【動画記事】國酒をもっと深く知ろう!「日本の酒情報館」で豊かな酒文化に触れる

“國酒”とは、日本酒、本格焼酎・泡盛、本みりんを指す日本の歴史文化を代表するお酒のこと。そんな“日本の酒”の魅力を国内外に発信する目的で創建されたのが、日本酒造組合中央会の運営する「日本の酒情報館」です。約26坪のスペースには、日本全国のお酒や各地の酒器がズラリ。酒造りを学べて、試飲もできる「日本の酒情報館」を訪ねました。

和モダンで洗練された空間に、日本酒や本格焼酎などが並ぶ

情報館は、東京メトロ銀座線・虎ノ門駅、千代田線・霞ケ関駅、都営三田線・内幸町駅から、いずれも徒歩3~4分ほど。日本酒造虎ノ門ビルの1階にあり、酒屋の看板にも使われる大きな杉の葉の球、いわゆる「さかばやし」 が目印。誰でも無料で入館することができます。

館内に入ると、まず驚くのは天井の木桶。お酒を製造するために使われる木桶ですが、これは本物ではなく、情報館のために作られたオブジェなのだとか。1981年に銀座で「日本酒センター」として創建された情報館が現在の場所に移ってきたのが2016年のこと。移転した際にインバウンドで訪れる海外からの観光客を意識し、和モダンなデザインにリニューアルしたそうです。今回は、移転したタイミングで館長に就任した今田周三館長に案内してもらいました。

入口付近の漆をイメージした壁に展示されていたのは、鏡開きでお馴染みの樽酒。お酒や酒器の並ぶ棚は、木枡を模したもの。洗練されたおしゃれな意匠にこだわりを感じます。

情報館に置かれている日本酒や本格焼酎は、日本酒造組合中央会に加盟している酒蔵のもので、その数は常時100種類ほど。今田館長いわく、組合に加盟している酒蔵は1,700ほどあり、一度にすべての酒蔵のお酒を置くことはできないので、定期的に入れ替えを行っているのだとか。1ヵ月で約7割のお酒が入れ替わるそうです。選定は大吟醸から純米酒に、スパークリング清酒まで、北は北海道から南は沖縄まで、できるだけ種類と地域を網羅するように気を配っているのだとか。どんなお酒と出会えるのかは、訪れてからのお楽しみ。まさに一期一会です!

日本酒以外に、本格焼酎や泡盛、本みりん、果実のリキュールなどもラインナップ。泡盛を長年寝かせて熟成された「古酒(くーす)」も置いてあります。

ここ最近は海外からの観光客も戻ってきており、1日の来館者のうち、3割以上が日本のお酒に興味を持った外国人観光客なのだとか。今田館長によれば2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことで、海外における和食の人気が上昇し、それに伴い日本のお酒の需要も急拡大。和食と合わせる日本のお酒は世界に広がっていきました。昔は日本酒を「Ricewine(ライスワイン)」と説明していましたが、今では海外でも「SAKE」で通じるようになったそうです。

麹や米など、お酒の作り方を学べるように原材料なども展示

情報館は「見て・触れて・体験する」をコンセプトにしており、お酒の原材料や米麹の実物見本、酒器などもディスプレイされています。益子焼や美濃焼、萩焼など、各地の酒器は見ているだけで楽しめるはず。

お酒に関連する書籍やパンフレットも豊富で、お酒のことを一から学ぶことができます。また、館内には大型のモニターが2台あり、お酒にまつわる映像コンテンツも常時放映中です。

情報館には、日本のお酒に関するあらゆる情報が集まるため、お酒に興味のある国内外の観光客はもちろん、「唎酒師」や「SAKE DIPLOMA」など、お酒に関連する資格を取得するため、勉強に訪れる人も多いのだとか。

館内のお酒はすべて試飲が可能! いつの間にかすっかりほろ酔い?

カウンターには、日本のお酒に通じたコンシェルジュが常駐。お酒の知識がなくても、好みを伝えれば、相談に乗ってもらえます。「すっきり」や「ちょっと甘め」「良い香り」など、お酒のタイプを伝えてもいいですし、「九州」や「東北」など、エリアを伝えても大丈夫。きっとお気に入りのお酒が見つかるはず!

