第4次ブーム到来中! JR新橋駅のカプセルトイ専門店は大人が主役

子どもの頃に楽しんだカプセルトイが今、ブームになっています。そのため、カプセルトイショップは、おもちゃ屋やショッピングモールであるだけではなく、駅に専門店ができるほど。今回はJR新橋駅にある「ケンエレスタンド」を訪れ、大人の楽しみ方を探ってきました。

大人世代にはリアルなカプセルトイが人気

カプセルトイといえば、子ども向けというイメージがあります。しかし、2020年頃からの第四次カプセルトイブームで市場が拡大。大人向けの専門店ができています。そんな店の1つがJR新橋駅にある「ケンエレスタンド」です。

JR新橋駅のケンエレスタンドには、駅の通路に70〜80もの筐体が設置されています。現在のカプセルトイにはどんな傾向があるのでしょうか? 店舗を運営しているケンエレファント広報担当によると、実在する商品をテーマにしたミニチュアやポーチなどの商品が増えているそうです。

「弊社ケンエレファントではメーカーから許諾を受け、実在するメニューやアイテムをミニチュアフィギュア化した商品を多数開発・販売しています。例えば、架空のかわいいお菓子ではなく、実在するパン屋のパンをミニチュア化したものなど。食べ物のほか、文房具やインテリアグッズ、靴などさまざまなものが登場しています。二次元のキャラクターを立体化したものも人気です」

なかでも大人世代に人気なのが、昭和レトロの懐かしいものを具現化したミニチュア。

「純喫茶にあるクリームソーダやパフェ、いまの大人が子どもだった頃や学生だった頃に流行ったグッズやキャラクターは、発売してすぐに完売してしまうことも珍しくありません。第3弾、第4弾とシリーズになって登場しているものもあります。最近では、昭和レトロだけではなく、平成レトロをテーマにしたカプセルトイも発売されたりして、40〜50代だけでなく30代も楽しめるものが登場しています」

カプセルトイには、大人をトリコにするシリーズが登場しているとのこと。次からは、注目アイテムをピックアップしてみました。

注目&人気のカプセルトイをチェック

●昭和レトロのグッズ
巷の昭和レトロをミニチュア化したグッズです。喫茶店にある看板やイスをミニチュア化した「純喫茶のある風景」シリーズやクリームソーダやパフェが入った「純喫茶のあまいもの」など、喫茶店にまつわるさまざまなコレクションのカプセルトイがあります。このほか、銭湯やかき氷、懐かしい家電などのグッズもミニチュア化されています。

純喫茶ミニチュアコレクション ~純喫茶のある風景 第2弾~

●懐かしいキャラクター
80年代を中心に昔懐かしいキャラクターやグッズがミニチュア化されています。「吉徳のぬいぐるみ」「パピプペンギンズ」「おきあがりポロンちゃん」など、昔遊んだキャラクターが小さくなって商品化されています。

吉德のぬいぐるみ フィギュアコレクション

●キャラクターをミニチュア化

おしゃべり!ビッグクラッピー

懐かしいキャラクターだけでなく、現在でもおなじみのキャラクターや、最近登場した新しいキャラクターもミニチュア化。拍手ロボットの「ビッグクラッピー」のほか、うまい棒やよっちゃんイカなどの「駄菓子キャラクター」などを立体化したものもあります。

ケンエレスタンドで買い物を楽しむポイント

ケンエレスタンドを訪れてみると、たくさんの筐体の数に圧倒されます。そこで上手な巡り方のポイントを伝授します。

POINT1:まずディスプレイをチェック

ケンエレスタンドには、たくさんの筐体の間にディスプレイがあります。ディスプレイには、いま注目の新商品や再販売になった人気のシリーズが飾られています。まずはここで、欲しいものが見つかるかどうかチェックしてみましょう。ステッカープレゼントなど店頭で実施されているキャンペーン情報もキャッチできます。

POINT2:新商品や再販商品をチェック

新商品や再販商品は、筐体にそれを表すPOPが目立つように貼られています。ここをチェックすると、どんな商品が人気なのかを知ることができます。

POINT3:キャンペーン商品購入でプレゼントをゲット

※現在、ケンエレスタンド 新橋駅店ではこちらのステッカープレゼントキャンペーンは終了しています。

ケンエレスタンドには、スタッフが常駐し、売り切れ商品が出ると入れ替えられるようになっています。また、定期的に複数個以上の購入でプレゼントをもらえるキャンペーンも開催されています。このキャンペーンを利用したいときはスタッフを呼んでその場でプレゼントの受け取りが可能です。そのほか、機械づまりが起きた等のトラブルにも迅速に対処してもらえます。

カプセルトイの楽しみ方

●ミニチュアと実物を一緒に並べる
カプセルトイとその元になったアイテムを並べてスマホなどで撮影すると楽しいもの。本物のパンとミニチュアのパン、本物の文具とミニチュアの文具という具合。実物のアイテムのファンであれば、いっそう楽しい体験になるでしょう。

