港区立みなと科学館にゾウやキリンが出現!? 春の企画展「いきもの大図鑑」で動物たちと触れ合うGW

2020年6月にオープンした港区立みなと科学館は、「まちに息づく科学の発見と探究」をコンセプトにした体験学習施設。常設展やプラネタリウムの他に、年に4回行われるバラエティ豊かな企画展も魅力の一つです。3月15日から5月7日にかけて開催されているのは、2023年春の企画展「いきもの大図鑑~知ろう・守ろう・はじめの一歩~」。動物のペーパークラフト模型や、動物の高さや重さを体感できる体験型展示など、見どころたっぷりの企画展に行ってきました!

背や重さ、手のひらをくらべることで見えてくる動物たちの特徴

港区立みなと科学館は、神谷町駅や虎ノ門ヒルズ駅から徒歩4~5分ほど。入口は、緑に囲まれた気象庁・港区立教育センター合同庁舎の1階にあります。入館は無料で、2階のプラネタリウムのみ観覧料が必要です。

表の「いきもの大図鑑」のパネルに誘われて中に入ってみると、まずは動物の“イラスト”がお出迎え。このキリンやゾウ、パンダやシロクマたちはすべて実物大のスケールで、背比べをしながら写真も撮れちゃいます。実際に並んでみると、本物の動物の大きさがよくわかるはず。やっぱりキリンって大きい……。

今回の企画展は「もしも図鑑から動物が飛び出したら……」をコンセプトに、港区立みなと科学館ならではの切り口で様々な動物たちを紹介。背比べに続いては“手のひら比べ”。自分の手をパネルに重ね合わせて、動物たちの手ひらと比べてみましょう。普段はあまり見ることのできない部位だけに、「こんな形をしているんだ」と、思わず感心してしまいます。

そして、重さ比べのコーナーへ。自分の体重と動物の体重を比べる展示のほかに、重さの異なるバケツを持ち上げてみて、同じ重さの動物を当てるクイズ形式の展示もありました。バケツの蓋を開けると正解の動物がわかるようになっています。正解の動物はミーアキャット、コアラ、ノドチャミユビナマケモノ、ボライアスガエル、ココノオビアルマジロ、ジャワマメジカの6種類。これは難問です!

企画展の目玉の一つでもあるこれらの比較コーナー。自分と動物の背や重さ、手のひらなどを比べながら、それぞれの動物の特徴を知ることによって、より動物たちを身近に感じることができるはず。

まるで動物園に来たみたい!? リアルなペーパークラフトをじっくり観察

そして、もう一つの目玉でもあるペーパークラフト模型のコーナーへ。アジアゾウやスマトラトラにホッキョクグマといった絶滅のおそれがある希少な動物のペーパークラフト模型が、解説のパネルと共にズラリと登場。まさにペーパークラフトの動物園! 動物たちは、紙工作作家・ごとうけいさんによるもので、その造形のリアルさにはびっくり!

実際にごとうさんが動物園を取材して緻密に再現したという動物たち。360°どこからでも観察することができるのもペーパークラフト模型ならではです。それぞれの動物に関するクイズもあり、親子や友達とワイワイと楽しむことができそうです。どこか愛嬌のあるハシビロコウですが、いつもじっとしているのはどうしてでしょう? 答えは港区立みなと科学館で!

他にも、キリンにゴリラ、ジャイアントパンダといったお馴染みの人気者たちも。ペーパークラフト模型で動物のことを知ってもらうことで、本物の動物園に足を運んでもらうのも狙いの一つ。確かに、動物園に行ってみたくなるかも。

会期中は毎日開催している「動く紙工作」のコーナーでは、坂道に置くとトコトコと動き出す紙の動物たちを作れちゃいます。所要時間は15分ほどで、1回で5~6人が参加できます。スタッフさんの指導のもと、自分で作った動物たちを競争させてみましょう! 

2階のプラネタリウムでは、通常のプログラムのほか、企画展と連動した特別プログラム「いきものがたり」を上映中。地球上の生き物たちは、どのように進化し、増えていったのか。宇宙からの視点で、生き物の多様性に迫ります。また、当日の星空解説など、プログラムの上映前に行われる解説員による生解説も注目のポイントです。

他にも企画展では、いろいろな動物とAR撮影ができるAR体験や、来場者の書いた未来へのメッセージやアイデアを掲示する参加型のメッセージコーナーなども。また、講演会やワークショップなど、様々なイベントも開催されており、会期中は未就学児から小中学生まで、多くの子どもたちが港区立みなと科学館を訪れるのだとか。

