港区コミュニティバス「ちぃばす」1日乗車券で、六本木ヒルズ〜青山〜赤坂見附を途中下車の旅

港区の町中を歩いていると、よく見かける、ちょっと小さな白いバス。このバス、港区コミュニティバス「ちぃばす」といいます。「コミュニティバス」と聞くと生活に使う“市民の足”と感じるかもしれませんが、ちぃばすは観光目的で使っても便利。しかも、どこで乗り降りしても運賃は1乗車100円、1日乗車券なら乗り放題で500円とほかの交通機関よりもちょっとお得に移動ができるのです。今回は、ちぃばすに乗って、港区内をショートトリップしてみようと思います。

港区全域に張り巡らされた8つのルート

「田町ルート」「赤坂ルート」「芝ルート」「麻布東ルート」「麻布西ルート」「青山ルート」「高輪ルート」「芝浦港南ルート」という8つのルートで運行されている「ちぃばす」。公募で選ばれた青字に「BUS」の文字のロゴが目印で、港区内の小・中学生によるイラストが描かれた4種類のバスと2種類のEVバス、計6種類のバスが走っています。

◎ちぃばす路線図はこちら
https://www.fujiexpress.co.jp/chiibus/map/chi_bus_chizu_ol.pdf

全ルート合計で200以上の停留所があり、どこで乗り降りしても運賃は1乗車100円(就学児以上の乗客に同伴する未就学児は2人目まで無料)。しかも品川駅からお台場に向かう「お台場レインボーバス」と共通の1日乗車券なら、なんと500円で乗り放題ととってもお財布に優しい移動手段なのです(1日乗車券は、土日祝日と8/13~8/15、12/29~1/3の期間のみ車内で購入・利用可能)。

8つのルートのうち、3つのルートは六本木ヒルズを発着とするルートです。今回は、その中から「青山ルート」をチョイスして途中下車の旅を楽しんでみました。

区内の小学生によるイラストが描かれた、かわいいラッピングの「ちぃばす」

青山ルートは、六本木ヒルズ森タワー1階にあるバス乗り場を出発して、赤坂見附駅前の停留所まで行く約42〜43分のルートです。7時台から20時台まで20分間隔で運行されており、逆ルートを使って六本木ヒルズまで帰ってくることも可能。

ベンチのあるバス停で待っていると、路線バスよりちょっと小さなバスが入ってきました。車体の側面には、ほのぼのするイラストが描かれていてとってもかわいい。そして、お買い物帰りと思しき方々と一緒にバスに搭乗。出発するとすぐに六本木けやき坂に出て、目の前にさわやかな並木道の景色が広がります。

バスは六本木ヒルズを背後にしながら西麻布を抜けて南青山方面へ。そして「南青山六丁目」のバス停で最初の途中下車。

このバス停がある骨董通り界隈は、おしゃれなカフェや雑貨店が集まるエリアである一方で、多彩なアートスポットが点在しているエリア。

日本美術、東洋美術を中心に一年通じて多彩な企画展が行われている「根津美術館」、画家・岡本太郎のアトリエ兼住居を改装した「岡本太郎記念館」、ピカソの貴重なセラミック(陶磁器)作品のコレクションを擁する「ヨックモックミュージアム」、写真家・秋山庄太郎のアトリエを改装した「秋山庄太郎写真芸術館」という個性豊かな展示施設が近接しています。

このあたりからなら表参道まで徒歩圏内の距離です。ブランドストリートの御幸通りでウインドウショッピングを楽しみながら軽くおさんぽ。その間にも私を追い越して並木道の間を走っていく、ちぃばすの姿を見かけます。
ヨックモックミュージアム
https://yokumokumuseum.com

《「岡本太郎記念館」の詳しい情報はこちら》
【動画記事】「岡本太郎記念館」で天才芸術家・岡本太郎の情熱ほとばしるパワーをもらおう!
https://visit-minato-city.tokyo/ja-jp/articles/427

