【動画記事】南青山・カメヤマキャンドルハウス青山店で手作りアロマキャンドルに挑戦!

炎の揺らぎに感じる安らぎや優しい香りがもたらすリラックス効果などから愛好者の多いアロマキャンドル。東京・港区の南青山にあるカメヤマキャンドルハウス青山店に併設された日本キャンドル協会のスタジオでは、約2時間のワンタイムレッスンでオリジナルアロマキャンドル作りが体験できます。特別な道具を揃える必要なく、気軽に始められる趣味として幅広く人気を集めつつあるアロマキャンドル作り。その一歩目としてぴったりなレッスンの様子を動画と写真でお伝えします。

“あの形”のビルに衝撃! カメヤマキャンドルハウス青山店

日本キャンドル協会のスタジオが併設された「カメヤマキャンドルハウス青山店」は、東京メトロ・表参道駅A4出口から徒歩約7分ほどの場所にあります。みゆき通りを経て、根津美術館のある交差点を左折して間もなくところにある建物は、周囲の煌びやかなビルに負けないインパクト。なぜかといえば…、この円筒型のビル、何かの形に見えませんか?

そう建物自体がなんとローソクの形をしているのです。さすが「世界のカメヤマ」と感じさせるスポットですね。

店内はエントランスを入って左手がカメヤマキャンドルハウスのショップ、右手が日本キャンドル協会が主催するキャンドル教室のスタジオになっています。ぐるりと見渡せる店内にはさまざまな形をしたキャンドルがところ狭しと並べられていて、その空間を見ただけでワクワクした気分にさせられます。

約2時間で気軽に受けられるワンタイムレッスン

こちらのキャンドル教室は、初心者の方からアーティストや講師を目指す方までが学ぶ本格的な教室です。日本キャンドル協会では、年に一度、ジャパンキャンドルアーティストアワード(JCAA)というコンテストを開催していて、ここで学んだ方の作品が一般公開で行われるファイナル審査に選ばれることもあるといいます(2021年のファイナル審査は11月27日に東京タワーホールで開催)。今回チャレンジするワンタイムレッスンでは、講師の方の指導を受けながら約2時間でオリジナルキャンドルの制作体験が楽しめます(1レッスン4200円〜、要予約)。

アロマキャンドルというと「1/fゆらぎ」と呼ばれる炎の揺らぎに感じる癒しやアロマの香りがもたらすリラックス効果が主な魅力です。また、火を灯すという本来の役割だけでなく、カラフルに装飾したものやジェルワックスを使ったグラスキャンドルは素敵なインテリアアイテムにもなります。また、ワンタイムレッスンで作れるアイテムの中には火を灯すとメッセージが表れる「メッセージキャンドル」なるものもあり、大切な人への手作りギフトとして人気です。

なお、「キャンドル作りって女性の趣味では」という先入観をお持ちの方がいるかもしれませんが、“おうち時間”が増えた昨今では男性体験者の割合が増えているそう。日本キャンドル協会代表理事の金指琢也さんは「キャンドル作りは基本的なコツを掴んでしまえば失敗することが少ない趣味なので、普段細かな工作に親しみがない方でも気軽に始められます」と話します。今回は数あるアロマキャンドルの中から“焚き火気分”も味わえるソイアロマキャンドル作りに挑戦します。

焚き火気分も味わえる手作りキャンドル

ソイアロマキャンドルは、インテリアにもお洒落に溶け込む『メディシンボトル』を使い、ドライフラワーやドライハーブなどを閉じ込めた透明なジェルワックスの上に、フレグランスオイルで香り付けしたソイワックスを重ねた二層のキャンドルです。材料はもちろん道具もすべて借りることができるので基本的に“手ぶら”でOK。なお、今回は火を灯すとたき火のようなパチパチという音がする木芯を使用。ここが焚き火気分を演出してくれる大きなポイントです。

まず初めに装飾に使う花材を選びます。いろいろな花材があって目移りしてしまいますが、講師の方のアドバイスでは「全体像を思い浮かべながらメインになる色を決めて、3〜4色くらいの組み合わせにする」のが綺麗にまとまるポイントだそう。一方で、夏は貝がら、秋は木の実など季節感で選ぶのもおすすめとのこと。

好みの花材を選んだら、いよいよ実際の制作作業に入ります。まずは鍋でジェルワックスを温めながら、その間に容器となるメディシンボトルの中に先ほど選んだ花材をセットします。そしてピンセットを使って花材の位置を細かく調整したら、温めたジェルワックスをゆっくり流し込みます。キャンドル作りは温度の見極めが出来栄えを分けるポイント。講師の方が適温になるようにしっかりアドバイスしてくれます。

続いてジェルワックスが固まるまでの時間を使って香り付きのソイワックスを作ります。アロマも天然のものから人工のものまで30種類以上の豊富なレパートリー。もしギフトにするならば、贈る相手の好きな香りを事前に調べておくといいでしょう。

熱を加えて黄色い液体になったソイワックスの中に香料を加えてクルクルとかき混ぜます。そしてジェルワックスの土台の上にソイワックスを静かに流し込み、木芯を中央に位置に固定して再び固まるのを待ちます。作業はここで完了!

