【動画記事】お台場で「手ぶらバーベキュー」を体験! 東京湾の絶景や最高の夜景を眺めながらグランピング気分で夏休み

ショッピングにグルメ、エンタメ施設と観光的な魅力に満ちたお台場。楽しいものなら何でも揃うお台場ですが、実はオーシャンビューを眺めながらグランピング気分が味わえるバーベキューの人気スポットが多数あることもご存知でしょうか。今回はその中でも特に人気が高いアクアシティお台場の「THE BBQ BEACH in AQUA CITY ODAIBA」で、準備ゼロでOKな“手ぶらバーベキュー”を体験してきました。

絶景が自慢の屋上BBQスポット「THE BBQ BEACH in AQUA CITY ODAIBA」へ

本格的な夏が近づき、肌をなでる海風がますます心地良く感じられるお台場エリア。商業施設が集まる地区ながら自然も多く、ビーチもあってバーベキューをするには絶好の環境です。でも、お台場海浜公園をはじめとした公共施設は原則として火器の使用は禁止されていますし、お台場までいろいろ持ち込むのはちょっと大変…。そういうわけでおすすめしたいのが商業施設のテラスに設けられたバーベキュースポットです。

今回訪れた「THE BBQ BEACH in AQUA CITY ODAIBA(ザ・バーベキュービーチ・イン・アクアシティお台場)」は、アクアシティお台場の7階屋上にあるバーベキュースペース。東京湾の景色を望むテラスレストランが人気のアクアシティお台場で、さらに上層階からの絶景が眺められるグッドロケーションな展望スポットでもあります。

午前中におだいばビーチなどの観光を楽しんだ後、エレベーターでアクアシティお台場の7階へ。扉が開くと、視線の先には海沿いに面したテラス席を発見!

“ラグジュアリー”をイメージした空間はシックなインテリアでまとめられ、靴を脱いでゴロンとできる広いソファーはくつろぎ感が抜群です。カップルにぴったりな2人ソファー席、ファミリーで広々使える10名ソファー席など、人数に応じて利用できるスペースが用意されています。もちろん、どの席からも自慢の景色をバッチリ眺めることができます。ゲストの来店前に拭き掃除等で徹底した消毒が行われており、受付時に手指のアルコール消毒も徹底しているなどウイルス対策も万全です。

さらに、この時期に嬉しいのは全面屋根付きであるということ。空模様が不安定でも問題ないのはもちろん、日焼けや紫外線が気になる場合でも突きさすような日差しを直接受ける心配がありません。一方、背後の頭上には「AQUA CITY ODAIBA」の大きなサインが。その後方にはフジテレビ本社ビルの球体展望台をいつもより高い位置から望み、こちらもお台場らしい特別な景色が楽しめます。また、同じフロアには芝大神宮の御分霊を祀る「アクアシティお台場神社」もあります。

客席に立つと東京湾と東京都心のオーシャンビューがよりはっきり一望できます。主役を張るようにたおやかに架かるレインボーブリッジを中心に、右手には新橋や竹芝の高層ビル群、正面には東京タワーや日の出の倉庫街の景色が。

東京タワーのそばには虎ノ門に現在建設中の“日本一高いビル”の姿も見ることができます。さらに天気が良い日には左手に富士山の雄姿もうっすらと見えるそう。羽田空港に向かう旅客機が空を飛び、「お台場」の語源になった品川台場が浮かぶ湾上には、高速船や水上バスなど多数の船が行き交っています。そのパノラマな景色は、まるでポストカードのような美しさです。

手ぶらで来て手ぶらで帰る。ビギナーでもおいしく仕上がる簡単バーベキュー

今回は“手ぶらバーベキュー”ということで、フードや飲み物、調理用具、食器、アルミホイルやラップにいたるまで、ぜ〜んぶの準備を「手ぶらBBQプラン」でおまかせしちゃいました。本当に手ぶらで来てバーベキューが始められるのは本当に楽チン。調味料や使い捨ての食器は各席の店に用意されていて、包丁やまな板などは共用エリアで使うことができます。食べ終わった後のゴミもお店で片付けてくれるので持ち帰るものもなく、食事後はそのままショッピングなどに出かけられるのもいいところ♪

