「サンゲツ品川ショールーム」でライフスタイルをブラッシュアップ!

壁紙、床材、カーテン、椅子生地などの内装材を幅広く取り扱うサンゲツでは、全国8ヵ所にショールームを展開。その中の一つ、「サンゲツ品川ショールーム」は、首都圏最大級の面積を誇るショールームとして、連日大勢の人で賑わいます。入場は無料で、館内に展示されている壁紙や床材などのアイテム数はなんと約1万2000点。新生活を前にライフスタイルを一新したい人や、家の新築・リフォームを考えている人に向けて、サンゲツ品川ショールームの特徴や、利用方法などをご紹介します。

約1万2000点のアイテムが揃うインテリアのクローゼット

サンゲツ品川ショールームまでのアクセスは、JR品川駅を港南口から出て、徒歩5分ほど。品川グランドセントラルタワーの4階にあり、予約無し※で、誰でも自由に見学することができます。

※ご相談をご希望のお客様は事前予約が必要です。

約600坪の館内は天井も高く、開放感あふれる空間が広がっていました。さまざまな商品サンプルが展示されており、サンゲツ品川ショールームのテーマである「GOOD LIFE CLOSET」の通り、まるでインテリアのクローゼットのよう。館内を歩いているだけで、なんだかワクワクしてきます。

壁紙、床材、カーテンなどのアイテムは、実際に触れてみることで具体的なイメージが湧いてきます。

展示されている壁紙は1枚ごとにパネルが取り外せ、床材やカーテンなどと組み合わせてみることが可能です。

膨大な数のアイテムの中から自分好みの壁紙や床材、ファブリックを探し出すには、あらかじめサンゲツのホームページで閲覧できる「デジタルカタログ」で目星をつけておくとスムーズです。もし、新しい部屋のイメージが固まっていなければ、館内の中央にある「スタイルショーケース」を参考にしてもいいかもしれません。スタイルショーケースは、ライフスタイルをシーンごとに表現したモデルブースで、その時のトレンドや新商品を取り入れているため、部屋づくりの良いヒントになりそうです。

時代とともに常に新しいトレンドが生まれているインテリア業界。商品の見本帳更新に合わせて、スタイルショーケースも新しいデザインになるのだとか。

サンゲツのホームページ上で展開されている壁紙や床材、カーテンなどをコーディネートできる「着せ替えシミュレーション マイコーデ」や、実際にサンゲツのアイテムを取り入れている利用者のInstagram投稿を紹介する「みんなの#マイサンゲツ」なども新しい部屋づくりに活用できそうです。ショールームと併せて参考にしながら、素敵な部屋を完成させましょう!

体験コーナーやコラボ商品も充実!

サンゲツの品川ショールームには、ハウスメーカーや建築会社などのプロユーザーから、ふらりと立ち寄った一般ユーザーまで、さまざまな人が訪れます。来館する客層はファミリー層も多く、館内にはキッズコーナーや授乳室、多目的トイレなども完備。子ども連れでも安心して館内を見て回ることができます。

機能性商品をテストできる実験コーナーも充実。軽くこするだけで汚れを落とせる壁紙や、床材の耐久性や消臭機能などを実際に試すことができるのはショールームならではです。

コラボ商品やブランドセレクションのコーナーも。下の写真のトイレは、なんと国立科学博物館とコラボしたユニークな壁紙。毎日のトイレが楽しくなりそうです。

「モダンデザインの父」と呼ばれたイギリスのテキスタイルデザイナー、ウィリアム・モリスのオリジナルコレクション「MORRIS CHRONICLES」をメインに展示するエリアでは、モリスの優美なデザインが持つ世界観を楽しみながら、今の日本の住宅シーンに合わせやすいコーディネートを体感することができます。

明確なビジョンを持って来館する人はもちろんですが、こだわりがそこまでなくても、館内を巡るだけで、「こんな部屋にしたい」「こういう部屋もいいかも」と、イメージがどんどん膨らんでいきます。

部屋づくりに迷った時の手厚いサポート

館内に設置されている「ウォールナビ」「フロアナビ」「カーテンナビ」が、それぞれ壁紙、床材、カーテン選びをサポート。また、iPadの貸出も行っているので、「着せ替えシミュレーション マイコーデ」や「デジタルカタログ」を開き、実物を見ながら館内を巡るのもおすすめです。

商品に関する質問や相談があれば、常駐しているコンシェルジュに聞くことができますし、事前に予約をしておけば、専門のスタッフによる案内を受けることもできます。60分間という時間制限はあるものの、部屋づくりのイメージを伝えれば、商品の説明や提案、コーディネートなどをしてもらえます。