紅葉の大人気スポットと、日本経済の礎を築いた伝説的政治家ゆかりの地

表参道でショッピングやグルメを楽しんだら、「表参道駅」のバス停から再びちぃばすに乗って青山通りの広い幹線道路を赤坂方面へ進みます。途中、左手の車窓には、ヤクルトスワローズの選手たちが描かれた大看板が立つスタジアム通りの風景が映ります。また、車内放送は英語に対応、車内モニターは英語、中国語、韓国語でも表示されるので、外国人観光客の方も安心して利用できます。

そして「青山二丁目交差点」で下車すると、そこは港区を代表する名所のひとつ、「明治神宮外苑いちょう並木」の目の前。緑のアーチになった歩道では、1日通じてランナーや犬のお散歩をする人たちを見かけます。

並木道が紅葉に染まる時期は、特に人並みが絶えないポイント。テラス付きカフェのほか、歩道の途中にベンチもあるので、旅の合間の休憩にもぴったり。また、近くには天皇家ゆかりの歴史建築であり、今では結婚式場として人気の「明治記念館」もあるので、こちらで庭園ランチというのもいいでしょう。
《「明治記念館」の詳しい情報はこちら》
【動画記事】明治神宮外苑いちょう並木の紅葉観光と一緒に訪れたい! 元赤坂「明治記念館」で庭園ランチを体験
https://visit-minato-city.tokyo/ja-jp/articles/436

ここからまた、ちぃばすに乗って再び赤坂方面へ…というのもいいですが、その前に、ここからちょっと足を延ばしたところにある、穴場的な癒しスポットをご紹介。

「高橋是清翁記念公園」は、明治時代末期から昭和時代初期にかけて日本銀行総裁や大蔵大臣
、総理大臣を歴任し、特に経済・金融において大きな功績を残した政治家・高橋是清の邸宅跡地に造られた公園。昭和11年(1936)に起きた2.26事件の現場にもなった歴史スポットでもあります。

青山通り沿いから眺めると、遊具やベンチの設けられた一見普通の公園ですが、一歩奥に足を踏み入れると、石橋がかかる池があり、石灯籠や石碑が点在する日本庭園的な景色が広がっています。

石畳の上に広がる風景は、都心であることを忘れるフォトジェニックな雰囲気。こちらも明治神宮外苑いちょう並木同様、紅葉が綺麗なスポットで、初夏にはアジサイも見頃を迎えます。公園の一番奥には、威厳を感じさせる高橋是清の像が立っているので、穏やかな顔をした是清翁と記念写真を取りながら、この地に積もる歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょう。

そのほか、自動車メーカーのショールームが集まるこの界隈には、ホンダの最新カーやコラボカフェのある「Honda ウエルカムプラザ青山」もあるので、併せて立ち寄ってみては。
《「Honda ウエルカムプラザ青山」の詳しい情報はこちら》
駅からほぼ濡れずに行ける、東京・港区の雨の日おすすめ観光スポット
https://visit-minato-city.tokyo/ja-jp/articles/414

旅の最後は無数のキツネが待つ有名寺院へ

そして終点である「赤坂見附駅」の一つ前「豊川稲荷前」でバスを降りて「豊川稲荷東京別院」へ。

愛知県にある豊川稲荷の別院で、周囲とは一線を画した静かな雰囲気が漂うこちらの寺院は、いたるところにキツネの像が立ち並ぶ“キツネワールド”。境内には、商売繁盛、財宝運、因縁除けなどさまざまなご利益のある仏様がいるので、旅の最後に願い事をしてみては。

《「豊川稲荷東京別院」の詳しい情報はこちら》
https://visit-minato-city.tokyo/ja-jp/articles/473

豊川稲荷東京別院から10分ほど歩けば終点の「赤坂見附駅」。まだ遊び足りないという方は、ここで「赤坂ルート」に乗り換えて、来た道と別のルートを寄り道しながら六本木ヒルズに戻るのもいいでしょう。

ちぃばすのルートは港区全域に張り巡らされているので、1日乗車券を使いこなすほど、お得に港区観光が楽しめますよ。さらに詳しい情報は、「ちぃばす」公式ホームページをご確認ください。

「ちぃばす」公式ホームページ
https://www.fujiexpress.co.jp/chiibus/map/

関連記事

【動画記事】第一ホテル東京「宝塚レビューフォトスタジオ東京」で、“宝塚歌劇のスター”になりきる夢の体験!