情報館では置いてあるすべてのお酒の試飲が可能。1杯100円から500円ほどなので、試飲してみて自分の気に入ったお酒を購入することもできます。もちろん試飲できるのは、20歳以上の人だけ。まずは、バラエティ豊かな飲み比べセットで、それぞれの味と香りの違いを楽しんでみては? 例えば、「日本酒ベーシックセット」であれば、5種類の日本酒が700円(税込)で試飲できちゃいます。

日本のお酒の情報発信基地として、多くの人が訪れる「日本の酒情報館」。洗練された空間で、日本の美しい酒文化に浸るのも一興かもしれません。お酒好きはもちろん、あまりお酒に興味のない人も日本のお酒の良さを発見できるかも。ただし、飲み過ぎにはご注意を!
情報館では、酒蔵に関する情報や各地で開催されているイベント情報などを発信している他、蔵元による試飲イベントや、専門家によるセミナーなどのイベントも定期的に企画・開催しています。詳しい情報や休館日、問い合わせ先などは下記の公式ホームページをご確認ください。館内はフォトスポットが盛りだくさんで写真撮影もOK! 観光気分で気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょう。

関連記事

歴史ロマン薫る建築&庭園を巡る 白金台散策特集

2020年8月19日

港区の中でもひときわ閑静な住宅地として知られる白金台(しろかねだい)。白金台という名前を知らなくても、この地区に住むご婦人たちを指す「シロガネーゼ」という言葉を知っている人は多いはず。高級住宅地として有名な白金台ですが、エレガントでセンスのいいショップが集まるほか、歴史建築を活かした文化施設も点在し、観光するにも楽しいエリアです。今月の特集はこの白金台を散策。お買い物に観光に、1日楽しめる白金のおすすめスポットを紹介します。 白金台の歴史と「プラチナ通り」 どこか縁起の良さそうな白金(しろかね)という地名は、この地を開拓した応永年間の豪族・柳下上総介(やぎしたかずさのすけ)が大量に銀(白金)を...

茶道や手巻き寿司を体験。八芳園で“日本文化”に触れるひととき

2024年1月25日

約1万坪の広大な日本庭園を有する八芳園は、2023年に創業80周年を迎えました。江戸時代から続く日本庭園は、誰でも入場無料で散策でき、四季折々の景色を楽しむことができます。そんな日本の美と伝統を伝えてきた八芳園に、「日本文化体験」という新しいプランが誕生しました。いくつかあるコンテンツの中から、今回は海外の方にも人気だという「茶道体験」と「手巻き寿司体験」を紹介します。 庭園の中で“茶の湯”の世界に浸る 港区白金台にある結婚式場やレストランなどを手掛ける八芳園は、地下鉄の白金台駅から徒歩1分ほど。目黒駅や品川駅などの主要な駅からはタクシーで5分ほどです。まずは正門をくぐって、本館に向かいましょ...

南青山エリアを特集!「大人の愉しみ」が詰まったエリアで一日観光を満喫しよう

2020年10月22日

今月の特集は南青山エリアに注目。東京・港区の北東に位置する南青山は、最先端スポットが多い港区の中でも特にエッジの効いた最新カルチャーが集まり、古き良き日本の文化も融合したハイセンスなエリアです。青山一丁目駅から表参道駅にかけての青山通り沿いには自動車メーカーのショールームが立ち並び、個性豊かなミュージアムも点在するなど、大人の興味をそそる愉しさに溢れています。ここではそんな南青山エリアを一日観光するのにぴったりな4つのスポットをセレクト。いつでもフレッシュな街を体感しに出かけてみてください。 根津美術館 東洋・日本美術の美と自然の美が交差する空間 表参道駅のB1出口から少し歩き、南青山五丁目...

「マイルート」東京港区イルミネーション・クリスマスマーケット特集!

2019年12月20日

東京港区では来週のクリスマスや年末に向けて各地でイルミネーションやクリスマスマーケットが開催されています。主要なスポットを港区観光協会HPにある「マイルート」機能(コース作成機能)を使ってまとめてみました!!モバイル端末からページの二次元コードを読み取ると、現在地から各スポットへのルートが検索できます。街歩きのおともに、お友達とわいわい楽しむのに、「マイルート」をお使いください。「マイルート」の使い方は簡単!港区観光協会のHPにあるエリアガイドに掲載されている気になるスポットをクリックすると追加の案内が表示されます。共有する場合は、「マイルート」のページから「表示」をクリックすると...