小学生も大人も夢中になれる『クロステックミュージアム』で“ものづくり”の世界を体験!

2023年9月27日に汐留シオサイトにオープンした「クロステックミュージアム」は、総合精密部品メーカー・ミネベアミツミの体験型ショールーム。子どもたちの「理科離れ」や「算数嫌い」が叫ばれる中で、本物の精密部品を直接手にすることにより、日本の強みでもあったものづくりや、製造業に興味を持ってもらいたいという思いから設立されました。対象は原則として小学5年生以上で完全予約制。誰でも無料で見学することができます。今回は、すでに多くの小学生が訪れているというクロステックミュージアムで、ものづくりの真髄に触れてきました。

クロスシップに乗り込み、いざ精密部品探索の旅へ

クロステックミュージアムがあるのは、港区汐留の東京本部ビル「ミネベアミツミ東京クロステックガーデン」の1階。汐留駅からは歩いて3~5分ほど。駐車場はないので、公共交通機関を利用しましょう。

ミュージアムは1階のエントランスから。様々な計器を思わせるプロジェクションマッピングで彩られた入口正面は、まるでアミューズメントパークのよう。ミネベアミツミの沿革やグローバル拠点、経営の基本方針などを紹介するコーポレートゾーンを通り過ぎ、ミュージアムの中に入っていきます。

正面が開くと、コクピットを模した約40人規模のシアター「クロスシップ」が登場。来館者は宇宙船のクロスシップに乗り込み、ミネベアミツミの部品や海外工場を探索する7分ほどのムービーを視聴します。

「クロスシップ」から先のエリアでは、ムービーにも登場した「クロスレンジャー」がミネベアミツミの製品や技術を紹介してくれます。

クロスレンジャーとは、ミネベアミツミの8つのコア事業である「ベアリング」「モーター」「アナログ半導体」「アクセス製品」「センサー」「コネクタ/スイッチ」「電源」「無線/通信/ソフトウェア」に、サブコア事業の「スマートフォン関連」「ゲーム関連」を加えた計10事業をモチーフとした戦隊ヒーロー風のキャラクターで、ミュージアムのマスコットでもあります。子どもたちはもちろん、海外の方にも大ウケなのだとか。

自然界の原理原則を体験を通して学ぼう!

「クロスエナジー」は、ミネベアミツミのものづくりには欠かせない自然界の原理原則を学べる体験型の展示ゾーン。「摩擦」「電気/電子」「磁気」「電波/光」の4つのブースで構成されており、まるで科学館のように遊びながら物理法則を理解することができます。

「摩擦」のブースでは、ローラーコンベアやエアホッケーなどを使用した展示装置で、摩擦の力を体験できます。

「電気/電子」のブースでは、ハンドルを回して発電を体験。「交流」と「直流」にどのような違いがあるのか、実際に試してみましょう。

「磁気」のブースでは、磁石の様々な特性を学ぶことができます。砂鉄のように磁石に引き寄せられる「磁性流体」は、ハードディスクやスピーカーなどに使用されており、磁石を近づけると、トゲトゲの「スパイク現象」が発生。見えない磁気の力を感じることができます。

「電波/光」のブースでは、テレビやエアコンのリモコンなどでもおなじみの赤外線を発射する光線銃で、光った的を狙い撃ちましょう。次々と的に当てる“スゴ腕”の小学生もいるのだとか。ガンシューティングゲームが得意な人なら高得点を狙えるはず!

原理原則を学べる各ブースには、それぞれ2~4個の展示装置があり、子どもの頃に勉強した物理法則を改めて学ぶことができました。大人もテンションの上がる「クロスエナジー」のエリアの次は、ミネベアミツミの事業を紹介する展示ゾーンに移動します。

実際に使われている部品に触れてみよう

「クロスコアーズ」ではミネベアミツミのコア事業を製品や体験装置が展示されています。「クロスエナジー」で体感した4つの原理原則がどのように関係しているのか、普段は目にすることがないベアリングやモーターなどの部品を実際に触りながら、理解していきましょう。

「ベアリング」のブースでは、ミネベアミツミがスケートボードメーカーと共同開発した超高性能ボールベアリングに注目です。クロスレンジャーが乗っているクルマには超高性能ボールベアリングが、ニセレンジャーが乗っているクルマには摩擦が大きいすべり軸受が使われており、どちらのクルマが先にゴールするのか、どのくらい速さに違いがあるのか、比べることができます。

コア事業を紹介する「クロスコアーズ」では、スマートフォンやパソコン、ドライヤーや洗濯機などの生活家電から、自動車や電車に産業機械まで、あらゆるものにミネベアミツミの部品が使われていることがわかりました。

ミュージアム全体の延べ床面積は約850平方メートルで、展示も様々。ゆっくり見ているとあっという間に時間が経ってしまいました。続いてのゾーンでは、ミネベアミツミの部品が組み込まれた「製品」と、「未来に向けた取り組み」がフィーチャーされています。

クロスレンジャーと肩を並べてハイチーズ!