2022年10月12日

日本の演劇ファンを百年以上にわたって魅了し続け、東京の有楽町にも専用劇場がある宝塚歌劇。“タカラヅカ”といえば、各組を代表するスターたちの演技や歌、魅力的な脚本や演出と豪華な舞台装置で繰り広げられるストーリーはもちろん、華麗なステージメイクや衣裳も世界観を構成する重要な要素のひとつです。そのメイクや衣裳で“変身”して、宝塚歌劇のスターになった気分でプロの撮影が体験できるフォトスタジオが東京・港区にあることをご存知でしょうか。今回は実際の体験の様子を動画も交えて紹介します! 宝塚歌劇ファンの憧れを叶えてくれる“夢のフォトスタジオ”へ 宝塚歌劇団の許諾のもと、“夢の体験”ができるのは、港区・新橋の...

【動画記事】TEPIA先端技術館、気象科学館、サントリー美術館など、東京・港区にある「自由研究」のヒントが見つかるスポット大集合!

2022年7月20日

子どもとのお出かけが増える夏休みシーズン。思いきり楽しいお出かけもいいけれど、観光ついでに我が子が何か学びのきっかけをつかんでくれたらパパママにとっては嬉しいところ。そこで今回は「自由研究」をテーマに、キッズたちが先端技術や科学、歴史や芸術などに興味を持ってくれそうな港区内のスポットを集めてみました。歴史と文化にまつわるスポット満載の港区で素敵なアイデアのヒントを見つけてください! TEPIA先端技術館 近未来を感じさせる数々のイノベーションに驚きが止まらない! 北青山のスタジアム通り沿いにある「TEPIA先端技術館」は、より良い未来社会を作るために解決すべき社会的課題を知り、その解決に役立つ...

【動画記事】東京ウォータータクシーでプライベートクルージング体験! 芝浦運河でアイランドホッピング気分に浸り、東京港の絶景へ

2022年10月20日

日の出埠頭やお台場を訪れた際に海の景色を眺めていると、たくさんの中でも一際目立つ、黄色いボートを見かけたことはありませんか。「東京ウォータータクシー」が運航している、このかわいいボート。実はチャーターして運転手付きのプライベートクルーズをオーダーメイドできるのです。今回は特に人気が高いという芝浦運河と東京港を巡るコースをオーダーして、海から見る港区を探訪してきました。 キュートな黄色いボートで、プライベートクルーズへGO! 港区・芝浦に営業所がある東京ウォータータクシーでは、現在7艘のボートが活躍しています。同社が運航する路線には、移動手段として便利な「ベーシックライド ダイレクト便」、定型コ...

3年ぶり開催「東京湾納涼船2022」を体験! 3代目さるびあ丸にリニューアルの納涼船で東京湾の夜景を満喫

2022年7月6日

東京湾の夏の風物詩といえば、やはり竹芝埠頭を出港する「東京湾納涼船」。一昨年、昨年は感染症拡大防止の観点から開催中止となりましたが、2022年は3年ぶりの開催が決まりました。しかも今年は使用される客船が「3代目さるびあ丸」にリニューアル。そういうわけでさっそく7月1日の運航開始日に乗船して東京湾納涼船の魅力に迫ってきました! 浴衣姿で乗船の方は“500円OFF”の割引も! 2022年の「東京湾納涼船」は7月1日(金)から9月11日(月・祝)まで開催。出航するのは東海汽船運航の伊豆諸島への船便が発着する竹芝客船ターミナルです。マストのオブジェが目印の竹芝客船ターミナルは新橋駅からゆりかもめで約4...