第4次ブーム到来中! JR新橋駅のカプセルトイ専門店は大人が主役

子どもの頃に楽しんだカプセルトイが今、ブームになっています。そのため、カプセルトイショップは、おもちゃ屋やショッピングモールであるだけではなく、駅に専門店ができるほど。今回はJR新橋駅にある「ケンエレスタンド」を訪れ、大人の楽しみ方を探ってきました。

大人世代にはリアルなカプセルトイが人気

カプセルトイといえば、子ども向けというイメージがあります。しかし、2020年頃からの第四次カプセルトイブームで市場が拡大。大人向けの専門店ができています。そんな店の1つがJR新橋駅にある「ケンエレスタンド」です。

JR新橋駅のケンエレスタンドには、駅の通路に70〜80もの筐体が設置されています。現在のカプセルトイにはどんな傾向があるのでしょうか? 店舗を運営しているケンエレファント広報担当によると、実在する商品をテーマにしたミニチュアやポーチなどの商品が増えているそうです。

「弊社ケンエレファントではメーカーから許諾を受け、実在するメニューやアイテムをミニチュアフィギュア化した商品を多数開発・販売しています。例えば、架空のかわいいお菓子ではなく、実在するパン屋のパンをミニチュア化したものなど。食べ物のほか、文房具やインテリアグッズ、靴などさまざまなものが登場しています。二次元のキャラクターを立体化したものも人気です」

なかでも大人世代に人気なのが、昭和レトロの懐かしいものを具現化したミニチュア。

「純喫茶にあるクリームソーダやパフェ、いまの大人が子どもだった頃や学生だった頃に流行ったグッズやキャラクターは、発売してすぐに完売してしまうことも珍しくありません。第3弾、第4弾とシリーズになって登場しているものもあります。最近では、昭和レトロだけではなく、平成レトロをテーマにしたカプセルトイも発売されたりして、40〜50代だけでなく30代も楽しめるものが登場しています」

カプセルトイには、大人をトリコにするシリーズが登場しているとのこと。次からは、注目アイテムをピックアップしてみました。

注目&人気のカプセルトイをチェック

●昭和レトロのグッズ
巷の昭和レトロをミニチュア化したグッズです。喫茶店にある看板やイスをミニチュア化した「純喫茶のある風景」シリーズやクリームソーダやパフェが入った「純喫茶のあまいもの」など、喫茶店にまつわるさまざまなコレクションのカプセルトイがあります。このほか、銭湯やかき氷、懐かしい家電などのグッズもミニチュア化されています。

純喫茶ミニチュアコレクション ~純喫茶のある風景 第2弾~

●懐かしいキャラクター
80年代を中心に昔懐かしいキャラクターやグッズがミニチュア化されています。「吉徳のぬいぐるみ」「パピプペンギンズ」「おきあがりポロンちゃん」など、昔遊んだキャラクターが小さくなって商品化されています。

吉德のぬいぐるみ フィギュアコレクション

●キャラクターをミニチュア化

おしゃべり!ビッグクラッピー

懐かしいキャラクターだけでなく、現在でもおなじみのキャラクターや、最近登場した新しいキャラクターもミニチュア化。拍手ロボットの「ビッグクラッピー」のほか、うまい棒やよっちゃんイカなどの「駄菓子キャラクター」などを立体化したものもあります。

ケンエレスタンドで買い物を楽しむポイント

ケンエレスタンドを訪れてみると、たくさんの筐体の数に圧倒されます。そこで上手な巡り方のポイントを伝授します。

POINT1:まずディスプレイをチェック

ケンエレスタンドには、たくさんの筐体の間にディスプレイがあります。ディスプレイには、いま注目の新商品や再販売になった人気のシリーズが飾られています。まずはここで、欲しいものが見つかるかどうかチェックしてみましょう。ステッカープレゼントなど店頭で実施されているキャンペーン情報もキャッチできます。

POINT2:新商品や再販商品をチェック

新商品や再販商品は、筐体にそれを表すPOPが目立つように貼られています。ここをチェックすると、どんな商品が人気なのかを知ることができます。

POINT3:キャンペーン商品購入でプレゼントをゲット

※現在、ケンエレスタンド 新橋駅店ではこちらのステッカープレゼントキャンペーンは終了しています。

ケンエレスタンドには、スタッフが常駐し、売り切れ商品が出ると入れ替えられるようになっています。また、定期的に複数個以上の購入でプレゼントをもらえるキャンペーンも開催されています。このキャンペーンを利用したいときはスタッフを呼んでその場でプレゼントの受け取りが可能です。そのほか、機械づまりが起きた等のトラブルにも迅速に対処してもらえます。

カプセルトイの楽しみ方

●ミニチュアと実物を一緒に並べる
カプセルトイとその元になったアイテムを並べてスマホなどで撮影すると楽しいもの。本物のパンとミニチュアのパン、本物の文具とミニチュアの文具という具合。実物のアイテムのファンであれば、いっそう楽しい体験になるでしょう。

