クライミングにチャレンジ!港区内のボルダリングジムで体力づくり&健康促進

港区では、子どもたちの体力を向上させるための取り組みとして、2023年3月までに、区内のすべての小学校と幼稚園に対して、ボルダリング設備が設置されました。スポーツクライミング競技の種目として2020年東京オリンピックで初採用されたボルダリングは、道具を使わない上に全身運動が可能で、その取り組みやすさから全国的に競技人口が増えています。今回は、体力づくりや運動不足の解消にもなるボルダリングが体験できる港区内のボルダリングジムをご紹介。子どもも大人も、ボルダリングでいい汗を流しましょう!

会社帰りにもフラッと立ち寄れる「Rockyボルダリングジム 品川店」

「都会の中で気軽に行ける岩場」をコンセプトに、首都圏内で6店舗を構えるボルダリングジムの「Rocky」。港南5丁目の松岡品川埠頭ビルにある「Rockyボルダリングジム 品川店」は、都内最大級の広さと高さを誇る店舗として、連日多くの人で賑わっています。ジムでは、岩場でのクライミングの魅力を追求できるようにと、環境を整備。壁の大きさは、最大で縦4.3m、横33mもあります。

20~30代を中心として、小学生からご年配の方まで利用者の年齢層は様々。割合としては男性のお客様が多めですが、女性のお客様もたくさんいらっしゃるのだとか。初心者でも、クライミング経験豊富なインストラクターが丁寧に登り方を教えてくれるので、安心してクライミングにチャレンジすることができます。

来店時に必要なのは、Tシャツとハーフパンツなど、動きやすい服装と靴下のみ。新規会員登録をすれば、初回のシューズレンタル・チョークレンタルは無料になります。

ボルダリングの壁の形状としては珍しい、ユニークな球体状の壁も。様々な登り方を試すことができそうです

「Rockyボルダリングジム 品川店」では、クライミングエリアの他にフィットネスエリアも併設。ボルダリングとフィットネスで、筋肉をバランス良く鍛えましょう。

2010年3月にオープンした「Rockyボルダリングジム 品川店」は、場所柄、アフター5に利用されることも多く、会社帰りに訪れるお客様もたくさんいるのだそう。初心者だったものの、このジムでクライミングにハマり、今ではスタッフよりもジムにいる時間が長いというお客様もいるのだとか。「ボルダリングは経験がまったくない方でも、手ぶらで気軽にはじめられるスポーツです。上まで登り切ったときの爽快感はたまらないもので、もっと登りたい!となること間違いなし!自分のペースで楽しむことができ、成長を直で感じることのできるボルダリングをぜひはじめてみませんか!?」と話すのは、インストラクターの丹野さん。デスクワークが続き、ちょっと体を動かしてみたいなと思っている人にこそおすすめです。

Rockyボルダリングジム 品川店
東京都港区港南5-4-38松岡品川埠頭ビル103
https://www.rockyclimbing.com/shinagawa/
営業時間:10:00~23:00(平日)、10:00~21:00(土日祝)

プロクライマー・平山ユージが手掛けた「Urban Base Camp 新橋」

「Urban Base Camp 新橋」は、もともと同じ場所にあったボルダリングジムが2023年9月に閉店したことを受け、プロクライマーであり、BaseCampの社長を務める平山ユージさんが店舗を継承する形で、同年の10月7日にリニューアルオープンしました。壁はプチ改装されており、エリア内には人工芝も敷かれています。店舗は、SVAX西新橋ビルディング地下1階にあり、JR新橋駅の烏森口から徒歩8分、都営地下鉄三田線の内幸町駅から徒歩5分とアクセスも抜群。手軽に利用できそうです。

地下の店舗ですが、壁の高さは4mもあり、広々としているのがジムの特徴の一つ。横に行くにしたがって、様々な角度の壁に挑戦することができます。また、初心者から上級者まで、すべての方が楽しめるコースを用意。月に1回は全面的にホールド(壁の突起物)を取り替えてコースを変更するため、常連になっても飽きることなく通い続けることができます。