そして、おいしいバーベキューのために大活躍してくれるのが、キャンプ好きの間で大人気のアメリカ発グリルブランド「Weber(ウェーバー)」のガスグリルです。最高300℃まで設定できるグリルは、細かな温度調整をしなくても短時間で全体にムラなく熱が行き渡るのが強み。厚切りのお肉もわずか数分入れておくだけで、外は香ばしく中はやわらかくジューシーに焼き上がるというとっても強い味方なのです。

開始前にはスタッフの方がグリルの使い方などを丁寧に説明してくれて、食材ごとの「おいしく焼くコツ」の解説が各席に置かれているので、普段あまり料理しないという初心者の方でも安心。今回は予約しておいた「アメリカングリルセット」(2人前2838円)と「キッズグリルセット」(1人前1078円)で親子バーベキューをエンジョイ。さっそくボリュームたっぷりの食材をグリルに並べていきます。

グリルから漂う香ばしい香りに食欲をそそられながら待つことほんの数分。おいしく作れているかちょっとドキドキしながらフタを開けると、なかには食べごろに仕上がったお肉&お野菜がドーン。これぞまさにBBQというワイルドなビジュアルに、もう腹ペコの限界です…。

開放感抜群な環境で味わう厚切りステーキに子どもも大喜び。野菜もこんがりと焼けて素材本来の甘みがジュワ〜。観光やショッピングで何度かお台場を訪れているという方でも、青空の下の絶景バーベキューは、きっといつもとひと味違う特別な体験になることでしょう。

夕景や夜景も、心がキュンとするロマンチックな美しさ

なお、今回は“手ぶらバーベキュー”がテーマでしたが、実はバーベキュースペースと機材だけ借りられる「食材持込プラン」もあり、こちらも好評。お好みの食材や飲み物を持ち込むことができます。また、一部の食材は予約なしでも当日注文が可能。食材だけ持ち込んでドリンクだけ飲み放題をつける、セットを頼んでおいて足りないものだけ持ち込みでプラスするなど、好みや都合に応じたアレンジができるのもリピーターが多い秘訣のひとつ。

現在は、平日は昼と夜の2部制、土・日曜と祝日は昼、午後、夜の3部制で営業中。日中の景色も綺麗ですが、空が茜色に染まる夕景やレインボーブリッジが輝く夜景もロマンチックな雰囲気でムード抜群です。どの時間帯でも感動できる景色と出逢えますよ。

ゆりかもめ・台場駅すぐそばのアクアシティお台場で“手ぶらバーベキュー”が楽しめるのは本当に便利です。食後はアクアシティお台場神社にお参りして仕事や学業のご祈願もバッチリ。帰りも手ぶらで、もう少しお台場観光を楽しんで帰りたいと思います!
THE BBQ BEACH in AQUA CITY ODAIBA
所在地:東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場 7F屋上
営業時間:平日 12:00〜16:00、18:00〜22:00(2部入れ替え制)
     土・日曜、祝日・特定日(ゴールデンウィーク等) 11:00〜14:00、15:00〜18:00、19:00〜22:00(3部入れ替え制)
※8月は平日も3部制
※営業時間は変更になる場合あり。最新情報は下記の公式ホームページを確認。
※利用時間には受付・準備・片付け等の時間も含む。
※予約がなくても、当日席に空きがある場合は上記の時間帯で利用可能。
※料金や食材内容が変わる場合あり。詳しくは公式ホームページを確認。

