「住みたくなる街」東京・港区で暮らすように楽しむホテルステイ《ベイサイド編》

六本木や麻布などのアーバンな街並みと芝浦やお台場などのベイサイド、両方の側面を持つ港区は訪れてみると、きっと住んでみたくなるエリアです。もし「港区に住むってどんな感じだろう?」と思ったら、ぜひ区内のホテルにロングステイして「港区の一日」を体験してみてはいかがでしょう。今回は港区・竹芝の「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」を舞台に「暮らすようなホテルステイ」のベイサイド編をお届けします!

180度のベイビューを望む東京屈指の絶景ホテル

午前から街歩きをいっぱい楽しんだ一日。今日は早めに観光を切り上げて夕方前に今夜のホテルへ。東京タワーを見上げる浜松町駅から竹芝方面へ歩いて行くと、海からの潮風が軽く頬を撫でます。正面に見えてくるのは竹芝ふ頭公園に立つ大きなマストのモニュメント。ここまで来ると、もう東京湾はすぐそこ。

今夜泊まるのは竹芝埠頭に隣接している「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」。東京湾と隅田川に面し、東京でも屈指のウォータービューを誇るホテルは昨年、全館リニューアルが行われたばかり。ロビーがある1階はハドソンラウンジを中心に、シックで大人びた雰囲気。それでいてラウンジには有名な洛中洛外図屏風が飾られていたり、フロントデスクの壁には和の家紋があしらわれていたりと、ところどころに日本や東洋の意匠が散りばめられた独創性を感じる空間です。

今年春にグランドオープンしたばかりのエグゼクティブフロア専用ラウンジ「NAGOMIラウンジ」でウェルカムドリンクの緑茶と和スイーツをいただいてから、いよいよ今夜泊まる客室へ。エレベーターで15階のフロアにたどり着くと、期待で鼓動の高まりが止まりません!

心弾ませながら扉を開くと、視界に飛び込んできたのはリッチでキラキラとしたスーペリアルームの景色。ただ、室内をしっかり見るより先に自然と駆け寄っていたのは、日差しがたっぷり注ぎ込む大きな窓の前でした。カーテンを開けると、目の前に広がるのは息を飲むような東京湾のベイビュー!

観光船や海上タクシーが航跡を描く海を取り囲んで、芝浦の街並みやお台場フジテレビの球体展望室、レインボーブリッジの全景、開幕を待つ東京五輪の選手村や豊洲新市場など、東京湾を180度見渡すパノラマの景色。15階の高さから俯瞰する景色は本当に感涙モノの絶景です。

テレワークやワーケーションでの利用もおすすめ

ニューノーマルな暮らしが浸透する中で、最近はここホテル インターコンチネンタル 東京ベイでもテレワークや気分転換を目的にデイユースで利用される方や24時間ステイでワーケーションを楽しむ方など、以前にはなかった目的で長い時間を過ごす方が増えているといいます。ゲストの中にはなかなか遠くに出かけることが難しい都内在住の方も多いそう。私も今日はあまり気取らずに、リラックスした時間の中に身を投じたいと思います。

リニューアルされたばかりの室内は、清楚な白をベースにナチュラルなインテリアでまとめられ、海風を感じる墨絵のアートが壁を彩っています。窓辺にはワーキングスペースとしてもちょうどいい高さのテーブル、その隣にはデイベッド風のソファが配され、海辺の景色をいつまでも眺めていられる設計。ロビーやラウンジにもいろんなアートを見ましたが、お部屋のファブリックやオブジェも隅々までこだわっていて素敵です。

ずっと景色に見とれてしまいそうだけど、「暮らすように楽しむ」を目的に来たのだから、せっかくのこの時間を有効に使わなきゃ。ソファの上で本を読んだり、デスクで旅行の情報を確認したり、全身が包み込まれるようなSealy製マットレスが自慢のベッドの上でメールチェックをしたりと、くつろげるポイントがいっぱい。また「NAGOMIラウンジ」も8:00~19:30までならいつでも使えるので、そちらで時間を過ごすのもおすすめ。

「おこもりアフタヌーンティー」で最高の贅沢

ベッドでパソコンを開いていると、コンコン…と扉をノックする音が。「気取らずに…」とは言いましたが、どうしても叶えたかったわがままをひとつだけ。実はここホテル インターコンチネンタル 東京ベイには、季節のアフタヌーンティーをルームサービスで楽しめるプランがあるんです♪

ワゴンからテーブルにセッティングされたのは、8月までの限定で提供されている「ピエール・エルメ×德永純司 Summer Sparkle アフタヌーンティー」です。言わずと知れた世界的パティシエのピエール・エルメと、お菓子の世界大会「クープ・デュ・モンド」の日本代表として準優勝を飾るなど華麗なキャリアを持つ同館のエグゼグティブ シェフ パティシエ・德永純司氏による豪華なコラボレーション。