ジムにはストレッチスペースも完備。しっかりと体をほぐしてから、クライミングを楽しみましょう。

会社のサークル仲間や友達同士といったグループでの利用も多いそう。中には、ジムで出来たクライマー仲間と外の岩場に出かけるという方もいるのだとか。クライミングは、インドアとアウトドアの両方で楽しむことができるスポーツです。

ボルダリングが初めての方でも、確かなスキルを持つスタッフが基礎をしっかりと教えてくれます。初回インストラクションは随時行っているので、まずは初めてである旨を伝えましょう。また、初級者を対象とした講習費が無料のスキルアップレッスンも開催(※初回講習時にテキスト代が100円必要、要予約)。誰でも安心してクライミングの技術を磨くことができます。

スタッフの関口さんは「クライミングは思っているよりも手軽に始められ、老若男女問わずに楽しめるスポーツだと思います。筋肉があるから難しいコースが登れるとも限らず、女性の方が簡単に登れてしまうコースなどもあったりします。自重のスポーツになるので、登っていると締まった筋肉がつく、とても健康的なスポーツです」と、クライミングの奥深い魅力を語ってくれました。そして、「まずはお気軽にお店に来てください。まったく初めての方でも、スタッフがレクチャーいたしますのでご安心を。豊かなクライミングライフの第一歩を踏み出しましょう!」と呼びかけます。店舗が新橋ということもあり、仕事前にひと登りする方や、昼の数時間だけ登りに来る方もいるそうです。10:00~13:00まではお得な昼割料金も設定されているので、空いた時間に登りに行ってみてはいかがでしょう。

Urban Base Camp 新橋
東京都港区西新橋2-39-3SVAX西新橋ビルディング地下1階
https://b-camp.jp/shinbashi/
営業時間:10:00~23:00(平日)、10:00~21:00(土日祝)
※ホールド替え時、臨時休業あり

洗練されたおしゃれなデザインの「ディーボルダリング 田町」

全国で展開するボルダリングジム「ディーボルダリング(D.Bouldering)」の12店目の店舗であり、初の都心店でもある「ディーボルダリング 田町」は、2023年11月20日にオープンしました。2023年9月に完成したばかりの大型複合ビル「田町タワー」の中にあり、都営地下鉄三田駅や、JR田町駅とも直結。洗練されたおしゃれなジムで、いつでも気軽にボルダリングを体験することができます。

壁は、メインウォールや、はなれエリア、トレーニングボードなどをすべて含めて、最大で縦4.7m、横41mもあります。

ジムの男女比は7:3ほど。綺麗でスタイリッシュな内装なので、女性も通いやすいと評判です。クライミング技術の向上から、シェイプアップに運動不足の解消まで、その目的は様々。年齢層は子どもから60代のシニア層まで、幅広い年代が利用しています。

広さ約100坪の広々としたエリア内には、ゆるい傾斜から、最大145°の厳しい傾斜まで、多彩な壁が並びます。初めての方にはスタッフが丁寧にレクチャーしてくれるので、何も心配はいりません。

国内では希少なキルターボードも完備。キルターボードとは、設定したルートに沿ってホールドが光るトレーニングボードのこと。世界中のクライマーが作成した課題にチャレンジすることができます。

3歳から利用が可能な子ども向けのエリアもあります。「ディーボルダリング」では、小学生を対象としたキッズスクールも開講しており、習い事としても大人気。子どもの頃から、楽しく運動の基礎を身につけることができます。

ジムは予約なしでも利用することはできますが、事前にWEBから予約しておけば、予約情報がそのまま会員登録になるため、スムーズに案内してもらうことができます。また、一度登録すれば、田町店だけではなく、全国にある他の店舗もお得に利用することが可能です。このジムで初めてボルダリングを体験したことで、定期的に通うようになり、「大人になって部活をしている感覚です」と笑顔を見せるお客様もいるのだとか。競技人口が増えている今こそ、ボルダリングをはじめる絶好の機会かもしれません。