●小さな世界を写してSNSで公開
カプセルトイのインテリアグッズとスイーツを組み合わせたりして、小さな世界を作ってみるのもおすすめです。それを撮影して、InstagramやX(Twitter)などのSNSにその写真をアップしている投稿もあります。まずは、そうした投稿を見て、ゆくゆくは自分もアップしてみるとより楽しめます。

●ミニチュアの元となる実物を探す旅に出る
地方のお土産や地域ならではの食べ物がミニチュアになっているアイテムがいくつかあります。ミニチュアでかわいさを発見したら、その実物がある現地を訪ねる旅はいかがでしょうか? 新しい楽しみが見つかるのもカプセルトイの魅力です。

●お土産としてもおすすめ
カプセルトイは外国人観光客にも人気があります。日本を訪ねる友人がいたら、JR新橋駅のカプセルトイショップを案内してみましょう。旅の最後に立ち寄ると、コインを使い切ることができますし、日本の良いお土産になります。

※一部の写真は2023年8月上旬に撮影したものです。現在の店頭での販売状況とは異なる可能性があります。
ケンエレスタンドはJR新橋駅の構内にあります。お出かけや仕事の乗り換えのちょっとした合間に立ち寄って、カプセルトイを楽しむのも1つの方法です。ぜひ、JR新橋駅をとおる機会があれば、訪れてみましょう。
《ケンエレスタンド新橋駅店》
https://kenelephant.co.jp/kenelestand/
住所:東京都港区新橋2-17-14 JR新橋駅構内1階北改札付近(改札内)
営業時間:10:00〜21:00

関連記事

『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』を体験!暗闇の中、キハ40が出発進行

2024年5月11日

これまで世界47ヵ国以上で開催され、900万人を超える人々が体験した「ダイアログ・イン・ザ・ダーク(DID)」は、暗闇の中を視覚障がい者のアテンドに案内してもらいながら冒険する“真っ暗闇のエンターテイメント”。1988年にドイツのアンドレアス・ハイネッケ哲学博士が発案したコンテンツで、暗闇での体験を通じて、人と人との関わりや対話の大切さ、五感の豊かさを感じることができます。日本では1999年に短期イベントとしてスタートし、延べ24万人以上が体験。2020年8月には常設の『ダイアログ・ダイバーシティミュージアム「対話の森(R)」』が、アトレ竹芝シアター棟(港区海岸1丁目)にオープンしました。今回...

茶道や手巻き寿司を体験。八芳園で“日本文化”に触れるひととき

2024年1月25日

約1万坪の広大な日本庭園を有する八芳園は、2023年に創業80周年を迎えました。江戸時代から続く日本庭園は、誰でも入場無料で散策でき、四季折々の景色を楽しむことができます。そんな日本の美と伝統を伝えてきた八芳園に、「日本文化体験」という新しいプランが誕生しました。いくつかあるコンテンツの中から、今回は海外の方にも人気だという「茶道体験」と「手巻き寿司体験」を紹介します。 庭園の中で“茶の湯”の世界に浸る 港区白金台にある結婚式場やレストランなどを手掛ける八芳園は、地下鉄の白金台駅から徒歩1分ほど。目黒駅や品川駅などの主要な駅からはタクシーで5分ほどです。まずは正門をくぐって、本館に向かいましょ...

恐竜がフジテレビをジャック!『オダイバ恐竜博覧会2024』に圧倒された!

2024年4月3日

港区台場のフジテレビでは、2024年5月6日まで『オダイバ恐竜博覧会2024 -福井から“ヤツラ”が新幹線でやってくる!-』が開催されています。福井といえば、北陸新幹線の金沢―敦賀間の開業によって、首都圏からのアクセスが向上するなど、注目を集めているスポットの一つ。さらに、福井はこれまで数々の化石が発見されている日本屈指の“恐竜王国”でもあります。今回は、世界三大恐竜博物館の一つといわれている、「福井県立恐竜博物館」が全面協力している『オダイバ恐竜博覧会2024』に出かけてきました! ティラノサウルスの咆哮にときめく! 連日観光客で賑わうお台場のフジテレビは、ゆりかもめ・台場駅から徒歩3分、り...

小学生も大人も夢中になれる『クロステックミュージアム』で“ものづくり”の世界を体験!

2024年1月13日

2023年9月27日に汐留シオサイトにオープンした「クロステックミュージアム」は、総合精密部品メーカー・ミネベアミツミの体験型ショールーム。子どもたちの「理科離れ」や「算数嫌い」が叫ばれる中で、本物の精密部品を直接手にすることにより、日本の強みでもあったものづくりや、製造業に興味を持ってもらいたいという思いから設立されました。対象は原則として小学5年生以上で完全予約制。誰でも無料で見学することができます。今回は、すでに多くの小学生が訪れているというクロステックミュージアムで、ものづくりの真髄に触れてきました。 クロスシップに乗り込み、いざ精密部品探索の旅へ クロステックミュージアムがあるのは、...