赤坂「サウナ東京」で究極の“ととのい”を!サウナーたちの新たな聖地が誕生

2023年4月24日にグランドオープンした「サウナ東京」は、テーマの異なる5つのサウナと、水温の異なる3つの水風呂を備えた赤坂のサウナ施設です。「和流」をコンセプトにしており、建物全体はシックで落ち着いた雰囲気。オープンしたばかりにも関わらず、連日多くのサウナ好きが訪れているのだとか。手掛けたのは、サウナ施設の運営やコンサルティングを行う株式会社サウナ東京。取締役を務める赤沼和哉さんに、こだわりがたっぷりと詰まった「サウナ東京」を案内してもらいました!

駅から徒歩1分!繁華街に癒やしの別天地がオープン

漫画やドラマなどがきっかけで巻き起こったサウナーブームも今やすっかり定着。サウナ好きを表す「サウナー」や、サウナと水風呂で得られる至福の感覚「ととのう」などの言葉も、すっかり一般的になりました。そんな中、赤坂みすじ通り沿いに誕生した「サウナ東京」。赤坂駅から歩いてわずか徒歩1分ほど、赤坂見附駅からも徒歩5分ほどと、アクセス抜群の場所にあります。

畳敷きの脱衣所で服を脱ぎ、ロッカーに荷物をしまい、いざ中へ。まずは、サウナハットを模したサウナ東京のオリジナルキャラクター『ととのん』がお出迎え。なんともチャーミング!フロントでは、アクリルスタンドやシールなどの『ととのんグッズ』も販売中だそうです。

1階は洗い場となり、全長5.4メートルの大きさを誇る巨大高濃度炭酸泉がメイン。この炭酸泉、高濃度炭酸泉の基準値濃度を上回る高濃度を実現しており、身体に負担をかけずに血行を促進してくれるのだとか。

続いては、2階のサウナエリアへ。最大40名が一度に着座可能な都内最大級の大きさを誇るオートロウリュサウナ「蒸気乱舞」のコンセプトは、五感を刺激するサウナ室。照明や音楽、ロウリュをシステムによって自動制御しており、様々な変化を楽しめます。なんだか近未来!

ロウリュとは、熱したサウナストーンにアロマ水をかけて発生した高温の蒸気のことで、このロウリュを全身に浴びるサウナの入浴法を指す場合もあります。ちなみに、ロウリュをタオルで扇いでサウナ室に行き渡らせることをアウフグースと呼び、赤沼さんによれば、この「蒸気乱舞」でアウフグースイベントなども開催する予定なのだそう。

個性的な5つのサウナを“はしご”する贅沢

自分のタイミングでロウリュを楽しみたい人には、セルフロウリュサウナの「手酌蒸気」がおすすめ。「木の宝石」とも言われるフィンランド産のケロ材を使ったサウナ室の中は、ほんのり甘みのある香りが漂っています。

仲間と大勢で楽しむサウナもいいですが、一人でサウナを堪能したいなら、メディテーションサウナの「瞑想」へ。中は暗めで半個室になっており、温度もやや低温。じっくりと一人サウナを楽しめちゃいます。

蒸気がモクモクと充満する「戸棚蒸風呂」は、江戸時代の戸棚風呂を現代風にアレンジしたスチームサウナ。お湯が貴重だった江戸時代は、浅めにお湯を張った浴槽に下半身だけ浸かりながら、上半身を蒸気で蒸す入浴スタイルが一般的だったのだとか。

超高温の遠赤外線ストーブを備えた「昭和遠赤」は、昔懐かしいスーパードライサウナ。サウナーブームのはるか前から存在していたカラカラ系のサウナに、なんだか郷愁を誘われます。ああ、昔のサウナってこんな感じだったかも。

それぞれ個性のある5つのサウナは、もちろんどこから入ってもOK。「水風呂やクールサウナと組み合わせながら、自分だけの組み合わせを見つけていただきたいですね!」と赤沼さん。自由自在にサウナの“はしご”ができるのも、サウナ東京の魅力かもしれません。

3つの水風呂で火照った体をクールダウン

そして、サウナと切っても切り離せないのが、水風呂。サウナ東京では、8℃の「凍」、15℃の「冷」、20℃の「涼」と、水温の異なる3つの水風呂を用意。サウナのあとは、汗を流して、お好みの温度の水風呂へ。赤沼さんのおすすめは、少し我慢して「凍」に5秒ほど入ったあとに、「涼」にゆったりと浸かる入浴法。この温度差がリラックス効果を生み出すそうです。

0℃と10℃に設定されたクールサウナ「冷気浴」も、クールダウンにはもってこい!氷を模したデザインは、見た目も涼しげです。

チェアや寝転べる畳ベッドを備えた休憩室は、約60人がくつろげる広さ。併設されているドリンクカウンターでは、デトックスウォーターやオリジナルサウナドリンクも販売中。サウナでカラカラになった喉を潤しましょう。サウナと水風呂と、この休憩室で完璧にととのえるはず!

