閑静な住宅地として知られる白金台(しろかねだい)。白金台という名前を知らなくても、この地区に住むご婦人たちを指す「シロガネーゼ」という言葉を知っている人は多いはず。高級住宅地として有名な白金台ですが、エレガントでセンスのいいショップが集まるほか、歴史建築を活かした文化施設も点在し、観光するにも楽しいエリアです。今月の特集はこの白金台を散策。お買い物に観光に、1日楽しめる白金のおすすめスポットを紹介します。 白金台の歴史と「プラチナ通り」 どこか縁起の良さそうな白金(しろかね)という地名は、この地を開拓した応永年間の豪族・柳下上総介(やぎしたかずさのすけ)が大量に銀(白金)を...