カメヤマの人気商品が集結した“キャンドルのお城”を探検

完成を待つ間、カメヤマキャンドルハウスの店内をチェック。ショップにはカメヤマが取り扱う人気のキャンドル商品がずらり。奥の壁には香りの濃厚さと種類の豊富さで人気の「YANKEE CANDLE(ヤンキーキャンドル)」、木芯ならでは味わいが特長的な「WoodWick(ウッドウィック)」という2つの人気フレグランスキャンドルブランドが勢揃い。

そのほか、水に浮かべて楽しむフローティングキャンドルやランタンで楽しむキャンドル、食べ物そっくりなワインキャンドルやスイーツキャンドルなどユニークなアイテムも。さらに本物の炎のゆらぎさながらの灯りがつくLEDキャンドルのような商品もあってキャンドル文化の奥深さを感じさせられました。

世界で一つだけのキャンドルに火を灯す至福の時間

ソイワックスが固まり完成したキャンドルがこちら。ふむふむ、我ながら予想以上にアーティスティックなできばえではありませんか。

そして期待に胸を膨らませながら帰宅し、静かな部屋の中でキャンドルに火を灯してみると…。炎がゆらゆらと燃えながら、木芯が焼けるバチッバチッという音。暗い中で見つめていると、確かに小さな焚き火を見ているような気分に誘われます。日常の喧騒からちょっとだけ離れた贅沢な時間も味わえて、初めてのキャンドル作りは大成功。自分へのお土産でキャンドル作りの材料も買ってきたので、今度は自宅でギフト用のキャンドルを作ってみようと思います。

友だち同士でもカップルでも大人がじっくり楽しめるキャンドル作り。所要約2時間と短時間で体験できるので、表参道や南青山の観光と合わせて、ぜひ皆さんも訪れてみてはいかがでしょう。
コースの内容、料金などの詳しい詳細は、下記の日本キャンドル協会直営校『JCAキャンドルスタジオ東京本校』のホームページにてご確認ください。
https://candle-studio.jp

関連記事

【動画記事】お台場「レゴランド®︎・ディスカバリー・センター東京」を体験取材! 300万個以上のレゴが彩る空間でアトラクション三昧

2021年10月6日

秋口に入り少し肌寒さを感じる時季になると、特に家族の場合は屋内のレジャースポットがお出かけの選択肢にあると助かりますよね。そこで今回は東京・港区の中でも指折りの屋内観光地、デックス東京ビーチにある「レゴランド®︎・ディスカバリー・センター東京」を紹介します。 レゴ®︎色満点な11のアトラクションがある人気屋内スポット レゴをモチーフにした11のアトラクションが楽しめる体験型屋内施設「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」(以下、レゴランド東京)は、ジョイポリスやマダムタッソー東京など多彩な大型エンタメスポットが集まるデックス東京ビーチの中にある人気施設のひとつです。アイランドモールとシーサ...

お台場へのアクセスは、ゆりかもめだけじゃない! お台場レインボーバス&トーキョークルーズを徹底比較

2021年11月9日

鉄道、地下鉄、バス、水上タクシー、多彩な公共交通が活躍する東京・港区。今回はその中から港区の内陸部とお台場を結ぶ2つの公共交通に注目します。観光や出張で東京を訪れた方がお台場に行くには「新橋駅からゆりかもめ」が最も一般的かもしれません。一方で、港区内からお台場までのアクセスでは、港区とkmバスが共同運営している「お台場レインボーバス」と東京都観光汽船が運行している「水上バス」も活躍しています。ゆりかもめの高架軌道上から見る臨海副都心の景色も魅力的ですが、バス&船の交通手段も負けない魅力を持っています。 港区とkmバスが運営する「お台場レインボーバス」 「お台場レインボーバス」は品川駅を起点...

放送や物流の歴史、海の生き物について学ぼう! 東京・港区の「学べるミュージアム」特集

2021年11月5日

国立新美術館や港区立みなと科学館など魅力的な展示施設がたくさんある東京・港区。今回はその中から「学び」にフォーカスをあて、知的好奇心がくすぐられるミュージアムをピックアップしました。歴史や海の生き物について学べる3つの施設は詳しく見るほど奥が深い知識の宝庫。親子で訪れるのにもおすすめなスポットばかりなので、寒さが増すこれからの時季のお出かけ先として、ぜひ検討してみてください! マリンサイエンスミュージアム 標本だからこそじっくり眺められる海の生き物たち 東京海洋大学品川キャンパス内にある「マリンサイエンスミュージアム」は、「海へのいざない」をテーマに、同大学の海洋調査の歴史や海洋生物の生態が学...

竹芝、日の出、お台場から船旅へ! 東京・港区で乗れるボート&クルーズをまとめて紹介

2021年8月31日

竹芝、日の出、芝浦、そしてお台場と、オーシャンフロントの街並みが自慢の東京・港区。その中にあって湾上を行き交うボートやクルーズ船は風光明媚な景観を作っているパーツのひとつです。陸から見ていても綺麗な東京湾の景色。でも、せっかく港区に来たなら船上の景色も楽しんでほしい。そんな思いを込めて今回は港区の埠頭で乗れる素敵なボート&クルーズを紹介します。 「東海汽船」の船で竹芝桟橋から伊豆諸島へ 竹芝の竹芝客船ターミナルからは、東海汽船が伊豆諸島への航路を運航しています。 東海汽船は大島(所要約1時間45分)、利島(同約2時間25分)、新島(同約2時間20分)、式根島(同約2時間20分)、神津島(同約3...