《プラン》
・手ぶらBBQプラン(機材+セット食材+飲み放題付きのプラン)
大人1名4125円〜、小学生1名2178円〜

・食材持込プラン
大人1名2200円〜、小学生1名1100円〜

・ドリンク飲み放題
ソフトドリンク飲み放題 1名330円
スタンダード飲み放題 1名1100円
プレミアム飲み放題 1名1650円

《予約方法》
利用日1カ月前の同日、午前10:30より下記のホームページで先着順受付

《公式ホームページ》
https://digiq.jp/portal/experience/74090/0

関連記事

竹芝エリア特集 最新スポット続々誕生で生まれ変わる、新しい「竹芝」の魅力

2021年4月9日

新橋駅からゆりかもめで2駅、または大門駅から徒歩5分の「竹芝エリア」は、現在街ぐるみで再開発が進み、東京・港区の中で最も変化が進むエリアといっても過言ではありません。伊豆諸島・小笠原諸島への船が出港する竹芝客船ターミナルを擁し、古くから東京港のゲートウェイのひとつとして機能してきたエリアには、もとよりラグジュアリーホテルやイベントホール、劇団四季の劇場など大型施設が集結。さらに昨年の6月には「ウォーターズ竹芝」、続いて9月には「東京ポートシティ竹芝」が相次いでオープンし、街の景観は様変わりしました。今月の特集では、そんな新しい竹芝の魅力を紹介します。 「東京ポートシティ竹芝」 近未来的なロボッ...

「マイルート」東京港区イルミネーション・クリスマスマーケット特集!

2019年12月20日

東京港区では来週のクリスマスや年末に向けて各地でイルミネーションやクリスマスマーケットが開催されています。主要なスポットを港区観光協会HPにある「マイルート」機能(コース作成機能)を使ってまとめてみました!!モバイル端末からページの二次元コードを読み取ると、現在地から各スポットへのルートが検索できます。街歩きのおともに、お友達とわいわい楽しむのに、「マイルート」をお使いください。「マイルート」の使い方は簡単!港区観光協会のHPにあるエリアガイドに掲載されている気になるスポットをクリックすると追加の案内が表示されます。共有する場合は、「マイルート」のページから「表示」をクリックすると...

紅葉が彩る街を一日満喫!並木道から公園まで楽しみ方たっぷりの港区「紅葉」特集

2019年10月19日

みなさんは「港区」といえば、きらめく夜の街を思い浮かべますか?それは間違いありません!でも実は神宮外苑のいちょう並木や、東京タワーを見上げながらゆったり座って紅葉を楽しめる芝公園、色付いた紅葉を見ながら自然散策ができる有栖川宮記念公園など、自然と調和された美しい街でもあります。紅葉の後はもちろん一緒に周辺の観光スポットやショッピングを楽しんだり、さらに紅葉のライトアップもあったりと楽しみ方は様々。ぜひこの時期は、都心の紅葉を楽しみに港区に足を運んでみてください! 神宮外苑イチョウ並木– 146本のイチョウ並木が作る黄金のトンネルと絨毯!港区青山で秋一色を堪能 都内でも有名な紅葉スポットの1つ、...

【動画記事】明治神宮外苑いちょう並木の紅葉観光と一緒に訪れたい! 元赤坂「明治記念館」で庭園ランチを体験

2021年10月20日

11月半ば頃になると東京都心でも木々が徐々に色づきはじめ、本格的な紅葉シーズンを迎えます。東京・港区にも芝公園や旧芝離宮恩賜庭園などの紅葉スポットがいっぱい。その中でも特に高い人気を誇るのが明治神宮外苑のいちょう並木です。今回はその明治神宮外苑の一角にある「明治記念館」で庭園ランチを体験。紅葉観光とぜひセットで訪れてほしい同館の魅力を深掘りして紹介します! 明治の宮中晩餐会が開かれた「日本初の迎賓館」 JR信濃町駅から徒歩3分、東京メトロ青山一丁目駅から徒歩6分ほどのところに建つ「明治記念館」。明治神宮外苑いちょう並木からも徒歩圏内で、紅葉観光とセットで訪れるにはぴったりの場所にあります。...