案内してくれるスタッフは専門知識を有するプロばかり。インテリアコーディネーターや窓装飾プランナーなどの資格保有者もいるのだそう。

サンゲツ品川ショールームが現在の港区港南に移転したのが2015年のこと。「見る楽しさ」「選ぶ楽しさ」「組み合わせる楽しさ」があふれる“ライフスタイル提案型”のショールームとして、ユーザーの個性や好みにフィットした空間アイデアを提供し続けています。平日は200~300名ほどの来館者があり、土日祝日は600名を超えることもあるのだとか。おすすめの来館時間は、やはりゆっくりと見て回れる平日の開館直後。家の大規模なリノベーションを考えている人も、なんとなく部屋の模様替えをしたい人も、「サンゲツ品川ショールーム」を訪れて、自分だけの世界に一つしかない“特別な部屋づくり”に挑戦してみてはいかがでしょうか。
《サンゲツ品川ショールーム》
https://www.sangetsu.co.jp/showroom/tokyo/
住所:東京都港区港南2-16-4品川グランドセントラルタワー4F
営業時間:10:00~17:00
休館日:毎週水曜日(祝日・祭日は除く)お盆・年末年始
全館休館日(11月第3日曜)

※掲載の写真は2023年11月現在に撮影したものです。
 見本帳更新などにより、商品や展示が変更になることをご了承ください。

関連記事

「第21回港区観光フォトコンテスト2023」作品応募受付開始のお知らせ

2023年9月28日

港区の名所・旧跡、四季の風物詩から隠れたスポットまで、写真を通じて港区の魅力を再発見することを目的に毎年開催している港区観光フォトコンテスト。2023年11月1日より、一般部門と甲子園部門(※中高生対象)の2部門にて「第21回港区観光フォトコンテスト2023」の作品応募受付を開始します。今年度は新たに特別エリア賞とテーマ賞を新設!入賞者には豪華賞品をプレゼント。たくさんのご応募お待ちしています!【応募受付期間】2023年11月1日(水)~2024年1月10日(水)【募集要項・応募方法等の詳細はこちら】◎一般部門https://minato-kanko.mitte-x.ists...

東京・港区に極楽な銭湯があった! 南青山清水湯の多彩なお風呂で銭湯の入り方を学ぼう

2023年3月31日

日本に来たら一度は体験したいのが「銭湯」。東京都心の港区にも銭湯があり、日本固有の入浴文化を存分に味わうことができます。今回は港区のおしゃれタウン南青山にある「南青山 清水湯」をご紹介。バラエティ豊かなお風呂を銭湯の入り方とともにガイドします。 100年以上の歴史がある「南青山 清水湯」 南青山清水湯は表参道駅から徒歩3分、青山通りから入ってすぐの場所という都心の好立地にあります。地元の人はもちろん、遠くからも老若男女が訪れる人気の銭湯です。四代目の大倉正敬さんによると、その歴史はかなり古いそう。「明治36年生まれの祖母が生まれたときにはすでにあったそうなので、100年以上の歴史があること...

茶道や手巻き寿司を体験。八芳園で“日本文化”に触れるひととき

2024年1月25日

約1万坪の広大な日本庭園を有する八芳園は、2023年に創業80周年を迎えました。江戸時代から続く日本庭園は、誰でも入場無料で散策でき、四季折々の景色を楽しむことができます。そんな日本の美と伝統を伝えてきた八芳園に、「日本文化体験」という新しいプランが誕生しました。いくつかあるコンテンツの中から、今回は海外の方にも人気だという「茶道体験」と「手巻き寿司体験」を紹介します。 庭園の中で“茶の湯”の世界に浸る 港区白金台にある結婚式場やレストランなどを手掛ける八芳園は、地下鉄の白金台駅から徒歩1分ほど。目黒駅や品川駅などの主要な駅からはタクシーで5分ほどです。まずは正門をくぐって、本館に向かいましょ...

東京・港区で運気をアップ! シェアサイクルに乗って人気御朱印巡りの旅

2021年4月28日

昨今、誰でも気軽に始められる趣味として愛好者が増えている御朱印巡り。東京・港区にも御朱印マニアたちが絶えない霊験あらたかな神社仏閣がたくさんあります。割と近い範囲の中に幾つかの寺社が集まっているので徒歩でも一日に数カ所を周ることができますが、より効率的に移動するならシェアサイクルが便利。そこで今回は「港区自転車シェアリング」のシェアサイクルを利用して、御朱印巡りの旅に出かけてみました。 ※掲載情報は2021年4月20日(取材)時点の情報です。施設によって受付時間の変更や休業の可能性があります。詳細は、各施設の公式ホームページをご確認ください。※緊急事態宣言発令中の不要不急のお出かけはお控え...