恐竜がフジテレビをジャック!『オダイバ恐竜博覧会2024』に圧倒された!

港区台場のフジテレビでは、2024年5月6日まで『オダイバ恐竜博覧会2024 -福井から“ヤツラ”が新幹線でやってくる!-』が開催されています。福井といえば、北陸新幹線の金沢―敦賀間の開業によって、首都圏からのアクセスが向上するなど、注目を集めているスポットの一つ。さらに、福井はこれまで数々の化石が発見されている日本屈指の“恐竜王国”でもあります。今回は、世界三大恐竜博物館の一つといわれている、「福井県立恐竜博物館」が全面協力している『オダイバ恐竜博覧会2024』に出かけてきました!

ティラノサウルスの咆哮にときめく!

連日観光客で賑わうお台場のフジテレビは、ゆりかもめ・台場駅から徒歩3分、りんかい線・東京テレポート駅から徒歩5分ほど。本社屋を含むフジテレビ全体が、博覧会の会場です。

会場は、第1会場から第3会場まであり、まずは本社屋の前に設営された第1会場から。中に入ると、エラスモサウルスの全身骨格がお出迎え。エラスモサウルスは首長竜で、厳密には恐竜ではありませんが、太古の海に思いを馳せることができます。

そして、次のブースには全身約12メートルのティラノサウルスのロボットがお目見え。恐竜界の“大スター”の登場に、興奮が抑えられません! 機械制御で吠えたり唸ったりするティラノサウルスは迫力満点。会場内には親子連れも多く、特に子供たちはテンションMAXでした。

ティラノサウルスは、獣脚亜目に属する肉食恐竜。同じ獣脚亜目のアクロカントサウルス・アトケンシスの骨格もカッコいい!

恐竜に関する福井発の最新情報が満載!

本社屋の中にある第2会場では、恐竜研究の最前線にフォーカス。展覧会の監修統括を務めた柴田正輝教授(福井県立恐竜博物館 主任研究員・福井県立大学 恐竜学研究所 教授)をはじめとした、6人の博士の研究成果や研究手法が紹介されています。

下記の写真は、フクイラプトル・キタダニエンシスで、右がフクイサウルス・テトリエンシスの全身骨格。“フクイ”の名を冠している通り、どちらも福井県で発見された新種の恐竜です。

2007年の発掘調査で発見されたフクイベナートル・パラドクサスのロボットと全身骨格も展示。どことなく愛嬌のある顔をしています。

福井県で発見され、2023年に新種として報告されたティラノミムス・フクイエンシスの化石(複製)も、東京では初展示です。

球体展望室で泳ぐスピノサウルスに言葉を失う!

第3会場は、フジテレビ本社屋の球体展望室。ここでは、博覧会の目玉の一つでもある全長約15メートルのスピノサウルスのロボットがドドーンと登場! 世界初公開となる実物大のスピノサウルスを前に、思わず息を飲んでしまいます。

スピノサウルスの生態は謎も多く、わかっていないこともありますが、ロボットは半水生だったという説をもとに、泳いでいるシーンを再現。躍動感たっぷりです!

博覧会では、スピノサウルスの実物化石(個人蔵)も特別に展示。かなりレアなのでしっかりと見ておきましょう。

ティラノサウルスやトリケラトプスの頭骨も。その造形に、ほれぼれします。

会場では福井の魅力もたっぷりとアピール!

会場の外には、北陸新幹線延伸開業を記念した鉄道模型のジオラマも! 北陸新幹線の延伸によって、福井―東京間は3時間弱で結ばれました。

ジオラマで福井の名所をチェック。遊びに行く際の参考になるかも?

ジオラマの東京エリアには、東京タワーが建っていました。実物と見比べることもできちゃいます。

W7系ミニ新幹線かがやきに乗れる体験コーナーは、子供たちに大人気。乗車券は400円です。

博覧会のオリジナルグッズも充実していました。「ティラノサウルス2wayリュック(レッド/イエロー)」(各¥4,180)は、ショルダーバッグとしても使えます。リュックを背負いながら、博覧会を巡るのもおすすめです。

全6種の「カプセルトイ ピンバッジ」(1回¥500)は、この博覧会でしか手に入らないレアアイテムです。ディテールも凝っていて、思わず集めたくなってしまうクオリティ。コンプリートを目指したい!

1階の広場では、福井の“ご当地グルメ”も堪能できます。たっぷりの大根おろしをのせて食べる「越前おろしそば」(¥900)は、さっぱりとしていて、ツルッといただけます。ご飯の上にソースがたっぷりとしみた薄いとんかつを乗せた「ソースかつ丼」(¥1,000)は、ジューシーでとっても美味!