●小さな世界を写してSNSで公開
カプセルトイのインテリアグッズとスイーツを組み合わせたりして、小さな世界を作ってみるのもおすすめです。それを撮影して、InstagramやX(Twitter)などのSNSにその写真をアップしている投稿もあります。まずは、そうした投稿を見て、ゆくゆくは自分もアップしてみるとより楽しめます。

●ミニチュアの元となる実物を探す旅に出る
地方のお土産や地域ならではの食べ物がミニチュアになっているアイテムがいくつかあります。ミニチュアでかわいさを発見したら、その実物がある現地を訪ねる旅はいかがでしょうか? 新しい楽しみが見つかるのもカプセルトイの魅力です。

●お土産としてもおすすめ
カプセルトイは外国人観光客にも人気があります。日本を訪ねる友人がいたら、JR新橋駅のカプセルトイショップを案内してみましょう。旅の最後に立ち寄ると、コインを使い切ることができますし、日本の良いお土産になります。

※一部の写真は2023年8月上旬に撮影したものです。現在の店頭での販売状況とは異なる可能性があります。
ケンエレスタンドはJR新橋駅の構内にあります。お出かけや仕事の乗り換えのちょっとした合間に立ち寄って、カプセルトイを楽しむのも1つの方法です。ぜひ、JR新橋駅をとおる機会があれば、訪れてみましょう。
《ケンエレスタンド新橋駅店》
https://kenelephant.co.jp/kenelestand/
住所:東京都港区新橋2-17-14 JR新橋駅構内1階北改札付近(改札内)
営業時間:10:00〜21:00

関連記事

【動画記事】関東大震災から100年!赤十字情報プラザの企画展「温故備震」で次の災害に備える

2023年9月14日

今年は、1923年(大正12年)に発生した関東大震災から、ちょうど100年。マグニチュード 7.9を記録した大地震は、火災、津波、土石流をともなう未曾有の大災害となり、約10万5,000人もの死者と行方不明者を出しました。当時を振り返る催しや慰霊祭が各地で行われ、新聞やテレビなどのメディアでは様々な特集が組まれました。そんな中、日本赤十字社の本社に併設されている赤十字情報プラザでも、企画展『関東大震災100年 温故備震~ふるきをたずね明日に備える~』が開催されています。貴重な資料や映像などで関東大震災を振り返ることができる赤十字情報プラザの企画展に行ってきました。 まずは常設展で日本赤十字...

港区立郷土歴史館の「港区たてものウォッチング」で建物に興味津々!

2023年7月27日

港区の自然や歴史、文化を深く知り、交流するための拠点として2018年(平成30年)に開館した港区立郷土歴史館。港区のあゆみを学ぶことができる常設展のほか、企画展・特別展も随時開催されています。2023年(令和5年)9月18日まで開催されている夏休み企画展「港区たてものウォッチング~お寺や洋館をたずねてみよう~」では、港区内にある歴史的建造物の写真や図面のほか、実際に使われていた建築部材などが展示されています。お寺の本堂で使われていた部材や洋館のステンドグラスなど、貴重な資料をたくさん見ることができるこの企画展を訪ねてきました。 和風建築や洋館など、建物の見どころがわかる夏休み企画展が開催中 港...

大河ドラマも人気!徳川家康ゆかりのスポットをのんびり散歩

2023年7月28日

現在、NHKで放送中の大河ドラマ「どうする家康」は、タイトルの通り、徳川家康の生涯を描いた話題作です。ドラマの中には家康公の転機となった場所や、象徴的な場所が登場しますが、実は港区内にも家康公ゆかりの場所が点在しています。今回は、大河ドラマにちなんで、江戸幕府を開いた家康公に思いを馳せながら、家康公ゆかりのスポットを巡ってきました。 徳川将軍家の菩提寺、増上寺を訪れる 港区芝公園の増上寺は、徳川将軍家の菩提寺として知られています。1590年(天正18年)に家康公が当時の住職だった源誉存応(げんよぞんのう)上人と縁を持ち、増上寺が江戸における菩提寺となりました。日比谷通り沿いの三解脱門が入口であ...

夏休みの自由研究にぴったり 芝浦「お肉の情報館」で食肉加工を学ぼう!

2023年7月20日

「夏休みの自由研究は何にしようか」と考える時期がやってきました。「お肉が大好き!」なら食肉加工についての自由研究がおすすめです。港区には、東京都中央卸売市場の食肉市場が運営する「お肉の情報館」があります。今回は、お肉の情報館で、どんな展示が行われているのかをご紹介します。 食肉市場・芝浦と場はどんなところ? 品川駅の港南口に「食肉市場・芝浦と場」というお肉の市場があるのをご存知でしょうか? この敷地内のセンタービルに「お肉の情報館」があります。訪れてみるとわかりますが、食肉市場はかなり広くなっています。それもそのはず、ここは東京都が運営する唯一のお肉の市場です。日々の都民の食生活を豊かにするた...