世界中で使われている製品を紹介する「クロスワールド」のゾーンでは、投票用紙分類機やドローン、ベビーカーなど、様々な分野の機器を展示。ミネベアミツミのローラーベアリングが組み込まれた航空機の主翼フラップのモックアップは、実物の10分の1の大きさ。ベアリングの働きがよくわかります。

自動車にはベアリングにセンサーからモーターまで、様々なミネベアミツミの部品が使用されており、透明なカーモックでは各部品をわかりやすく紹介しています。

スマートフォンでカギの施錠ができたり、自動でバックドアを開け締めしたりと、ミネベアミツミの最新技術が搭載されたデモカーは、クルマ好きにもたまらないはず。

等身大のクロスレンジャーと記念撮影ができるコーナーも。それぞれのキャラクターが担当する事業が一目でわかる顔のピクトグラムにも注目です。

未来への取り組みをピックアップした「クロスフューチャー」のゾーンでは、センサー技術を活用した介護施設などで使えるベッドセンサーシステム®などを紹介。実際にベッドに寝て、センサーの精度を体感してみましょう。

来館者の顔を取り込んでクロスレンジャーになれるコーナーでは、変身した自分の姿と共に、入力した夢や目標も表示されます。家族や仲間とワイワイ盛り上がれること間違いなし!

ミュージアムの地下にある「クロスコリドー」は、ミネベアミツミのコア事業に関する起源や歴史について解説している回廊で、隣接する「クロステックラボ」では、実際にものづくりの現場を見学することも可能です。

オープンから2023年末までに、およそ3,500名もの来館者が訪れているクロステックミュージアム。子どもたちにものづくりへの関心を持ってもらい、将来的には1人でも多く技術や製造の道に進んでほしいという思いで作られました。校外学習の場としても活用されており、最近では区外から約200名もの小学生を社会科見学の一環として受け入れたそうです。もちろん家族や友達同士、大人だけでの入場もOK。小学生5年生以上が対象ですが、決して子ども騙しではない科学的な魅力がいっぱいのミュージアムに足を運んでみてはいかがでしょうか。
《クロステックミュージアム》
東京都港区東新橋1丁目9番3号ミネベアミツミ 東京クロステックガーデン
https://www.minebeamitsumi.com/xtechmuseum/
開館:月曜日~金曜日 10:00~17:30(完全予約制)
※予約は上記の公式サイトより
休館:土曜日、日曜日、祝日、年末年始
入館料:無料

※ベッドセンサーシステムは、ミネベアミツミ株式会社の登録商標です。登録番号は 6152256 号です。

関連記事

開館記念オラファー・エリアソン展も開催中!麻布台ヒルズでアートを巡る

2023年12月19日

2023年11月24日に開業した麻布台ヒルズは、オフィスや住宅、ホテルや商業施設、インターナショナルスクールや予防医療センターに文化施設などが集まった最先端のコンパクトシティです。自然と調和した敷地内には、パブリックアートが点在し、文化の発信基地となる麻布台ヒルズギャラリーでは、様々な展示を開催予定。そんな「街全体がミュージアム」の麻布台ヒルズをアートの視点で紹介します。 日本一の高さを誇る森JPタワーを体感! 港区の虎ノ門5丁目と麻布台1丁目と六本木3丁目にまたがる麻布台ヒルズの敷地面積は約6万4,000㎡と、東京ドーム1.4個分。施設の一部は東京メトロ日比谷線の神谷町駅と直結しており、アク...

茶道や手巻き寿司を体験。八芳園で“日本文化”に触れるひととき

2024年1月25日

約1万坪の広大な日本庭園を有する八芳園は、2023年に創業80周年を迎えました。江戸時代から続く日本庭園は、誰でも入場無料で散策でき、四季折々の景色を楽しむことができます。そんな日本の美と伝統を伝えてきた八芳園に、「日本文化体験」という新しいプランが誕生しました。いくつかあるコンテンツの中から、今回は海外の方にも人気だという「茶道体験」と「手巻き寿司体験」を紹介します。 庭園の中で“茶の湯”の世界に浸る 港区白金台にある結婚式場やレストランなどを手掛ける八芳園は、地下鉄の白金台駅から徒歩1分ほど。目黒駅や品川駅などの主要な駅からはタクシーで5分ほどです。まずは正門をくぐって、本館に向かいましょ...

東京・港区のイルミネーション特集2023 穴場スポットもチェック!

2023年12月6日

海外からの訪日外国人の数がコロナ前を上回った2023年。幻想的な光で照らす港区内のイルミネーションスポットも、今年は国内外からの観光客でにぎわいを見せています。特に六本木の東京ミッドタウンやけやき坂、お台場などはおすすめのイルミネーションスポットとして港区内でも屈指の人気を誇ります。今回は、そんな大勢の人たちが集まる定番のエリアとあわせて、ゆっくりと光の演出を鑑賞できる穴場のエリアもご紹介。冬の夜を色鮮やかに彩る港区のイルミネーションを、心ゆくまで楽しみましょう。 東京ミッドタウンでロマンティックな時間に浸る おしゃれなレストランやショップが集まる東京ミッドタウンでは、11月16日から12月2...

「サンゲツ品川ショールーム」でライフスタイルをブラッシュアップ!

2023年11月16日

壁紙、床材、カーテン、椅子生地などの内装材を幅広く取り扱うサンゲツでは、全国8ヵ所にショールームを展開。その中の一つ、「サンゲツ品川ショールーム」は、首都圏最大級の面積を誇るショールームとして、連日大勢の人で賑わいます。入場は無料で、館内に展示されている壁紙や床材などのアイテム数はなんと約1万2000点。新生活を前にライフスタイルを一新したい人や、家の新築・リフォームを考えている人に向けて、サンゲツ品川ショールームの特徴や、利用方法などをご紹介します。 約1万2000点のアイテムが揃うインテリアのクローゼット サンゲツ品川ショールームまでのアクセスは、JR品川駅を港南口から出て、徒歩5分ほど。...