博覧会の期間中は、様々なワークショップや、本物の恐竜の化石を発掘できる恐竜化石発掘体験なども実施。それぞれ開催日が異なり、予約が必要な催しもあるため、公式のホームページを確認しておきましょう。

『オダイバ恐竜博覧会2024』は、大迫力の全身骨格や実物大の恐竜ロボットなどを通して、恐竜の魅力を肌で感じることのできる博覧会でした。“映える写真”を撮るもよし、最新の研究結果を学ぶもよしと、子供はもちろん大人も楽しめます。今年の春は、恐竜の世界にどっぷりと浸ってみてはいかがでしょうか。
《オダイバ恐竜博覧会2024 -福井から“ヤツラ”が新幹線でやってくる!-》
会場:フジテレビ本社屋(東京都港区台場2-4-8)
会期:2024年3月20日(水・祝)~5月6日(月・休)※会期中は無休
https://www.odaiba-dino2024.jp/
※チケット情報などは上記の公式サイトへ

関連記事

『ダイアログ・イン・ザ・ダーク』を体験!暗闇の中、キハ40が出発進行

2024年5月11日

これまで世界47ヵ国以上で開催され、900万人を超える人々が体験した「ダイアログ・イン・ザ・ダーク(DID)」は、暗闇の中を視覚障がい者のアテンドに案内してもらいながら冒険する“真っ暗闇のエンターテイメント”。1988年にドイツのアンドレアス・ハイネッケ哲学博士が発案したコンテンツで、暗闇での体験を通じて、人と人との関わりや対話の大切さ、五感の豊かさを感じることができます。日本では1999年に短期イベントとしてスタートし、延べ24万人以上が体験。2020年8月には常設の『ダイアログ・ダイバーシティミュージアム「対話の森(R)」』が、アトレ竹芝シアター棟(港区海岸1丁目)にオープンしました。今回...

小学生も大人も夢中になれる『クロステックミュージアム』で“ものづくり”の世界を体験!

2024年1月13日

2023年9月27日に汐留シオサイトにオープンした「クロステックミュージアム」は、総合精密部品メーカー・ミネベアミツミの体験型ショールーム。子どもたちの「理科離れ」や「算数嫌い」が叫ばれる中で、本物の精密部品を直接手にすることにより、日本の強みでもあったものづくりや、製造業に興味を持ってもらいたいという思いから設立されました。対象は原則として小学5年生以上で完全予約制。誰でも無料で見学することができます。今回は、すでに多くの小学生が訪れているというクロステックミュージアムで、ものづくりの真髄に触れてきました。 クロスシップに乗り込み、いざ精密部品探索の旅へ クロステックミュージアムがあるのは、...

茶道や手巻き寿司を体験。八芳園で“日本文化”に触れるひととき

2024年1月25日

約1万坪の広大な日本庭園を有する八芳園は、2023年に創業80周年を迎えました。江戸時代から続く日本庭園は、誰でも入場無料で散策でき、四季折々の景色を楽しむことができます。そんな日本の美と伝統を伝えてきた八芳園に、「日本文化体験」という新しいプランが誕生しました。いくつかあるコンテンツの中から、今回は海外の方にも人気だという「茶道体験」と「手巻き寿司体験」を紹介します。 庭園の中で“茶の湯”の世界に浸る 港区白金台にある結婚式場やレストランなどを手掛ける八芳園は、地下鉄の白金台駅から徒歩1分ほど。目黒駅や品川駅などの主要な駅からはタクシーで5分ほどです。まずは正門をくぐって、本館に向かいましょ...

開館記念オラファー・エリアソン展も開催中!麻布台ヒルズでアートを巡る

2023年12月19日

2023年11月24日に開業した麻布台ヒルズは、オフィスや住宅、ホテルや商業施設、インターナショナルスクールや予防医療センターに文化施設などが集まった最先端のコンパクトシティです。自然と調和した敷地内には、パブリックアートが点在し、文化の発信基地となる麻布台ヒルズギャラリーでは、様々な展示を開催予定。そんな「街全体がミュージアム」の麻布台ヒルズをアートの視点で紹介します。 日本一の高さを誇る森JPタワーを体感! 港区の虎ノ門5丁目と麻布台1丁目と六本木3丁目にまたがる麻布台ヒルズの敷地面積は約6万4,000㎡と、東京ドーム1.4個分。施設の一部は東京メトロ日比谷線の神谷町駅と直結しており、アク...