「イスパハン」「アンフィニマン カシス」など、果実を使ったピエール・エルメの独創的で情熱的なスイーツの中で、德永氏がピエール・エルメをオマージュして考案したという「ショコラオランジュ」がキラリ。ピエール・エルメが自身のプロデュースの中に別のパティシエの作品を加えることはとても珍しいそうで、まさにここにしかない贅沢が体験できます。

……そして、あっという間に時は流れて、外の景色は夕暮れから夜景へ。さっきまで爽やかだった景色は月夜のカーテンによってドラマチックな趣に変わります。やがてレインボーブリッジも点灯して、東京を代表する夜景を独り占め。結局、贅沢な体験を味わって旅の夜は更けていくのでした。

なお、ホテルスタッフの方々は出社時の検温やマスクの装着を徹底。また、グローバルレベルの衛生基準「IHGクリーンプロミス」に準拠して、フロントデスクやレストラン、客室の清掃と除菌を強化しているといい、安心・安全なステイを提供したいというホテルの熱意とおもてなしの心を感じました。

今回のステイでますます住んでみたくなってしまった港区。また次の東京観光でも港区に泊まりたいと思います!
ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
所在地 東京都港区海岸1-16-2
電話番号 0570-000222(ナビダイヤル)
https://www.interconti-tokyo.com

関連記事

南青山エリアを特集!「大人の愉しみ」が詰まったエリアで一日観光を満喫しよう

2020年10月22日

今月の特集は南青山エリアに注目。東京・港区の北東に位置する南青山は、最先端スポットが多い港区の中でも特にエッジの効いた最新カルチャーが集まり、古き良き日本の文化も融合したハイセンスなエリアです。青山一丁目駅から表参道駅にかけての青山通り沿いには自動車メーカーのショールームが立ち並び、個性豊かなミュージアムも点在するなど、大人の興味をそそる愉しさに溢れています。ここではそんな南青山エリアを一日観光するのにぴったりな4つのスポットをセレクト。いつでもフレッシュな街を体感しに出かけてみてください。 根津美術館 東洋・日本美術の美と自然の美が交差する空間 表参道駅のB1出口から少し歩き、南青山五丁目...

「マイルート」東京港区イルミネーション・クリスマスマーケット特集!

2019年12月20日

東京港区では来週のクリスマスや年末に向けて各地でイルミネーションやクリスマスマーケットが開催されています。主要なスポットを港区観光協会HPにある「マイルート」機能(コース作成機能)を使ってまとめてみました!!モバイル端末からページの二次元コードを読み取ると、現在地から各スポットへのルートが検索できます。街歩きのおともに、お友達とわいわい楽しむのに、「マイルート」をお使いください。「マイルート」の使い方は簡単!港区観光協会のHPにあるエリアガイドに掲載されている気になるスポットをクリックすると追加の案内が表示されます。共有する場合は、「マイルート」のページから「表示」をクリックすると...

駅からほぼ濡れずに行ける、東京・港区の雨の日おすすめ観光スポット

2021年5月31日

今年もまもなくやってくる梅雨のシーズン。梅雨のような雨の日は気持ちよく出かけられる場所も限られてきます。そこで今回は雨の時でも最寄り駅からほぼ濡れずに行けるおすすめ観光スポットを特集。ファミリーで訪れるにもぴったりなスポットもありますので、子どもと出かける際の参考としてもお役立てください! ※掲載情報は2021年5月28日(取材)時点の情報です。施設によって受付時間の変更や休業の可能性があります。詳細は、各施設の公式ホームページをご確認ください。※緊急事態宣言発令中の不要不急のお出かけはお控えください。 【南青山】Honda ウエルカムプラザ青山 あのASIMOにも会える何度来ても楽しい...

「浜松町STORY」で東京・港区浜松町のいちおし情報をチェック!

2021年5月21日

港区浜松町のラジオ局、文化放送が運営する情報サイト「浜松町STORY」をご存知でしょうか?イベント情報だけでなく、「浜松町で絶対してみたい30のこと」、「浜松町ラーメンガイド」など個性的なコンテンツも目白押し。浜松町にお住まいの方、働いている方、遊びにくる方、通りすがりの方に、"使える"情報をお届けします。文化放送ならではの、ラジオ局の裏側について知ることができるコンテンツ「ラジオ局バーチャル見学ツアー」も一読の価値ありです。再開発が進み、進化し続ける浜松町エリアの魅力あふれる情報をぜひチェックしてみてください!【浜松町STORY】http://www.joqr.co.jp...