ディーボルダリング 田町
東京都港区芝5丁目33番11号 田町タワー3F
https://www.d-b-c.jp/top/tamachi/
営業時間:10:00~23:00(平日)、10:00~21:00(土日祝)

関連記事

茶道や手巻き寿司を体験。八芳園で“日本文化”に触れるひととき

2024年1月25日

約1万坪の広大な日本庭園を有する八芳園は、2023年に創業80周年を迎えました。江戸時代から続く日本庭園は、誰でも入場無料で散策でき、四季折々の景色を楽しむことができます。そんな日本の美と伝統を伝えてきた八芳園に、「日本文化体験」という新しいプランが誕生しました。いくつかあるコンテンツの中から、今回は海外の方にも人気だという「茶道体験」と「手巻き寿司体験」を紹介します。 庭園の中で“茶の湯”の世界に浸る 港区白金台にある結婚式場やレストランなどを手掛ける八芳園は、地下鉄の白金台駅から徒歩1分ほど。目黒駅や品川駅などの主要な駅からはタクシーで5分ほどです。まずは正門をくぐって、本館に向かいましょ...

お坊さんが詳しく解説!お寺の正しい参拝マナーを学ぼう

2024年7月5日

港区には、徳川家康公の菩提寺として知られる増上寺をはじめとして、様々なお寺が点在しています。その数、およそ280ヶ寺ほど。近年はインバウンドの影響もあり、国内外から多くの方がお寺を訪れるようになりました。そこで、参拝客に知っておいてもらいたいのが、参拝マナーです。今回は、仏教の教えを広く伝えてきた仏教伝道協会の職員であり、現役の僧侶でもある江田智昭さんに、参拝の正しい作法や港区のお寺などについてお聞きしました。 仏教は「おかげさまや感謝の精神」が貫かれている教え ――日本人にはとても馴染みの深い仏教ですが、正しくその精神や文化を理解している方は少ないかもしれません。まずは仏教の教えの基礎につい...

『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』を体験!暗闇の中、キハ40が出発進行

2024年5月11日

これまで世界47ヵ国以上で開催され、900万人を超える人々が体験した「ダイアログ・イン・ザ・ダーク(DID)」は、暗闇の中を視覚障がい者のアテンドに案内してもらいながら冒険する“真っ暗闇のエンターテイメント”。1988年にドイツのアンドレアス・ハイネッケ哲学博士が発案したコンテンツで、暗闇での体験を通じて、人と人との関わりや対話の大切さ、五感の豊かさを感じることができます。日本では1999年に短期イベントとしてスタートし、延べ24万人以上が体験。2020年8月には常設の『ダイアログ・ダイバーシティミュージアム「対話の森(R)」』が、アトレ竹芝シアター棟(港区海岸1丁目)にオープンしました。今回...

「サンゲツ品川ショールーム」でライフスタイルをブラッシュアップ!

2023年11月16日

壁紙、床材、カーテン、椅子生地などの内装材を幅広く取り扱うサンゲツでは、全国8ヵ所にショールームを展開。その中の一つ、「サンゲツ品川ショールーム」は、首都圏最大級の面積を誇るショールームとして、連日大勢の人で賑わいます。入場は無料で、館内に展示されている壁紙や床材などのアイテム数はなんと約1万2000点。新生活を前にライフスタイルを一新したい人や、家の新築・リフォームを考えている人に向けて、サンゲツ品川ショールームの特徴や、利用方法などをご紹介します。 約1万2000点のアイテムが揃うインテリアのクローゼット サンゲツ品川ショールームまでのアクセスは、JR品川駅を港南口から出て、徒歩5分ほど。...