実は、このサウナ東京の建物はもともと料亭で、理想的な設備を設置できるサウナ施設を作りたかったオーナーと赤沼さんが、都内を探し回って見つけた物件なのだとか。「サウナが好きな方や、サウナに入ったことはないけど興味のある方に向けて、サウナ東京を作りました。まだオープンしたばかりですが、本当に皆さんに楽しんでいただける施設になったと思うので、ぜひ、遊びに来てください!」と赤沼さん。

サウナ初心者から、ベテランサウナーまで、あらゆるサウナ好きが楽しめるサウナ東京。男性専用の施設ですが、レディースデイやレディースナイトなども予定しているそうです。
最新情報や、詳しい利用方法、注意事項などは、公式ホームページをご確認ください。サウナで明日の活力を養いましょう!
Sauna-Tokyo(サウナ東京)
東京都港区赤坂3−13−4
https://sauna-tokyo.jp/

営業時間:24時間営業(深夜3〜5時は清掃のため浴室内は使用不可)
※本施設は男性専用施設になります

料金
・1時間 1,500円(オープン特別価格)
・3時間 2,500円(オープン特別価格)
・延長料金 1時間 1,000円
・フェイスタオル・バスタオル1枚ずつ無料
※オープン価格の料金設定の改訂日時・改訂金額は未定

関連記事

南青山エリアを特集!「大人の愉しみ」が詰まったエリアで一日観光を満喫しよう

2020年10月22日

今月の特集は南青山エリアに注目。東京・港区の北東に位置する南青山は、最先端スポットが多い港区の中でも特にエッジの効いた最新カルチャーが集まり、古き良き日本の文化も融合したハイセンスなエリアです。青山一丁目駅から表参道駅にかけての青山通り沿いには自動車メーカーのショールームが立ち並び、個性豊かなミュージアムも点在するなど、大人の興味をそそる愉しさに溢れています。ここではそんな南青山エリアを一日観光するのにぴったりな4つのスポットをセレクト。いつでもフレッシュな街を体感しに出かけてみてください。 根津美術館 東洋・日本美術の美と自然の美が交差する空間 表参道駅のB1出口から少し歩き、南青山五丁目...

「マイルート」東京港区イルミネーション・クリスマスマーケット特集!

2019年12月20日

東京港区では来週のクリスマスや年末に向けて各地でイルミネーションやクリスマスマーケットが開催されています。主要なスポットを港区観光協会HPにある「マイルート」機能(コース作成機能)を使ってまとめてみました!!モバイル端末からページの二次元コードを読み取ると、現在地から各スポットへのルートが検索できます。街歩きのおともに、お友達とわいわい楽しむのに、「マイルート」をお使いください。「マイルート」の使い方は簡単!港区観光協会のHPにあるエリアガイドに掲載されている気になるスポットをクリックすると追加の案内が表示されます。共有する場合は、「マイルート」のページから「表示」をクリックすると...

MINATO NIGHT WEEK 2019 – 東京港区の夜の魅力を感じる特別な9日間!

2019年9月20日

六本木、新橋、赤坂など日本でも有数の繁華街がそろう港区。立ち並ぶ高層ビルから眺める東京の夜景、船上から眺める夜景、ホテルや名店のバーはもちろん、夜も盛り上がるナイトアクティビティまで、港区にはナイトスポットが数え切れないほどあります。 特に毎年開催される六本木アートナイトは2018年に約76万人が来場したほど大盛況で、港区ならではの大人気イベントもその他たくさん。そんな港区で今回、新たにMINATOの夜を盛り上げるMINATO NIGHT WEEK2019の開催が10/26〜11/3に決定しました!みなさん、これを機にぜひ「港区の夜」を体感してみては? ナイトバスツアー– 港区の夜を満喫!夜景...

茶道や手巻き寿司を体験。八芳園で“日本文化”に触れるひととき

2024年1月25日

約1万坪の広大な日本庭園を有する八芳園は、2023年に創業80周年を迎えました。江戸時代から続く日本庭園は、誰でも入場無料で散策でき、四季折々の景色を楽しむことができます。そんな日本の美と伝統を伝えてきた八芳園に、「日本文化体験」という新しいプランが誕生しました。いくつかあるコンテンツの中から、今回は海外の方にも人気だという「茶道体験」と「手巻き寿司体験」を紹介します。 庭園の中で“茶の湯”の世界に浸る 港区白金台にある結婚式場やレストランなどを手掛ける八芳園は、地下鉄の白金台駅から徒歩1分ほど。目黒駅や品川駅などの主要な駅からはタクシーで5分ほどです。まずは正門をくぐって、本館に向かいましょ...