4つのテーマにわかれている参加体験型の常設展

もちろん、せっかく港区立みなと科学館にやって来たのなら、常設展も見逃せません。ちょうどプラネタリウムの真下が参加体験型の常設展のエリアになっています。入口には、科学館のオープニング時に来館したという元宇宙飛行士・毛利衛さんのサインがありました。

中心には、港区の地形を模した大型スクリーンの「みなと・クエストMap」が設置されています。港区にある各スポットの情報を閲覧できるデジタルマップモードや、港区の科学情報をガイドするリサーチモードなどがあり、遊びながら港区のことを学べます。

港区にある“科学”を探究できる常設展は、「しぜん」「まち」「うみ」「わたし」の4つのテーマにわかれており、水流シミュレーターや、反射神経テストなど、ハイテクを駆使した体験型の展示が盛りだくさん。時間を忘れて楽しんじゃいましょう。

企画展と常設展、そしてプラネタリウムと、子どもはもちろん大人もたっぷりと楽しめる港区立みなと科学館。開館時間やアクセス方法、プラネタリウムの観覧料など、詳しい情報は下記の公式ホームページをご確認ください。今年のゴールデンウィークは家族や友達と港区立みなと科学館を訪れてみてはいかがでしょう。

関連記事

茶道や手巻き寿司を体験。八芳園で“日本文化”に触れるひととき

2024年1月25日

約1万坪の広大な日本庭園を有する八芳園は、2023年に創業80周年を迎えました。江戸時代から続く日本庭園は、誰でも入場無料で散策でき、四季折々の景色を楽しむことができます。そんな日本の美と伝統を伝えてきた八芳園に、「日本文化体験」という新しいプランが誕生しました。いくつかあるコンテンツの中から、今回は海外の方にも人気だという「茶道体験」と「手巻き寿司体験」を紹介します。 庭園の中で“茶の湯”の世界に浸る 港区白金台にある結婚式場やレストランなどを手掛ける八芳園は、地下鉄の白金台駅から徒歩1分ほど。目黒駅や品川駅などの主要な駅からはタクシーで5分ほどです。まずは正門をくぐって、本館に向かいましょ...

恐竜がフジテレビをジャック!『オダイバ恐竜博覧会2024』に圧倒された!

2024年4月3日

港区台場のフジテレビでは、2024年5月6日まで『オダイバ恐竜博覧会2024 -福井から“ヤツラ”が新幹線でやってくる!-』が開催されています。福井といえば、北陸新幹線の金沢―敦賀間の開業によって、首都圏からのアクセスが向上するなど、注目を集めているスポットの一つ。さらに、福井はこれまで数々の化石が発見されている日本屈指の“恐竜王国”でもあります。今回は、世界三大恐竜博物館の一つといわれている、「福井県立恐竜博物館」が全面協力している『オダイバ恐竜博覧会2024』に出かけてきました! ティラノサウルスの咆哮にときめく! 連日観光客で賑わうお台場のフジテレビは、ゆりかもめ・台場駅から徒歩3分、り...

小学生も大人も夢中になれる『クロステックミュージアム』で“ものづくり”の世界を体験!

2024年1月13日

2023年9月27日に汐留シオサイトにオープンした「クロステックミュージアム」は、総合精密部品メーカー・ミネベアミツミの体験型ショールーム。子どもたちの「理科離れ」や「算数嫌い」が叫ばれる中で、本物の精密部品を直接手にすることにより、日本の強みでもあったものづくりや、製造業に興味を持ってもらいたいという思いから設立されました。対象は原則として小学5年生以上で完全予約制。誰でも無料で見学することができます。今回は、すでに多くの小学生が訪れているというクロステックミュージアムで、ものづくりの真髄に触れてきました。 クロスシップに乗り込み、いざ精密部品探索の旅へ クロステックミュージアムがあるのは、...

開館記念オラファー・エリアソン展も開催中!麻布台ヒルズでアートを巡る

2023年12月19日

2023年11月24日に開業した麻布台ヒルズは、オフィスや住宅、ホテルや商業施設、インターナショナルスクールや予防医療センターに文化施設などが集まった最先端のコンパクトシティです。自然と調和した敷地内には、パブリックアートが点在し、文化の発信基地となる麻布台ヒルズギャラリーでは、様々な展示を開催予定。そんな「街全体がミュージアム」の麻布台ヒルズをアートの視点で紹介します。 日本一の高さを誇る森JPタワーを体感! 港区の虎ノ門5丁目と麻布台1丁目と六本木3丁目にまたがる麻布台ヒルズの敷地面積は約6万4,000㎡と、東京ドーム1.4個分。施設の一部は東京メトロ日比谷線の神谷町駅と直結しており、アク...